海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

ホノルル行きのビジネスクラス料金をエアラインごとにチェック!

      2016/09/18

前回の記事では、東京・ホノルル線を運航している7社のビジネスクラスの料金を、閑散期や繁忙期の時期を選んで比較してみました。

前回の記事はこちら

ハワイ行きビジネスクラス料金を比較してみました!

今回は、その金額をエアライン毎に見てみようと思い、とりまとめてみました。

とりまとめてみたところ、エアライン毎の東京・ホノルル間のビジネスクラス料金の相場が見えてきたので、ご紹介したいと思います。

参考として、料金表を公開しているエアラインの料金表も一部抜粋してご紹介します。

ビジネスクラス料金の確認には、HIS、DeNAトラベル、JTB、エクスペディアのwebサイトを利用しました。


スポンサーリンク


エアライン毎のビジネスクラス用正規割引料金

今回も次の日を出発日とした料金を調べてみました。

記載した金額は、4泊6日の日程で成田・ハワイ(ホノルル)間を往復した場合の、記事作成時点(2016/3/7)で購入できる最も安い正規割引ビジネスクラス料金です。

※ハワイアン航空だけは羽田発着の料金です。

  • 4月1日:春の閑散期
  • 4月29日:ゴールデンウィークの超繁忙期
  • 6月1日:夏の閑散期
  • 7月20日:夏休みの繁忙期
  • 8月11日:お盆休みの超繁忙期
  • 9月17日:シルバーウィークの繁忙期
  • 11月1日:秋の閑散期
  • 12月29日:年末年始の超繁忙期
  • 1月10日:冬の閑散期

ハワイ行きのビジネスクラス用「正規割引航空券」に限ったことではないのですが、航空会社ではまず出発時期の需要予測を行い航空券の料金を設定します。

そしてその料金の座席を一定数販売すると、次に一段高い料金で販売をを開始します。

閑散期のハワイ行きビジネスクラスに関しては、航空会社は当初20万円で販売を開始するようです。(チャイナエアラインは14万円、大韓航空は17万円)

そして一定数の座席数が販売されると料金を引き上げ、逆に座席が埋まる見込みが少なくなると、旅行会社を通じて安い料金で販売したりキャンペーンを行ったりします。

出発時期が近くなってくると料金が高くなったり安くなったりするのはこのためです。

なお、料金の比較にあたっては、旅行会社のwebサイトでビジネスクラスの料金を確認しました。旅行会社によって料金が異なる場合にはいちばん安い料金を採用しました。

しつこいようですが、記載した料金は記事作成時点で購入出来る最低料金であり、いつでもその金額で必ず購入できるわけではないので、ご注意ください。

今回は、参考としてそのエアラインのビジネスクラスのシートを星の数で評価しました。(★5つが満点)

料金と星の数をあわせて見てみると、そのエアラインのコストパフォーマンスが高いのか低いのかが判断ができると思います。

※ホノルル行きのビジネスクラスシートに関しては次の記事をご覧ください。

ハワイ旅行ホノルル行きビジネスクラス 「フル・フラットシート」の機材をご紹介!

日本航空の格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B767-300ER型機
シート:★★★★★
(スタッガード型フルフラットシート)

機材:B777-200ER型機
シート:★★★☆☆
(シェル型ライフラットシート:170度)

日本航空の2016年度ビジネスクラス料金

日本航空のビジネスクラス料金は、閑散期が20万円から42万円、繁忙期が58万円から68万円になるようです。

かなり強気の料金設定になっています。

4/1 42万円
4/29 58万円
6/1 23万円
7/20 31万5千円
8/11 58万円
9/17 28万円
11/1 28万円
12/29 68万円
1/10 20万円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

2016年JALのビジネスクラス用正規割引航空券料金表

JALの成田・ホノルル間のビジネスクラス用正規割引運賃には「JALビジネスセーバー28」「JALビジネスセーバー14」「JALビジネスセーバー」の3種類があります。

その中でいちばん料金が安い「JALビジネスセーバー28」成田・ホノルル往復の料金は次のとおり公表されています。

しかし実際にはこの料金は、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始と言った繁忙期には最初から設定されていないようです。これらの時期には正規割引運賃は料金がいちばん高い「ビジネスセーバー」だけになります。

※この他に諸税・サーチャージが必要です。
※羽田発着は+30,000円になります。

4/1~4/27 20万円
4/28~5/4 48万円
5/5~6/30 20万円
7/1~7/19 24万円
7/20~8/4 30万円
8/5~8/20 48万円
8/21~8/26 30万円
8/27~9/30 24万円
10/1~12/6 20万円
12/7~12/10 28万円
12/11~12/21 24万円
12/22~12/31 48万円
1/1~1/4 28万円
1/5~3/9 20万円
3/10~3/31 24万円

この航空券には「予約変更不可」「払戻しは有料(最低50,000円)」「有効期限は2日以上1ヵ月以内」などの条件が付きます。

日本航空のビジネスクラス料金には要注意!

