2016年「FlightStats」定時運航率ランキングをご紹介!

2017年1月4日に、アメリカの「FlightStats」(フライトスタッツ)が2016年1月~12月の航空会社定時到着率データに基づく「8th Annual On-time Performance Service Awards」を発表しています。

昨年6月29日の記事で2015年の定時運航率をご紹介しましたが、そのランキングがどのように変わったのか気になったので、2016年の実績についてもチェックしてみました。

今回の記事では、「FlightStats」による2016年の定時運航率ランキングについてご紹介します。

「FlightStats」によるリリースはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「FlightStats」の定時運航率ランキングについて

フライトスタッツ画面

今般、2016年の数字が取りまとめられて、「8th Annual On-time Performance Service Awards」が発表されました。

※「FlightStats」では15分以内の遅れであれば「定時」として判定しています。

なお2016年分から、主要国際航空会社部門、アジア・パシフィック主要航空会社部門、北米主要航空会社部門、ヨーロッパ主要航空会社部門、中東・アフリカ主要航空会社部門に関しては、運航会社単体の実績が対象となる「メインライン部門」と、グループ会社の運航便を含めた実績が対象となる「ネットワーク部門」の2部門が設定されています。

過去の数値を見てみると、どうやら2015年まではグループ会社の運航便を含めた実績(ネットワーク部門)だけを表彰の対象としていたようなのですが、航空会社は必ずしもグループ会社の運営管理を行っているとは限らないため、運航会社単体の実績を対象とした「メインライン部門」を設定したようです。

「FlightStats」のホームページはこちら

2016年 主要国際航空会社部門 定時到着率ランキング

メインライン部門

2016年の主要国際航空会社「メインライン部門」では、イベリア航空が第1位に輝きました。JALが第2位に、ANAが8位に入っています。

※一定以上の飛行回数と座席数・グローバルネットワーク数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が85%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.イベリア航空(スペイン) 86.55% 87.79%
2.日本航空(日本) 90.91% 87.33%
3.デルタ航空(アメリカ) 85.93% 86.69%
4.KLMオランダ航空(オランダ) 80.25% 86.56%
5.カタール航空(カタール) 89.43% 86.34%
6.オーストリア航空(オーストリア) 83.77% 85.69%
7.シンガポール航空(シンガポール) 87.73% 85.46%
8.全日空(日本) 86.73% 85.28%
9.TAM航空(ブラジル) 82.73% 85.07%
10.カンタス航空(オーストラリア) 84.93% 83.91%

ネットワーク部門

2016年の主要国際航空会社「ネットワーク部門」では、KLMオランダ航空が第1位に輝きました。JALが第3位に、ANAが6位に入っています。

※一定以上の飛行回数と座席数・グローバルネットワーク数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が85%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.KLMオランダ航空(オランダ) 83.04% 88.53%
2.イベリア航空(スペイン) 87.31% 88.18%
3.日本航空(日本) 90.97% 87.80%
4.カタール航空(カタール) 89.43% 86.34%
5.オーストリア航空(オーストリア) 83.71% 85.74%
6.全日空(日本) 87.36% 85.54%
7.シンガポール航空(シンガポール) 87.73% 85.45%
8.デルタ航空(アメリカ) 85.17% 85.17%
9.TAM航空(ブラジル) 82.73% 85.07%
10.カンタス航空(オーストラリア) 85.37% 84.30%

2016年 アジア・パシフィック主要航空会社部門 定時到着率ランキング

メインライン部門

2016年のアジアパシフィック主要国際航空会社「メインライン部門」では、日本航空が第1位、全日空が第4位に入りました。

キャセイパシフィックが、2015年の65%から74%に改善してランキングに入ってきました。

日本の2社、オーストラリアの2社、シンガポール航空、ニュージーランド航空までは定時到着率が80%を超えていますが、それ以外のアジアのエアラインは数字が良くありません。

