2018年版 成田・羽田-ホノルル線 ハワイ旅行でビジネスクラスはどのエアラインを選ぶか

(JALホームページより)

成田・羽田からホノルルまでの所要時間は、約7時間30分。

全便が、夜に成田・羽田を出発して午前中にホノルルに到着する夜行便になります。

ご夫婦やカップルで旅行される方の中には、ビジネスクラスを利用して睡眠を取りたいと考えている人も多いでしょう。

現在成田・羽田―ホノルル便を運航しているエアライン6社のビジネスクラスシートは、全てベッドとしても利用できる「フルフラットシート」なので、ビジネスクラスを利用すれば横になって寝ていくことも可能です。

ただし、エアラインによってシートの形状が異なるので、エアラインの選び方によっては快適さに差があるのかもしれません。

そこでこの記事では、ハワイ旅行でビジネスクラスの利用を考えている人の参考となるように、成田・羽田からホノルルに向かう各便が装着しているビジネスクラスシートの特徴についてご紹介したいと思います。

※エコノミークラス・プレミアムエコノミークラスのシートに関しては次の記事をご覧ください。

皆さん、今年のハワイ旅行のスケジュールは決まりましたか? ハワイは日本で人気No.1のビーチリゾートなので、現在成田からホノル...
スポンサーリンク

目次

東京-ハワイ路線の時刻表

成田-ホノルル路線の時刻表

成田発ホノルル行きの便は、18:00から22:00の間に成田空港を出発して、6:30から10:00にかけてホノルルに到着します。

一見すると普通の夜行便のように見えるのですが、日本とハワイの間には時差があるので、ホノルルに到着する時刻は日本時間の午前2時から午前5時の時間帯にあたります。

そのため、成田発ホノルル行きに関しては、ホノルルに到着する時刻が遅い便ほど人気があります。

どうしてかと言うと、早い時間にホノルルに到着するとホテルにチェックインできる時間まで眠気と飛行疲れに悩まされることになるからです。

帰りの便に関しても、ホノルルを出発する時間が遅いほど最終日の朝食をゆっくりと食べることができるので、出発時刻が遅い便ほど人気があります。

成田⇒ホノルル

UA902便 18:55発⇒07:25着(B777-200)
DL180便 19:00発⇒07:45着(B767-300ER)
JL786便 20:00発⇒08:40着(B767-300ER(SS6))
NH184便 20:10発⇒08:45着(B787-9)
JL780便 20:40発⇒09:10着(B777-200ER(SS2))
DL182便 21:00発⇒09:38着(B767-300ER)
HA822便 21:00発⇒09:40着(A330-200)
JL784便 21:15発⇒09:55着(B767-300ER(SS6))
KE001便 21:20発⇒09:45着(A330-300)
HA824便 21:25発⇒10:05着(A330-200)
NH182便 21:35発⇒10:10着(B787-9)
JL782便 22:00発⇒10:30着(B787-9(SS9Ⅱ))

ホノルル⇒成田

UA903便 10:30発⇒13:25着(B777-200)
DL181便 10:32発⇒14:10着(B767-300ER)
JL785便 11:15発⇒14:35着(B767-300ER(SS6))
NH183便 11:26発⇒15:00着(B787-9)
DL183便 11:26発⇒15:00着(B767-300ER)
KE002便 11:55発⇒15:20着(A330-300)
NH181便 12:45発⇒16:00着(B787-9)
JL781便 13:10発⇒16:20着(B777-200ER(SS2))
JL783便 14:00発⇒17:20着(B767-300ER(SS6))
JL789便 15:20発⇒18:30着(B787-9(SS9Ⅱ))
HA821便 15:35発⇒19:00着(A330-200)
HA823便 16:05発⇒19:30着(A330-200)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
NH-全日空
DL-デルタ航空
UA-ユナイテッド航空
KE-大韓航空
HA-ハワイアン航空
※時刻表は2018年9月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

