ホノルル行きのビジネスクラス料金をエアラインごとにチェック!




前回の記事では、成田・ハワイ(ホノルル)線を運航している6社のビジネスクラスの料金を、閑散期や繁忙期の時期を選んで比較してみました。

前回の記事はこちら

成田発ホノルル行きを運航している航空会社7社のビジネスクラス料金を比較しました。比較した日は閑散期の他にお盆やお正月などの繁忙期。料金はエアラインと旅行時期によって17万円~75万円と大きな差があることがわかりました。

今回は、その金額をエアライン毎に見てみようと思い、とりまとめてみました。

とりまとめてみたところ、エアライン毎の成田・ハワイ(ホノルル)間のビジネスクラス料金の相場が見えてきたので、ご紹介したいと思います。

ビジネスクラス料金の確認には、HISが運営する航空券予約サイト「サプライス」を利用しました。

⇒サプライス公式サイトはこちら

スポンサーリンク

エアライン毎のビジネスクラス用正規割引料金

今回も次の日を出発日とした料金を調べてみました。

記載した金額は、4泊6日の日程で成田・ハワイ(ホノルル)間を往復した場合の、記事更新時点(2019/2/10)に購入できる最も安い正規割引ビジネスクラス料金です。

  • 2019年4月8日:春の閑散期
  • 2019年5月1日:ゴールデンウィークの超繁忙期
  • 2019年6月3日:初夏の閑散期
  • 2019年7月22日:夏休みの繁忙期
  • 2019年8月10日:お盆休みの超繁忙期
  • 2019年9月14日:シルバーウィークの繁忙期
  • 2019年11月5日:秋の閑散期
  • 2019年12月30日:年末年始の超繁忙期
  • 2020年1月7日:冬の閑散期

今回は、参考としてそのエアラインのビジネスクラスのシートを星の数で評価しました。(★5つが満点)

料金と星の数をあわせて見てみると、そのエアラインのコストパフォーマンスが高いのか低いのかが判断ができると思います。

※ホノルル行きのビジネスクラスシートに関しては次の記事をご覧ください。

(JALホームページより) 成田・羽田からホノルルまでの所要時間は、約7時間30分。 全便が、夜に成田・羽田を出発して午...

日本航空の2019年ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B767-300ER型機(SS6)
シート:★★★★★
(スタッガード型フルフラットシート)

機材:B777-200ER型機(SS2)
シート:★★★★★
(ヘリンボーン型フルフラットシート)

機材:B787-9型機(SS9Ⅱ)
シート:★★★★★
(ヘリンボーン型フルフラットシート)

ビジネスクラス料金

日本航空のビジネスクラス料金は、閑散期は20万円から30万円、繁忙期は68万円になるようです。

  • 2019/4/8:20万円
  • 2019/5/1:n.a.
  • 2019/6/3:22万円
  • 2019/7/22:30万円
  • 2019/8/10:n.a.
  • 2019/9/14:22万円
  • 2019/11/5:20万円
  • 2019/12/30:68万円
  • 2020/1/7:n.a.

※この他に諸税・サーチャージが必要です。

全日空の2019年ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B787-9型機
シート:★★★★★
(スタッガード型フルフラットシート)

ビジネスクラス料金

全日空のビジネスクラス料金は、閑散期が20万円から28万1千円、繁忙期が63万5千円から75万5千円になるようです。

  • 2019/4/8:20万円
  • 2019/5/1:75万5千円
  • 2019/6/3:20万円
  • 2019/7/22:28万1千円
  • 2019/8/10:63万5千円
  • 2019/9/14:24万円
  • 2019/11/5:20万円
  • 2019/12/30:65万5千円
  • 2020/1/7:n.a.

※この他に諸税・サーチャージが必要です。

大韓航空の2019年ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:A330-300型機
シート:★★★★☆
(並列型フルフラットシート)

ビジネスクラス料金

大韓航空のビジネスクラス料金は、閑散期が18万円から31万円、繁忙期が60万5千円から71万円になるようです。

  • 2019/4/8:18万円
  • 2019/5/1:60万5千円
  • 2019/6/3:18万6千円
  • 2019/7/22:30万円
  • 2019/8/10:64万5千円
  • 2019/9/14:31万円
  • 2019/11/5:20万円
  • 2019/12/30:71万円
  • 2020/1/7:n.a.

※この他に諸税・サーチャージが必要です。

デルタ航空2019年ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B767-300ER型機
シート:★★★★★
(スタッガード型フルフラットシート)

ビジネスクラス料金

デルタ航空のビジネスクラスは、閑散期17万9千円から28万6千円、繁忙期60万円から63万5千円になるようです。

  • 2019/4/8:17万9千円
  • 2019/5/1:60万円
  • 2019/6/3:20万円
  • 2019/7/22:28万6千円
  • 2019/8/10:61万5千円
  • 2019/9/14:20万円
  • 2019/11/5:20万円
  • 2019/12/30:63万5千円
  • 2020/1/7:n.a.

※この他に諸税・サーチャージが必要です。

ユナイテッド航空2019年ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B777-200型機
シート:★★★★☆
(並列型フルフラットシート)

ビジネスクラス料金

ユナイテッド航空のビジネスクラスは、閑散期は19万7千円~28万1千円、繁忙期63万5千円~75万5千円で利用できそうです。

  • 2019/4/8:19万7千円
  • 2019/5/1:75万5千円
  • 2019/6/3:19万7千円
  • 2019/7/22:28万1千円
  • 2019/8/10:63万5千円
  • 2019/9/14:24万円
  • 2019/11/5:20万円
  • 2019/12/30:65万5千円
  • 2020/1/7:n.a.

※この他に諸税・サーチャージが必要です。

ハワイアン航空2019年ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:A330-200型機
シート:★★★★☆
(ヘリンボーン型フルフラットシート)

ビジネスクラス料金

デルタ航空のビジネスクラスは、閑散期19万6千円から25万円、繁忙期55万円から89万5千円になるようです。

ハワイアン航空のビジネスクラスシートは、全便フルフラットシートになりました。

  • 2019/4/8:19万6千円
  • 2019/5/1:72万円
  • 2019/6/3:20万円
  • 2019/7/22:25万円
  • 2019/8/10:55万円
  • 2019/9/14:20万円
  • 2019/11/5:20万円
  • 2019/12/30:89万5千円
  • 2020/1/7:n.a.

※この他に諸税・サーチャージが必要です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

成田発ハワイ(ホノルル)行きのビジネスクラス料金をエアラインごとに見てみると、閑散期の料金に関しては次の3つのグループに分けられるようです。

  • 最も料金が安いエアライン:大韓航空、デルタ航空
  • 次に料金が安いエアライン:ユナイテッド航空、ハワイアン航空
  • 料金が高いエアライン:日本航空、全日空

しかし、繁忙期に関しては各社ともに料金が高騰します。

料金が高くても航空券が確保できればラッキーなのかもしれませんね。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

※今回、ビジネスクラス料金の確認には、発券手数料が無料でビジネスクラス航空券を購入できる「サプライス」の公式サイトを利用しました。

⇒サプライス公式サイトはこちら

※海外旅行用としておススメのカードは、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。下の記事ではその理由について詳細にご紹介しています。ぜひご覧ください!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、コストパフォーマンスが高く海外旅行にもおススメのカードです。 名前の通りカードの...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

関連記事

【一緒に読まれている記事】