海外旅行傷害保険が充実!海外旅行におすすめのクレジットカード【年会費無料編】

今回はカードに付帯する海外旅行傷害保険の内容にこだわって、海外旅行におおすすめできる手数料無料のクレジットカードを5種類ご紹介したいと思います。

海外旅行にクレジットカードを持っていく目的は、主に買い物やホテル・レストランなどでの支払いに使うためです。

しかし、最近ではクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険の充実ぶりが目立ちます

個人が任意に加入する海外旅行傷害保険と同じように「日本語による24時間救急サポート」や「医療費キャッシュレス診療」まで受けらるクレジットカードも登場しています。

ところが、そのような「使える」海外旅行傷害保険が「自動付帯」する年会費無料のクレジットカードとなると数が限られます。

今回ご紹介する5種類の他には、なかなか見当たらないのが実情です。

そこで今回の記事では、年会費が無料で海外旅行に持って行くと役に立つ海外旅行傷害保険が「自動付帯」しているクレジットカードを5種類ご紹介したいと思います。



海外旅行先で役立つ海外旅行傷害保険チェックする5つのポイント

まず最初に、私がクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険を見分ける場合に、最低でもチェックする5つのポイントについてご紹介します。

  1. 付帯条件は「自動付帯」か「利用付帯」か
  2. 「傷害治療費用」「疾病治療費用」が補償されるかどうか
  3. 「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償金額は十分か
  4. 日本語による24時間救急サポートが受けられるか
  5. 医療費キャッシュレス診療を受けられるか

この5つのポイントは、そのクレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険が海外旅行先で実際に役に立つのかどうかを見分けるために重要な項目になります。

5つのポイントが重要な理由については次の記事にまとめていますので、お時間がある方は目を通してみて下さい。

私がクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険を見分けるために注目している5つのチェックポイントとその理由についてご紹介しています。海外旅行先で役に立たない保険もあるので注意が必要です。

エポスカード

年会費無料のクレジットカードの中で最強の海外旅行保険が自動付帯

まず最初にエポスカードをおすすめする理由は、海外旅行傷害保険では最も重要な「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額が、年会費無料のカードの中で最も高額だからです。

エポスカードはマルイが発行しているカードで、年会費は、初年度・翌年度以降ともに無料です。

「傷害治療費用」の補償額は200万円「疾病治療費用」の補償額は270万円です。

この金額は、普通のゴールドカード並みの金額です。

「自動付帯」なのでカードを持っているだけで保険が適用されます。

三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス」を利用することができて、「医療費キャッシュレス診療」にも対応しています。

海外38都市に日本語で対応可能な「エポスカード海外サポートデスク」も開設しています。

現地の最新情報、空港・出入国の案内、ショッピング・免税店・ホテル・レストランなどの情報を入手できる他、レストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などの予約・手配を行うこともできます。

国際ブランドは「VISA」です。世界中で最も加盟店が多いブランドなので、買い物で困ることはまずありません。

カードの申し込みはWEBから可能です。マルイの店頭であれば即日発行も可能です。(後で金融機関の登録が必要になります。)

エポスカードに関しては、次の記事で詳細に解説しています。

エポスカードはマルイが発行するクレジットカードです。年会費が無料なのに、利用価値が高い海外旅行傷害保険が付帯するので、海外旅行好きの若い女性に人気の高いクレジットカードです。優待施設も多くマルイのセールで割引も受けられます。ゴールドカードにランクアップも可能です。

基本スペック

カードの名称 エポスカード
発行会社 エポスカード(マルイ)
国際ブランド VISA
入会資格 満18歳以上(高校生不可、未成年者は親権者の同意が必要)
年会費 初年度 年会費無料
翌年度以降 年会費無料
海外サポートデスク 海外38都市に開設

海外旅行傷害保険

本会員・家族会員
付帯条件 自動付帯
傷害死亡 500万円
傷害後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 270万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 100万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 3か月間

エポスカード公式サイト・ご入会はこちら

ジャックス横浜インビテーションカード

年会費無料で最高水準の海外旅行保険が自動付帯、家族カードも発行可能

2番目にジャックス横浜インビテーションカードを紹介するのは、海外旅行傷害保険では最も重要な「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額が、年会費無料のカードの中で2番目に高額だからです。

ジャックス横浜インビテーションカードの年会費は、初年度・翌年度以降ともに無料です。

「傷害治療費用」の補償額は200万円「疾病治療費用」の補償額は200万円です。

この金額は、普通のゴールドカード並みの金額です。

「自動付帯」なのでカードを持っているだけで保険が適用されます。

三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス」を利用することができて、「医療費キャッシュレス診療」にも対応しています。