羽田-ホノルル路線の時刻表

2010年10月からは、羽田-ホノルル路線も運航されています。

羽田ーホノルル路線を利用するメリットは、まずアクセスの良い羽田空港が利用できること。

次に、羽田空港を夜の遅い時刻に出発するので、飛行機の中で少しでも眠れればホノルル到着日の時差ボケが軽減されること。

さらに帰りの便は午後にホノルルを出発するので、現地でぎりぎりまで楽しめることでしょうか。

少ない日数でハワイ旅行をする場合には、羽田発着便は十分に利用する価値がありそうですね。

なお、羽田-ホノルル路線を運航しているのは、全日空とハワイアン航空の2社だけです。

JALの羽田・ホノルル線は2017年4月1日から運休されています。

羽田⇒ホノルル

HA458便 21:20発⇒10:05着(A330-200)
NH186便 21:55発⇒10:30着(B787-9)
HA856便 23:55発⇒12:45着(A330-200:週4便)

ホノルル⇒羽田

NH185便 14:15発⇒17:25着(B787-9)
HA457便 16:00発⇒19:30着(A330-200)
HA855便 18:45発⇒22:05着(A330-200:週4便)

※便名の頭の記号
NH-全日空
HA-ハワイアン航空
※時刻表は2018年9月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

日本航空 成田ーホノルル線のビジネスクラス

日本航空が成田ーホノルル線で使用している運航機材は、B767-300ER(SS6)型機・B777-200ER(SS2)型機・B787-9(SS9Ⅱ)型機の3機種です。

日本航空B767-300ER(SS6)型機

JAL-767-300

(JALウェブサイトより)

B767-300ER(SS6)型機は、日本航空が主にアジア等の中距離国際線で使用している中型機です。

成田・ホノルル線で使用されているB767-300ER(SS6)型機は、2015年3月から最新のシートを装着した「JAL SKY SUITE 767」として運航されています。

日本航空B767-300ER(SS6)型機は次の2クラスで運航されていて、座席数の合計は199席です。

  • ビジネスクラス:24席(1-2-1)
  • エコノミークラス:175席(2-3-2)

【JAL B767-300ER(SS6)のシートマップ】

jal_767-300_honoluluシートマップ

ビジネスクラスはスタッガード式のフルフラットシート

jal_767-300_seat01

jal_767-300_seat02

(JALウェブサイトより)

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、「JAL SKY SUITE Ⅱ」というフルフラットシートが装着されています。

JAL SKY SUITE Ⅱ

座席の幅は約52cm。ベッドにした時には約2mの長さがあるので、身体を十分に伸ばせます。

この「JAL SKY SUITE Ⅱ」のビジネスクラスシートの大きな特徴は、シートが「1-2-1」の配列で装着されているので全ての座席から直接通路に出られること。

フルフラットシートが窓側に2列並んでいる場合には、窓側の人が通路に出る時に通路側のベッドをまたがなければなりません。

しかし「JAL SKY SUITE Ⅱ」では窓際にはシートが1列しかないので、他の人のベッドをまたぐことはありません。

また中央列の座席は隣りの人との距離が近いので、2人で旅行する時にこの席に座るとコミュニケーションが取りやすくなっています。

シートには15.4インチの大型個人用モニターの他、USBポート・映像入力端・PC用電源が設置されています。

日本航空 B777-200ER(SS2)型機

JAL-777-200

(JALウェブサイトより)

B777-200ER(SS2)型機は、日本航空が中・長距離路線で使用している大型機です。

日本航空のB777-200ER型機は現在キャビンのリニューアルを進めており、2016/12/15からは成田・ホノルル線にもリニューアル後のB777-200ER(SS2)型機が投入されました。

リニューアル後のB777-200ER型機は、従来仕様のB777-200ER型機と区別するために、JALの時刻表やホームページ上で(SS2)と表記されます。

B777-200ER(SS2)型機は次の3クラスで運行されていて合計の座席数は236席です。

  • ビジネスクラス:42席(1-2-1)
  • プレミアムエコノミークラス:40席(2-4-2)
  • エコノミークラス:154席(3-4-2)

【JAL B777-200ER(SS2)のシートマップ】

JAL_B777-200ERシートマップ

ビジネスクラスシートはリバースヘリンボーン型のフルフラットシート

JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL_B777-200_01

(JALウェブサイトより)

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、最新のフルフラットシート「JAL SKY SUITE Ⅲ」が装着されています。

このシートは、窓際の座席がやや外側を向いた斜めに、中央の座席はやや内側を向いた斜めに配置された「リバースヘリンボーン」タイプのフルフラットシートです。

「JAL SKY SUITE Ⅲ」は全ての座席から直接通路に出ることができて、どの座席も通路に背を向けて座るので、プライベート感が増しています。

シートには17インチの大型個人用モニターの他、USBポート・映像入力端・PC用電源が設置されています。

日本航空 B787-9(SS9Ⅱ)型機

JAL-787-9型機

(JALウェブサイトより)