JALでは搭乗する機材のシートによってビジネスクラスの料金に差をつけているので注意が必要です。

上に記載した料金は、ビジネスクラス用正規割引運賃のなかでいちばん安い「JALビジネスセーバー28」の料金ですが、この料金ではフルフラットシートが装着されているB767-300型機のビジネスクラスは利用できません。

利用できるのは、フルフラットではないB777-200ER型機で運行しているフライトだけのようです。

片道だけフルフラットのB767-300型機を利用するとプラス2万円、往復利用するとプラス4万円になります。

JALのwebサイトでビジネスクラスの航空券を購入する際も、いばん安い「JALビジネスセーバー28」の料金ではフルフラットシートを装着したB767-300ER型機のフライトを選択することができなくなっています。

航空券発売日の当日から、B767-300ER型機のフライトの空席欄には「×」印が付いています。

最初は満席なのかと思ったのですが、満席ではなくて最初から選べないようになっているようです。

画面上の「ご案内の運賃がご要望に合わないので他の運賃を調べる」という項目をクリックして、最低運賃が40,000円高い「JALビジネスセーバー14」という運賃を選ぶと空席の欄が「〇」印に変わります。

旅行会社のwebサイトでも、「JALビジネスセーバー28」の料金ではフルフラットシートを装着したB767-300型機の航空券は販売していないようです。

間違ってフルフラットシートではないB777-200ER型機の航空券を購入しないように注意が必要です。

JAL 国際線航空券予約はこちら

【ジャルパック】ハワイビジネスクラスツアーはこちら

全日空の格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B767-300ER型機
シート:★☆☆☆☆
(従来型リクライニングシート)

機材:B787-8型機(2016/4/28~)
シート:★★☆☆☆
(シェル型リクライニングシート)

全日空の2016年度ビジネスクラス料金

全日空のビジネスクラス料金は、閑散期が20万円から34万円、繁忙期が51万円から62万円になるようです。

シートは旧来型のリクライニングシートなのですが、こちらもかなり強気の料金設定になっています。

4/1 41万5千円
4/29 51万円
6/1 20万円
7/20 28万1千円
8/11 58万円
9/17 34万7千円
11/1 20万円
12/29 62万円
1/10 20万円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

2016年ANAのビジネスクラス用正規割引航空券料金表

ANAのビジネスクラスでいちばん料金が安い「Value Puls」の東京・ホノルル往復の料金は次のとおり設定されています。

しかし実際にはこちらの運賃も繁忙期には設定されていないようです。

4/1~4/28 20万円
4/29~5/1 38万円
5/2~7/14 20万円
7/15~7/28 28万1千円
7/29~8/11 38万円
8/12~8/20 28万1千円
8/21~9/17 24万円
9/18~12/15 20万円
12/16~12/21 28万1千円
12/22~12/30 45万円
12/31~1/3 24万円
1/4~3/10 20万円
3/11~3/31 22万円

※この他に諸税・サーチャージが必要です。
※復路の出発日によって料金が加減算されます。

この航空券には「予約変更不可」「払戻しは有料(50,000円)」「滞在期間は2日以上1ヵ月以内」などの条件が付きます。

ANA航空券+宿泊「旅作」海外ダイナミックパッケージはこちら

ANAで行く!ハワイツアーはこちら

チャイナエアライン格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:A330-300型機
シート:★★☆☆☆
(シェル型リクライニングシート:160度)

チャイナエアラインの2016年度ビジネスクラス料金

チャイナエアラインのビジネスクラス料金は、閑散期が14万円から26万円、繁忙期が28万円前後になるようです。

お盆の時期と年末年始は満席です。

ビジネスクラスの料金も安いのですが、安い航空券を手に入れるためには早めの予約が必要なようです。

4/1 23万2千円
4/29 28万6千円
6/1 22万7千円
7/20 26万2千円
8/11 n.a
9/17 24万6千円
11/1 17万5千円
12/29 n.a
1/10 14万円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

