2018年 エアラインランキング 第1位はシンガポール航空!(スカイトラックス社)

イギリスのスカイトラックス社が運営する2018年エアラインランキングが発表され、第1位はシンガポール航空となりました。このランキングは、スカイトラックス社が世界中の旅行者を対象として行った顧客満足度調査に基づいています。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードのメリット・デメリットをご紹介

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードは、航空券の購入でマイルを貯めるための最強のカード。対象エアライン28社の航空券を購入すると100円=5ポイントが貯まり、15社のマイルに1ポイント=1マイルで交換可能です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメリット・デメリットをご紹介

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのメリットは、国内外の航空券購入・指定旅行代理店利用でポイントが通常の3倍貯まること。ポイントの期限は無期限でいつでも1ポイント=1マイルで対象エアライン15社のマイルに交換することができます。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン・カード)のメリット・デメリットをご紹介!

アメリカン・エキスプレス・カードは、ステータス性と海外旅行関連の特典が両立した魅力的なカードです。「メンパーシップ・リワード・プラス」に加入するとマイルへの交換率が上がりポイントも無期限に貯められます。海外旅行にもおすすめです。

無料で空港ラウンジが利用できる「三井住友VISAカード」はこのカード

「三井住友VISAゴールドカード・プライムゴールドカード」は国内28空港のラウンジを無料で利用できます。さらに「三井住友VISAプラチナカード」は国内28空港のラウンジ利用に加えてプライオリティパスのプレステージ会員に無料で登録できます。

ニュージーランド航空「往復航空券(ペア)が5組10名様に当たる キャンペーン」を実施中!2018年6月18日まで

ニュージーランド航空では「#でもそこがイイな旅が当たる」キャンペーンを実施しています。私も昨年ニュージーランドに行ったので、今回のキャンペーンの内容とともに私のニュージーランド「#でもそこがイイ」を3つご紹介しています。

「JCB EIT」のメリット・デメリットをご紹介 年会費無料でポイント2倍、海外旅行保険が自動付帯

「JCB EIT」はJスタイリッシュなデザインのリボ払い専用カードです。年会費が永年無料であること、ポイントが他のJCBカードの2倍貯まること、充実した海外旅行傷害保険が自動付帯することから人気のクレジットカードです。