海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

スーツケース用のおしゃれな「ネームタグ」と「ベルト」を発見!早速購入しました!

   

スーツケース用のネームタグとベルト

スーツケース用のおしゃれな「ネームタグ」と「ベルト」を見つけました。

このネームタグとベルトのデザインは、私が9月に購入したハンズプラスのスーツケースにピッタリだったので早速ネット通販で購入。

10月に3泊4日のスケジュールで出かけた台湾旅行で新品のスーツケースとともにデビューしました。

このネームタグとベルトのおかで、少し個性に乏しかったスーツケースもすっかりおしゃれに。

それから、どこから見ても自分のスーツケースだと見分けがつくようになりました。

今回は私が購入した「ネームタグ」と「ベルト」についてご紹介します。


スポンサーリンク


私が購入した「ネームタグ」と「ベルト」

とってもおしゃれな「MoMA ラゲージタグ」

「MoMA DESIGN STORE」の商品なのでとってもおしゃれ

「MoMA」って何なの?と思いますよね。

「MoMA」とは、ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art, New York)のことなのです。

そのニューヨーク近代美術館の教育支援のために、1989年にニューヨーク設立されたのが「MoMA DESIGN STORE」です。

「MoMA DESIGN STORE」ではデザイン性に優れたアイテムを販売しており、ここで販売している商品は「MoMA」のキュレーター(学芸員)によって選定されています。

これらのアイテムの中にはデザイン性と機能性を両立させた「MoMA」オリジナル商品もたくさんあります。

シンプルなデザインが多い「ネームタグ」も、「MoMA」が取り扱う商品ならば上の写真のようにとってもおしゃれ!

スーツケース用としてだけでなく、普段持ち歩くキャリーケースやバッグ等に使ってもいいですよね。

MoMA初の海外店舗として、東京の表参道に「MoMA DESIGN STORE,TOKYO」がある他、webサイトでのダイレクト販売も行っています。

MoMAストア

デザイン性と機能性を両立させた実用的な「ネームタグ」です

MoMA_name-tag02_R

このネームタグのすごいところは、デザインが素晴らしいだけでなく、機能性にも優れているところ。

まず、ネームタグのプレート(黒い部分)はとても丈夫な金属製です。

次に、ネームを記載する白い部分も樹脂で出来ているのでとても丈夫です。この部分にワープロなどで印刷したネームやアドレスを貼り付けることもできます。

この白い部分を青いアクリル樹脂でカバーするので、一見するとネームプレートには見えないですよね。

さらに、スーツケースに取り付ける輪の部分も丈夫な金属製のワイヤーなので、皮革製品やゴムのように切れる心配もなさそうです。

価格は761円(税込)で、色は「ブルー」「オレンジ」「グリーン」

MoMAネームタグ

上の写真は、私が購入したスーツケースにMoMAのネームタグを取り付けたところです。

ご覧頂くとわかるように、スーツケースカラーの「チョコ」とネームタグのブルーの相性は悪くないようです。

「チョコ」のカラーはなんとなく没個性的な色のような気がしましたが、ブルーがアクセントとなるので、全体的に引き締まりました。

カラーは「ブルー」の他に「オレンジ」と「グリーン」があります。

ネームタグ全カラー

価格は761円(税込)+送料540円です。

MoMA STOREの他にもamazonで購入できます。

MoMA STOREで「MoMA ラゲージタグ」を購入
icon

ネームタグのカラーに合わせたブルーのベルトも見つかりました

スーツケース用のベルト

ベルトのカラーもブルーを基調にしたボーダー柄にしました

スーツケースの「チョコ」カラーとネームタグの「ブルー」の組み合わせが悪くないので、ベルトのカラーも「ブルー」を基調にした商品を探しました。

いろいろなショップでベルトを探したところ、amazonでブルーを基調にしてスーツケースと同じ茶色が入ったボーダー柄のベルトを見つけました。

スーツケースのベルトは、レッドやイエローを基調にした商品が多いので、ブルーのベルトを付けたスーツケースは見つけやすいだろうということもあります。

ネームプレートが付いたベルトにしました

スーツケース用のベルト02

「MoMA」ネームタグは丈夫な金属製のワイヤーを使用しており、ネームタグが切れる心配はしていないのですが、念のためベルトにもネームプレートが付いている商品を探しました。

またベルトを固定する部分は、樹脂製のホルダーの場合には壊れて外れる可能性があるので、ベーシックな金具に通して固定するタイプを選びました。

この商品はamazonと楽天市場で取り扱っています。私はamazonで購入しました。

価格は1,098円(税込)+関東への送料は無料でした。

楽天市場で「スーツケースベルトボーダー柄」を購入

Yahooショッピングには同じ商品は無いのですが、いろいろなベルトを取り扱っているので、Tポイントを貯めている人はこちらも要チェックです。

Yahooショッピングでスーツケースベルトを購入

スーツケース用のネームタグとベルトが必要な理由

ネームタグとベルトはスーツケースの取り間違いを防ぐ

飛行機が空港に到着して航空会社に預けたスーツケースがターンテーブルに流れてくるのを見ると、同じようなデザインのスーツケースが多いことに脅かされます。

スーツケースの形はどのスーツケースもほぼ同じですし、大きさも3辺の合計が158cmのスーツケースがほとんどです。

違いは色と細かいデザインなのですが、同じ飛行機には200~300人もの人が搭乗しているので、同じようなスーツケースが多くても不思議ではないのです。

一流メーカーの人気商品を購入したような場合には、全く同じ色やモデルのスーツケースが流れてくるのを見かけると思います。

そうなると、自分のスーツケースには何か目印や特徴を付けることが必要ですよね。

それが「ネームタグ」と「ベルト」なのです。

実は私は、今から30年ほど前にスキー場からの帰りにケースに入れたスキーを取り違えたことがあります。

全く同じスキーケースを使っていたので、私も相手も家に帰ってスキーケースを開けるまで取り間違えたことに気がつきませんでした。

幸いにも相手が特定できたので、何日か後に自分のスキーが戻ってきました。

それ以来、旅行の時には荷物の取り間違いが無いようにと、わかりやすい目印を付けるようにしています。

ロストバゲージの時にスーツケースを探しやすくする

ロストバゲージとは、チェックインの時に航空会社に預けた荷物が、荷物の載せ忘れ、他の便への誤搬入、経由地での降ろし忘れなどの理由で、降機地のターンテーブルに流れてこないことを言います。

かなり頻繁に起こるようなので、ご自分が経験したり友人・知人が経験したことがあるという人も多いと思います。

ロストバゲージの時には、自分のスーツケースの特徴や目印を言って探してもらうのですが、世界中のどこにあるのか分らないので、世界中の誰にでも分りやすい特徴や目印があると安心です。

これが「ネームタグ」と「ベルト」になります。

ネームタグに「氏名」「住所」「電話番号」をローマ字で書いておけば、そのスーツケースが本人の物であると特定しやすくなります。

また、ネームタグは搬送中に外れることもあるので、ベルトにも「氏名」「住所」「電話番号」をローマ字で書いた「ネームプレート」があると安心です。

私も、ネームタグの他にネームプレート付きのベルトを利用しています。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「MoMA」のネームタグはデザイン性・機能性に優れているので、とてもおススメの商品です。

ベルトはいろいろなデザインの商品があるので、ご自分の好みやスーツケースの色に合う商品を選ぶと良いでしょう。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

【おすすめの記事】

東急ハンズで購入したスーツケースが届きました!

初めてのスーツケース購入の記録 どこで買えばいいのか?

<スポンサーリンク>

Array

 - 生活