2016年チャイナエアラインのビジネスクラス用正規割引航空券料金表

ビジネスクラスで最も料金が安い「CI-Cセーバー」の料金は、次のとおり設定されています。

料金は、出発日と曜日によって4段階に設定されています。

※この他に諸税・サーチャージが必要です。
※販売席数が限られています。

4/1~4/27・5/5~7/14・9/22~12/21・1/1~1/31
・日~木 13万5千円
・金・土 14万5千円
※さらに、次の特定日については40,000円の特定日加算額が必要になります。
・復路:2016/5/3・4・6・7、2016/8/12・13、2017/1/1・2、2017/5/4~6、2017/8/11・12

4/28~5/4・7/15~9/21・12/22~12/31・2/1~3/31
・日~木 16万2千円
・金・土 17万2千円
※さらに、次の特定日については40,000円の特定日加算額が必要になります。
・往路:4/28~5/4、8/5~8/20、12/29~12/31
・復路:2016/5/3・4・6・7、2016/8/12・13、2017/1/1・2、2017/5/4~6、2017/8/11・12

いずれの航空券についても「変更不可」「払戻しは有料」などの条件が付きます。

大韓航空格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:A330-300型機
シート:★★★★☆
(並列型フルフラットシート)

2016年ビジネスクラス料金

大韓航空のビジネスクラス料金は、閑散期が17万円から58万円、繁忙期が55万円から64万円になるようです。

シートはフルフラットシートで機内サービスも充実しています。ビビンバの機内食も人気です。ビジネスクラスでのホノルル往復が17万円ならばコストパフォーマンスはとても高いと思います。

ただし安い航空券を手に入れるためには早めの予約が必要になります。

4/1 58万円
4/29 56万円
6/1 48万2千円
7/20 27万円
8/11 55万円
9/17 55万2千円
11/1 17万円
12/29 64万円
1/10 17万円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

デルタ航空格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B747-400型機
シート:★★★★★
(ヘリンボーン型フルフラットシート)

機材:B767-300ER型機
シート:★★★★★
(スタッガード型フルフラットシート)

機材:B777-200ER型機
シート:★★★★★
(ヘリンボーン型フルフラットシート)

2016年ビジネスクラス料金

デルタ航空のビジネスクラスは、閑散期20万円から35万円、繁忙期58万円から75万円になるようです。

全機種ヘリンボーン型かスタッガード式のフルフラットシートなので、シートに関する心配はありません。

大韓航空の次におすすめのエアラインです。

4/1 28万6千円
4/29 58万円
6/1 48万2千円
7/20 30万円
8/11 58万円
9/17 35万円
11/1 31万円
12/29 75万円
1/10 20万円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

ユナイテッド航空格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:B747-400型機
シート:★★★★☆
(並列型フルフラットシート)

機材:B777-200型機
シート:★★★★☆
(並列型フルフラットシート)

2016年ビジネスクラス料金

ユナイテッド航空のビジネスクラスは、閑散期20万円、繁忙期45万円前後で利用できそうです。

B747-400型機もB777-200型機もフルフラットシートです。シートは2人ずつ並ぶタイプなので、ご夫婦やカップルにおすすめのビジネスクラスです。

4/1 41万5千円
4/29 54万円 
6/1 18万8千円
7/20 28万1千円
8/11 53万円
9/17 34万7千円
11/1 26万円
12/29 62万円
1/10 20万円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

ハワイアン航空格安ビジネスクラス料金

機材・シート

機材:A330-200型機
シート:★☆☆☆☆
(従来型リクライニングシート:160度)

2016年ビジネスクラス料金

ハワイアン航空のビジネスクラスは、思っていたよりも安くありませんでした。

この料金で旧型のリクライニングシートでは、羽田発着という以外に利用する理由は見当たりません。

2016年9月から2017年にかけてA330-200型機にフルフラットシートが導入される予定なので、利用を検討するのはそれからでも遅くはないでしょう。

4/1 41万1千円
4/29 n.a
6/1 18万5千円
7/20 26万7千円
8/11 32万円
9/17 21万5千円
11/1 20万5千円
12/29 42万4千円
1/10 20万5千円
※この他に諸税・サーチャージが必要です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ホノルル行きのビジネスクラスを安い料金で利用したいのであればチャイナエアラインですね。閑散期の14万円から17万円という料金はとても魅力的です。

フルフラットシートのエアラインであれば大韓航空がいちばん安いようです。ただし大韓航空のビジネスクラスは座席数が少ないので早めの予約をおすすめします。

ビジネスクラスの航空券はエクスペディアなどの旅行会社のwebサイトで購入できます。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

航空券+ホテル+送迎なら【エクスペディア】が断然お得!

【エクスペディア】航空券+ホテルでホテルが最大全額OFF!!

 - ハワイ, 海外旅行