「ハンズメッセ2021」で「東急ハンズオリジナルスーツケース」が安い!

東急ハンズで行われる年に1度の大バーゲンと言えば「ハンズメッセ」!

2021年は9月7日(火)から9月16日(木)にかけて「ネットストア」で、9月16日(木)から9月30日(木)にかけて「店舗」で開催されます。

コストパフォーマンスが高く海外旅行愛好者に大人気の「東急ハンズオリジナルスーツケース」も、この期間中はさらに特別に安い価格で販売されています。

どうしてそんなに安いのかというと、それは「ハンズメッセ」のために準備された「ハンズメッセ仕様」のスーツケースだから。

でも、そんな激安価格にもかかわらず高級品並みのスペックを備えているのだから驚きです。

今回の記事では、2021年9月7日から30日にしか購入できない「ハンズメッセ仕様」のスーツケースを2種類ご紹介します。

※「ハンズメッセ2021」終了後は通常商品の販売となります。

東急ハンズネットストア公式サイトはこちら

スポンサーリンク

東急ハンズ hands+ スーツケース カラーシリーズ フロントオープン 35L

最初にご紹介するのは、機内持ち込み可能の大きさで高級品並みの基本性能にこだわった売れ筋商品「東急ハンズ hands+ スーツケース ライトシリーズ フロントオープン 35L」の「ハンズメッセ仕様」商品です。

この商品は、キャスターを含む3辺合計が約115cmの大きさで、12,243円(税込)という信じられないような価格設定で販売されています。

通常商品との違いはシェルと内装のデザインのみ。

それ以外の仕様に関しては、通常商品と同じく基本性能にこだわったスペックになっています。

まず、素材は高級スーツケースも採用している「ポリカーボネート100%」。

「ポリカーボネート100%」の素材を使うことにより、「ABS樹脂」などを使った安価なスーツケースよりも軽くて丈夫に仕上がっています。

スーツケースの表面を触ると「薄くてペラペラ」なので不安になるほどですが、とても強い素材で丈夫にできています。

次に、この商品は「フロントオープン」タイプなので、書類や小物の出し入れが簡単に行えます。

さらに、スーツケース内側には、空港などでスーツケースを開いた時に荷物が飛び出さないようにカバーが付いています。

スーツケース内側のカバーは高級品の一部商品には付くことが多いのですが、1万円台の商品ではあまり見かけません。

スーツケースの「ロック」には、もちろんTSA(米国運輸保安局)職員が専用のキーで開けることができる「TSAロック」が採用されています。

ホイールをロックする「ストッパー」も付いています。

ホイールをロックさせると、電車の中や坂道等でスーツケースを動きにくくすることが可能です。

ホイールには、高級品と同じく日本の「HINOMOTO」製のホイールが採用されています。

このホイールには内部にグリースが入っているので、静かでスムーズに回転します。

カラーは「ターコイズ」「ブラウン」「ピンク」「ミッドナイトブルー」「オレンジ」「グリーン」「イエロー」「ホワイト」8色が用意されています。

主な仕様は次のとおりで、価格は12,243円(税込)です。

  • 全体サイズ:幅36×奥25×高54cm 3辺合計115cm
  • 本体重量:約3.2kg
  • 容量:約35L
  • 素材:ポリカーボネート
  • 付属品:内装仕切×1(取り外し可能)、ビニールポーチ×1
  • 原産国:中国

このスーツケースは「東急ハンズネットストア」でも購入できます。

東急ハンズネットストア公式サイトはこちら

東急ハンズ hands+ スーツケース カラーシリーズ フロントオープン 58L

こちらは、3泊~4泊の旅行に最適な大きさのスーツケースを探している方におすすめの「東急ハンズ hands+ スーツケース ライトシリーズ フロントオープン 58L」の「ハンズメッセ仕様」商品です。

通常商品との違いは主にシェルのデザインと内装部分で、価格は13,783円(税込)です。

それ以外の仕様に関しては、通常商品と同じく基本性能にこだわったスペックになっています。

まず、素材は高級品にも採用されている「ポリカーボネート100%」です。

次にこの商品は「フロントオープン」タイプなので、書類や小物の出し入れが簡単に行えます。

さらに、スーツケースの内側には、空港などでスーツケースを開いた時に荷物が飛び出さないように、下の写真のとおり左右両側にカバーが付いています。

スーツケース内側の両側にカバーが付くのは高級品の一部商品だけです。1万円台の商品ではあまり見かけません。

スーツケースの「ロック」には、もちろんTSA(米国運輸保安局)職員が専用のキーで開けることができる「TSAロック」が採用されています。

ホイールをロックすることが出来る「ストッパー」も付いています。

ホイールがロックさせると、電車の中や坂道等でスーツケースを動きにくくすることが可能です。

ホイールには、高級品と同じく日本の「HINOMOTO」製のホイールが採用されています。

このホイールには内部にグリースが入っているので、静かでスムーズに回転します。

カラーは「ターコイズ」「ブラウン」「ピンク」「ミッドナイトブルー」「オレンジ」「グリーン」「イエロー」「ホワイト」の8色が用意されています。

主な仕様は次のとおりで、価格は13,783円(税込)です。

  • 全体サイズ:幅46×奥27×高66cm 3辺合計130cm
  • 本体重量:4.0kg
  • 容量:約58L
  • 素材:ポリカーボネート
  • 付属品:内装仕切り×1、ビニールポーチ×1
  • 原産国:中国

このスーツケースは「東急ハンズネットストア」でも購入できます。

東急ハンズネットストア公式サイトはこちら

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

私は2015年に「東急ハンズ オリジナルスーツケース ジップタイプ 81L」を購入して、それ以来愛用しています。

軽くて丈夫で、キャスターもスムーズに動きます。内部にカバーが付いているのでとても便利です。

当時は20,469円(税込)で購入したのですが、高級品と同じようなスペックなのでコストパフォーマンスは抜群です。

今回の「ハンズメッセ仕様」の商品は若干通常商品と異なる部分もありますが、1万円台で購入できるのですから驚きです。

「手頃なサイズ」で「品質が確か」で「安い」スーツケースを探している人には、おすすめできる商品です!

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

東急ハンズネットストア公式サイトはこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

関連記事

【関連記事】