一覧表にはありませんが、エバー航空73%、チャイナエアライン65%、中国南方航空71%、中国東方航空64%など、台湾・中国の航空会社の定時到着率は、国際的に見てもかなり低い状況です。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が90%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.日本航空(日本) 90.91% 87.33%
2.ヴァージンオーストラリア(オーストラリア) 87.28% 85.82%
3.シンガポール航空(シンガポール) 87.73% 85.46%
4.全日空(日本) 86.73% 85.28%
5.カンタス航空(オーストラリア) 84.93% 83.91%
6.ニュージーランド航空(ニュージーランド) 83.09% 83.40%
7.ジェットエアウェイズ(インド) 78.31% 76.12%
8.キャセイパシフィック(香港) 73.27% 74.62%
9.ジェットスター航空(オーストラリア) 73.73% 74.59%
10.インディゴ(インド) 77.51% 74.22%

ネットワーク部門

2016年のアジアパシフィック主要国際航空会社「ネットワーク部門」では、日本航空が第1位、全日空が第3位に入りました。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が90%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.日本航空(日本) 90.97% 87.80%
2.ヴァージンオーストラリア(オーストラリア) 87.34% 85.86%
3.全日空(日本) 87.36% 85.54%
4.シンガポール航空(シンガポール) 87.73% 85.46%
5.カンタス航空(オーストラリア) 85.37% 84.30%
6.ニュージーランド航空(ニュージーランド) 81.61% 80.82%
7.ジェットエアウェイズ(インド) 78.31% 76.12%
8.キャセイパシフィック(香港) 73.27% 74.62%
9.ジェットスター航空(オーストラリア) 73.80% 74.37%
10.インディゴ(インド) 77.51% 74.22%

2016年 北米主要航空会社部門 定時到着率ランキング

2016年北米主要航空会社「メインライン部門」では2015年に続きアラスカ航空がトップです。

デルタ航空が数値を改善させて第2位に入り、ユナイテッド航空も3位に順位を上げました。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が90%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.アラスカ航空(アメリカ) 90.18% 87.51%
2.デルタ航空(アメリカ) 85.93% 86.69%
3.ユナイテッド航空(アメリカ) 79.94% 82.32%
4.サウスウェスト航空(アメリカ) 80.71% 81.89%
5.ウェストジェット航空(カナダ) 82.08% 80.79%
6.アメリカン航空(アメリカ) 82.52% 79.86%
7.フロンティア航空(アメリカ) 78.67% 77.44%
8.ヴァージンアメリカ(アメリカ) 78.85% 77.33%
9.ジェットブルー航空(アメリカ) 76.09% 76.33%
10.エアカナダ(カナダ) 78.85% 74.88%

ネットワーク部門

2016年北米主要航空会社「ネットワーク部門」でも2015年に続きアラスカ航空がトップです。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が90%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.アラスカ航空(アメリカ) 88.91% 87.00%
2.デルタ航空(アメリカ) 85.17% 85.17%
3.ウェストジェット航空(カナダ) 83.78% 82.73%
4.サウスウェスト航空(アメリカ) 80.70% 81.89%
5.ユナイテッド航空(アメリカ) 81.56% 81.83%
6.アメリカン航空(アメリカ) 82.77% 80.16%
7.フロンティア航空(アメリカ) 78.67% 77.44%
8.ヴァージンアメリカ(アメリカ) 78.85% 77.33%
9.ジェットブルー航空(アメリカ) 76.09% 76.33%
10.エアカナダ(カナダ) 81.00% 76.30%