B787-9型機はB787-8型機の派生型機種で、B787-8型機よりも胴体が約6m長くなっています。

JALのB787-9(SS9Ⅱ)型機は、これまで欧州・北米路線で使用されていましたが、2018年からはホノルル路線にも投入されました。

日本航空のB787-9(SS9Ⅱ)型機は次の3クラスで運航されていて、座席数は合計で239席です。

  • ビジネスクラス:28席(1-2-1)
  • プレミアムエコノミークラス:21席(2-3-2)
  • エコノミークラス:190席(2-4-2)

日本航空 B787-9型機のシートマップ

ビジネスクラスシートはリバースヘリンボーン型のフルフラットシート

JAL SKY SUITE Ⅲ

(JALウェブサイトより)

JALのB787-9(SS9)型機には、ビジネスクラスにスタッガード型の「JAL SKY SUITE」を採用している機材(SS9)とリバースヘリンボーン型の「JAL SKY SUITE Ⅲ」を採用している機材(SS9Ⅱ)の2種類があります。

成田・ホノルル線で使用されているB787-9(SS9Ⅱ)型機は、ビジネスクラスに「JAL SKY SUITE Ⅲ」を装着している機材です。

このシートは、B777-200(SS2)型機に装着されているフルフラットシートと同じタイプのシートです。

窓際の座席がやや外側を向いた斜めに、中央の座席はやや内側を向いた斜めに配置されており、全ての座席から直接通路に出ることができます。

シートには17インチの大型個人用モニターの他、USBポート・映像入力端・PC用電源が設置されています。

【参考】

JALのビジネスクラス「フルフラットシート」に関してはこちらの記事もご覧下さい。

JALビジネスクラス「フルフラットシート」の評判が良いようです。 JAL国際線のビジネスクラスにフルフラットシートが導入された...

成田・ホノルルともに「サクララウンジ」が利用可能

日本航空の成田ーホノルル路線でビジネスクラスに搭乗する乗客は、成田空港とホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:サクララウンジ
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港:サクララウンジ

サクララウンジは日本航空が運営するラウンジです。日本航空・ワンワールド加盟会社国際線の「ファーストクラス」「ビジネスクラス」の乗客、「JALマイレージバンク」の上級会員と「JALグローバルクラブ」の会員が利用できます。

JAL国際線航空券予約はこちら⇒JAL国際線公式サイト

全日空 成田・羽田ーホノルル線のビジネスクラス

全日空が成田・羽田ーホノルル線で使用している運航機材は、B787-9型機です。

全日空 B787-9型機

ANA-787-9

(ANAウェブサイトより)

B787-9型機は、ANAが国際線長距離路線で使用する最新鋭中型機です。

これまでは主にヨーロッパ路線で使用されていましたが、発注済の機材の納入が続いたことから、2016/10/30からはホノルル・シアトル線・バンコク線にも投入されています。

全日空のB787-9型機は次の3クラスで運航されていて、合計の座席数は215席です。

  • ビジネスクラス:48席(1-2-1)
  • プレミアムエコノミークラス:21席(2-3-2)
  • エコノミークラス:146席(3-3-3)

全日空 B787-9型機のシートマップ

ANA_787-9 シートマップ

ビジネスクラスシートはスタッガード型フルフラットシート

ANAビジネスクラス01

(ANAウェブサイトより)

ANAのB787-9型機ビジネスクラスには「ANA BUSINESS STAGGERED」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

座席には18インチの大型個人用モニターが設置されていて、映画・ビデオ・音楽・ゲームを楽しむことができます。

【参考】

ANAのビジネスクラス「フルフラットシート」に関してはこちらの記事もご覧下さい。

(ANAウェブサイトより) ANA国際線ビジネスクラスにフルフラットシートの「ANA BUSINESS STAGGERED」(...