2016年 ヨーロッパ主要航空会社部門 定時到着率ランキング

メインライン部門

2016年ヨーロッパ主要航空会社「メインライン部門」ではイベリア航空が1位です。

KLMオランダ航空が2位に入り、オーストリア航空が3位です。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が90%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.イベリア航空(スペイン) 86.55% 87.79%
2.KLMオランダ航空(オランダ) 80.25% 86.56%
3.オーストリア航空(オーストリア) 83.77% 85.69%
4.S7航空(ロシア) 82.85% 83.52%
5.スカンジナビア航空(北欧3国) 82.85% 83.52%
6.ルフトハンザドイツ航空(ドイツ) 80.39% 83.43%
7.ノルウェーエアシャトル(ノルウェー) 80.54% 80.67%
8.アエロフロートロシア航空(ロシア) 83.90% 78.47%
9.コンドル航空(ドイツ) 74.78% 78.92%
10.スイスインターナショナルエアラインズ(スイス) 71.14% 75.68%

ネットワーク部門

2016年ヨーロッパ主要航空会社「ネットワーク部門」でもイベリア航空が1位です。

2016年主要国際航空会社「ネットワーク部門」では、KLMオランダ航空が第1位に入っていますが、データトラッキング率が89%と90%に達していないので、2016年ヨーロッパ主要航空会社「メインライン部門」では選外になっています。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が90%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.イベリア航空(スペイン) 87.31% 88.18%
2.オーストリア航空(オーストリア) 83.71% 85.74%
3.ルフトハンザドイツ航空(ドイツ) 81.12% 83.77%
4.S7航空(ロシア) 79.01% 82.98%
5.ノルウェーエアシャトル(ノルウェー) 80.49% 80.60%
6.スイスインターナショナルエアラインズ(スイス) 73.72% 77.34%
7.コンドル航空(ドイツ) 72.70% 75.68%
8.ブリティッシュエアウェイズ(イギリス) 75.09% 75.17%
9.イージージェット(イギリス) 71.57 75.12%
10.ブエリング航空(スペイン) 67.45% 65.35%

2016年 中東・アフリカ主要航空会社部門 定時到着率ランキング

メインライン部門

2016年中東・アフリカ主要航空会社「メインライン部門」ではカタール航空が第1位です。

データのトラッキング率が2015年の70%から85%に引き上げられたためか、2016年中東・アフリカ主要航空会社「メインライン部門」の順位は8位までしか発表されていません。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が85%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.カタール航空(カタール) 89.43% 86.34%
2.南アフリカ航空(南アフリカ) 86.28% 82.61%
3.サウディア(サウジアラビア) 80.99% 78.92%
4.エミレーツ航空(UAE) 75.97% 78.85%
5.エチオピア航空(エチオピア) 74.61% 71.03%
6.フライドバイ(UAE) 70.23% 69.79%
7.ケニヤ航空(ケニヤ) 66.86% 66.69%
8.ペガサス航空(トルコ) 74.48% 60.87%

ネットワーク部門

2016年中東・アフリカ主要航空会社「ネットワーク部門」でもカタール航空が第1位です。

データのトラッキング率が2015年の70%から85%に引き上げられたためか、2016年中東・アフリカ主要航空会社「ネットワーク部門」の順位は7位までしか発表されていません。

※一定以上の飛行回数と座席数を有していて、FlightStatsのデータトラッキング率が85%以上の航空会社が対象となります。

エアライン名 定時出発率 定時到着率
1.カタール航空(カタール) 89.43% 86.34%
2.サウディア(サウジアラビア) 86.28% 82.61%
3.エミレーツ航空(UAE) 75.97% 78.85%
4.エチオピア航空(エチオピア) 74.62% 71.05%
5.フライドバイ(UAE) 70.23% 69.79%
6.ケニヤ航空(ケニヤ) 66.86% 66.69%
7.ペガサス航空(トルコ) 74.48% 60.87%

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

各部門・エリアともに、上位にランクされているエアラインには、あまり大きな順位変動は無いようです。

JAL・ANAも2015年に続き、上位にランクされていますね。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

【エクスペディア】の海外航空券は発券手数料が無料!

お得で安心!【H.I.S】の海外ツアー