成田空港・羽田空港では「ANAラウンジ」が利用可能

全日空の成田・羽田ーマニラ線のビジネスクラスの乗客は、成田空港、羽田空港、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で次のラウンジが利用できます。

成田空港:ANAラウンジ
羽田空港:ANAラウンジ
ダニエル・K・イノウエ国際空港:ユナイテッドクラブ

ANAラウンジは全日空が運営するラウンジです。全日空・スターアライアンス加盟会社国際線の「ファーストクラス」「ビジネスクラス」の乗客の他、「ANAマイレージクラブ」の上級会員、スターアライアンスゴールドメンバーが利用できます。

ダニエル・K・イノウエ国際空港のユナイテッドクラブは、ユナイテッド航空が運営するラウンジです。全日空の「ファーストクラス」「ビジネスクラス」の乗客やANAマイレージクラブの上級会員が利用できます。

※ANAのダイナミックパッケージ(海外航空券+ホテル)「旅作」は海外旅行保険付き!

【ANA】海外航空券+ホテル「旅作」

デルタ航空 成田ーホノルル線のビジネスクラス

デルタ航空が成田ーホノルル線で使用している運航機材は、B767-300ER型機です。

デルタ航空 B767-300ER型機

B767-300ER型機はデルタ航空が長距離路線で使用している中型機です。

デルタ航空のB767-300ER型機は次の3クラスで運航されていて、合計の座席数は226席です。

  • デルタワン(ビジネスクラス):26席(1-2-1)
  • デルタコンフォートプラス(上級エコノミークラス):29席(2-3-2)
  • メインキャビン(エコノミークラス):171席(2-3-2)

【B767-300ER型機のシートマップ】はこちら

デルタワン(ビジネスクラス)はスタッガード型のフルフラットシート

デルタ航空が保有するB767-300ER型機、B777-200ER型機など、キャビン内に通路が2本あるワイドボディー機材のビジネスクラス「デルタワン」には、全ての機材にフルフラットシートが装着されています。

ただし、機材によって「デルタワン」のシートが異なるので注意が必要です。

B767-300ER型機のビジネスクラス「デルタワン」には、上の写真のように「1-2-1」の配列でスタッガードタイプ(ジグザグに配置)のフルフラットシートが装着されています。

成田とホノルルでラウンジが利用可能

デルタ航空の成田ーホノルル線ビジネスクラスの乗客は、成田空港、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:デルタ・スカイ・クラブ
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港:デルタ・スカイ・クラブ

デルタ・スカイ・クラブは、デルタ航空が運営するラウンジです。デルタ航空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、デルタ・スカイ・クラブを利用することができます。

※デルタ航空の航空券予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

ユナイテッド航空 成田ーホノルル線のビジネスクラス

ユナイテッド航空が成田ーホノルル線で使用している運航機材は、B777-200型機です。

ユナイテッド航空 B777-200型機

B777-200型機はユナイテッド航空が長距離路線で使用している大型機です。

ユナイテッド航空のB777-200型機は次の4クラスで運航されていて、合計の座席数は269席です。

  • ファーストクラス:8席(1-2-1)
  • ビジネスクラス:40席(2-4-2)
  • ユナイテッドエコノミープラス(上級エコノミークラス):113席(3-3-3)
  • ユナイテッドエコノミー(エコノミークラス):108席(3-3-3)

【ユナイテッド航空B777-200型機のシートマップ】

united_777-200_honoluluシートマップ

ビジネスクラスはフルフラットシート

成田ーホノルル路線で使用されるB777-200型機のビジネスクラス(ユナイテッド・ポナリス・ビジネスクラス)には、シェル型のフルフラットシートが装着されています。

このビジネスクラスのフルフラットシートは、前向きのシートと後ろ向きのシートが交互に並ぶユニークな配置が特徴です。(上の写真)

このような配置にすると、ベッドとして利用したときに他の人があまり気にならないという効果があるそうです。

ただし「2-4-2」の配置なので、窓際の席と中央席の人は、ベッド使用時に他の人のベッドをまたがないと通路に出られないタイプなので注意が必要です。

成田とホノルルでラウンジが利用可能

ユナイテッド航空の成田ーホノルル線ビジネスクラスの乗客は、成田空港、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:ユナイテッドクラブ
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港:ユナイテッドクラブ

ユナイテッドクラブは、デルタ航空が運営するラウンジです。ユナイテッド航空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、ユナイテッドクラブを利用することができます。

※ユナイテッド航空の航空券予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

大韓航空 成田ーホノルル線のビジネスクラス

大韓航空が成田ーホノルル線で使用している運航機材は、A300-300型機です。

大韓航空A330-300型機

By: Curimedia | P H O T O G R A P H Y

大韓航空のA330-300型機は次の2クラスで運航されていて、合計の座席数は276席です。

  • ファーストクラス:6席(2-2-2)
  • ビジネスクラス:18席(2-2-2)
  • エコノミークラス:252席(2-4-2)

【大韓航空 A330-300型機のシートマップ】

ビジネスクラスはフルフラットシート

korean-air_a330-300_seat

(大韓航空ウェブサイトより)

A330-300のビジネスクラス(プラステージクラス)には、フルフラットになるプレステージスリーパーシートが装着されています。

ただし座席の配置が「2-2-2」なので、窓際の席の人は他の人のベッドをまたがないと通路に出られないタイプになります。

グループで利用するときには窓際でも良いのすが、1人で利用するときには中央席が良いかもしれません。

成田とホノルルでラウンジが利用可能

大韓航空の成田ーホノルル線ビジネスクラスに搭乗する乗客は、成田空港、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:KALラウンジ
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港:KALラウンジ

KALラウンジは、大韓航空が運営するラウンジです。大韓航空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、KALラウンジを利用することができます。

※大韓航空の航空券予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

ハワイアン航空 成田・羽田ーホノルル線のビジネスクラス

ハワイアン航空が成田・羽田ーホノルル線で使用している運航機材は、A330-200型機です。

ハワイアン航空 A330-200型機

ハワイアン航空A330-200

(ハワイアン航空ウェブサイトより)

A330-200型機は、ハワイアン航空が中長距離路線で使用している中型機です。

ハワイアン航空のA330-200型機は次の2クラスで運航されていて、合計の座席数は272席です。

  • ビジネスクラス:18席「2-2-2」
  • エクストラコンフォート(シートピッチが広いエコノミークラス席):68席「2-4-2」
  • エコノミークラス:192席「2-4-2」

【ハワイアン航空A330-200型機シートマップ】

ビジネスクラスはフルフラットシート

av01

Aviation Wireより

ハワイアン航空A330-200型機のビジネスクラスには「2-2-2」の配列で18席のフルフラットシートが装着されています。

このフルフラットシートの特徴は、ご夫婦などのカップルや家族での利用を前提にデザインされていることです。

そのためシートの配列は「2-2-2」で、隣席とのコミュニケ―ションがとりやすい配置になっています。

【参考】

ハワイアン航空のビジネスクラス「フルフラットシート」に関してはこちらの記事もご覧下さい。

ハワイアン航空は、ホノルルを拠点とする米国の航空会社です。 2010年11月には羽田空港への乗り入れを開始して、日本路線に進出...

成田・羽田とホノルルでラウンジが利用可能

ハワイアン航空の成田・羽田ーホノルル線ビジネスクラスに搭乗する乗客は、成田空港、羽田空港、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:サクララウンジ
  • 羽田空港:TIATラウンジ
  • ダニエル・K・イノウエ国際空港:プルメリア・ラウンジ

サクララウンジは、日本航空が運営するラウンジです。ハワイアン航空の成田発ビジネスクラスに搭乗する乗客は、成田空港のサクララウンジを利用することができます。

TIATラウンジは、複数のエアラインの乗客が利用する共同ラウンジです。ハワイアン航空の羽田発ビジネスクラスに搭乗する乗客は、羽田空港のTIATラウンジを利用することができます。

プルメリア・ラウンジは、ハワイアン航空が運営するラウンジです。ハワイアン航空のホノルル発ビジネスクラスに搭乗する乗客は、ダニエル・K・イノウエ国際空港のプルメリア・ラウンジを利用することができます。

※ハワイアン航空の航空券予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

6社のサービス水準と安全性に関する評価

日本航空・全日空・デルタ航空・ユナイテッド航空・ハワイアン航空・大韓航空のサービス水準と安全性に関する評価は次のとおりです。

サービス水準に関する評価

日本航空・全日空のサービス水準は世界的に高い評価を得ています。

2社ともに、英国スカイトラックス社の格付けにおいて、世界で11社しかない5つ星の認定を受けています。

デルタ航空・ユナイテッド航空は3つ星、大韓航空は4つ星の評価となっています。

2018エアラインランキング 2018エイビーロード調査 スカイトラックス社格付け
日本航空 13位 2位 ★★★★★
全日空 3位 1位 ★★★★★
デルタ航空 37位 18位 ★★★☆☆
ユナイテッド航空 88位 20位以下 ★★★☆☆
ハワイアン航空 77位 20位以下 格付けなし
大韓航空 33位 16位 ★★★★☆

安全性に関する評価

6社ともに、安全性に関して豪エアラインレイティングス社がら最高ランクの格付けを受けています。

エアラインレイティングス社格付け  「JACDEC」による安全性ランキング
日本航空 ★★★★★★★ 10位
全日空 ★★★★★★★ 11位
デルタ航空 ★★★★★★★ 15位
ユナイテッド航空 ★★★★★★★ 31位
ハワイアン航空 ★★★★★★★ ランキング対象外
大韓航空 ★★★★★★★ 51位

「成田・羽田―ホノルル路線」ビジネスクラスの運賃は?

正規のビジネスクラス「普通運賃」はとても高額です

日本航空で成田・羽田ーホノルル間を往復する、正規のビジネスクラス「普通運賃」は、750,000円もします。

とても高額でビックリですよね。

この運賃の航空券は「どの航空会社でも利用可能」「予約の変更が可能」「払戻しが可能」など、制限が全く無い航空券なのでこんなに料金が高いのです。

購入するのは、仕事で海外出張をするビジネスマン。

この航空券であれば、仕事の都合で搭乗する飛行機が変更になっても、柔軟に対応できるからです。

個人旅行には正規割引航空券(PEX航空券)がお得!

個人旅行でビジネスクラスを利用する場合には、ビジネスクラス用の「正規割引航空券(PEX航空券)」の利用がお得です。

「正規割引航空券(PEX航空券)」にはいろいろな条件や制約があるので、普通運賃よりもかなり安く購入できます。

例えば「予約の変更は不可」「キャンセル料は高額」「搭乗する〇〇日前までに購入すること」などの条件が付きます。

また航空会社によっては、条件や制約などが異なる複数の料率の「正規割引航空券(PEX航空券)」を設定している場合もあります。

ただしいちばん安い料率の「正規割引航空券(PEX航空券)」は販売する座席数が少ないので、ゴールデンウィーク、お盆の時期、年末年始などの繁忙期の出発分はすぐに売切れてしまいます。

売り切れた場合には高い料率の「正規割引運賃」か「普通運賃」で座席を確保することになります。

正規割引航空券(PEX航空券)の料金は航空会社や旅行する時期によって違う

ビジネスクラス用の「正規割引航空券(PEX航空券)」の料金は航空会社によって異なります。

また需要が多い繁忙期には料金が高くなり、需要が少ない閑散期には料金が安くなります。

※ハワイ行きのビジネスクラス料金に関しては次の記事をご覧ください。

成田発ホノルル行きを運航している航空会社7社のビジネスクラス料金を比較しました。比較した日は閑散期の他にお盆やお正月などの繁忙期。料金はエアラインと旅行時期によって17万円~75万円と大きな差があることがわかりました。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ハワイ旅行の場合には、行きに約7時間半、帰りに約8時間半も飛行機に乗るので、ビジネスクラスの利用は魅力的です。

行きは夜行便になるので、フルフラットシートで少しでも眠ることができれば、到着後に眠気と疲れに悩まされることも少なくなるでしょう。

2016年以降、各エアラインのビジネスクラスシートの改良が進み、東京・ホノルル路線では全便がフルフラットシートになりました。

ただし、エアラインによってシートの形状は大きく違っています。

特にベッドとして利用する時には、エアラインによって快適性に差が出るように思います。

おすすめのエアラインは、ビジネスクラス全席が通路に面していてプライベート性も確保されている「JAL」「ANA」「デルタ航空」です。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

※ハワイ行き航空券の予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

楽天トラベルで海外航空券を予約すると楽天スーパーポイントが貯まります!
楽天トラベル海外航空券はこちら

※年会費が無料なのに「使える」海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを記事にまとめました。
少しでも旅行費用を節約したい人は、ぜひ参考にしてみてください!

年会費が無料なのに、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられる充実した海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを3種類ご紹介しています。

※世界中の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」の会員になれるクレジットカードはこちらの記事で紹介しています。

クレジットカードの会員になると全世界120ヶ国・400以上の都市で900か所以上の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティパス」に無料で入会できるクレジットカードをご紹介しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!