また、年間100万円までのショッピング保険も付帯します。

国際ブランドはMastercardです。国内外でほとんど問題なく利用できます。

海外38都市に日本語で対応可能な「海外トラベルデスク」を開設しています。

現地の最新情報、空港・出入国の案内、ショッピング・免税店・ホテル・レストランなどの情報を入手できる他、レストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などの予約・手配を行うこともできます。

ジャックス横浜インビテーションカードは3枚まで家族カードが発行可能です。家族カードの年会費も無料です。ETCカードの年会費も無料です。

カードの申し込みはWEBから可能です。

ジャックス横浜インビテーションカードに関しては、次の記事で詳細に解説しています。

横浜インビテーションカードは年会費が無料なのに、利用価値が高い海外旅行傷害保険が付帯するので、海外旅行好きの人には有名なクレジットカードです。海外旅行保険の上乗せ分としておすすめのカードです。

基本スペック

カードの名称 ジャックス横浜インビテーションカード
発行会社 ジャックス
国際ブランド Mastercard
入会資格 満18歳以上で電話連絡が可能な人(高校生不可、未成年者は親権者の同意が必要)
年会費 初年度 年会費無料
翌年度以降 年会費無料
海外サポートデスク 海外38都市に開設

海外旅行傷害保険

本会員・家族会員
付帯条件 自動付帯
傷害死亡 2,000万円
傷害後遺障害 80~2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 20万円
救援者費用 200万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間

ジャックス 横浜インビテーションカード公式サイト・ご入会はこちら

JCB EIT

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、家族カード年会費無料

3番目にJCB EIT(エイト)を紹介するのは、本会員・家族会員ともに年会費が永年無料なのに、「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額が100万円限度の海外旅行傷害保険が自動付帯するからです。

JCBの非ゴールドカードの海外旅行保険は「利用付帯」が多いのですが、JCB EITは「自動付帯」です。その理由は、JCB EITがリボ払い専用カードだからです。

JCB EITはリボ払い専用カードなので、カードを受け取ってそのままで利用すると、高いリボ払い手数料(金利)を支払うことになってしまいます。

しかし、JCBの「支払い名人」というリボ払いは、初回支払い時の手数料が無料なので、カード受け取り後に毎月のリボ払いの金額をショッピング利用枠上限に限りなく近く設定することで、通常のカードの1回払いと同様に利用することができます。

このようにJCB EITは実質1回払いとしても利用できることから、海外旅行傷害保険の上乗せ分として保有する人も増えています。

JCB EITでは損保ジャパン日本興亜の「緊急アシスタンスサービス」を利用することができて、「医療費キャッシュレス診療」にも対応しています。

また、年間100万円までのショッピング保険も付帯します。

国際ブランドはJCBです。海外では利用できない場合があるので、このカードの他に海外旅行保険が充実したVISA・Mastercadを持っていると安心です。

JCBカードでは、海外9都市に「JCBプラザラウンジ」を開設しており、海外52都市に日本語で対応可能な「JCBプラザ」を開設しています。

現地の最新情報、空港・出入国の案内、ショッピング・免税店・ホテル・レストランなどの情報を入手できる他、レストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などの予約・手配を行うこともできます。

カードの申し込みはWEBから可能です。

JCB EITに関しては、次の記事で詳細に解説しています。

「JCB EIT」はJスタイリッシュなデザインのリボ払い専用カードです。年会費が永年無料であること、ポイントが他のJCBカードの2倍貯まること、充実した海外旅行傷害保険が自動付帯することから人気のクレジットカードです。

基本スペック

カードの名称 JCB EIT
発行会社 JCB
国際ブランド JCB
入会資格 18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。
年会費 初年度 年会費無料
翌年度以降 年会費無料
海外サポートデスク 海外52都市に開設

海外旅行傷害保険

本会員・家族会員
付帯条件 自動付帯
傷害死亡 最高2,000万円
傷害後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 100万円限度
疾病治療費用 100万円限度
賠償責任 2,000万円限度
携行品損害 20万円限度
救援者費用 100万円限度
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 3か月間

JCB EITの公式サイト・ご加入はこちら

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISAアミティエカードは女性向けデザインで海外旅行保険が自動付帯するプロパーカード

4番目に三井住友VISAアミティエカードを紹介する理由は、初年度年会費無料・翌年度以降条件付きで年会費無料で、三井住友カードのプロパーカードながら「使える」海外旅行傷害保険が付帯しているからです。

「傷害治療費用」の補償額は100万円「疾病治療費用」の補償額は100万円です。

この金額は、海外旅行傷害保険付帯の一般カードでは優秀な金額です。

「自動付帯」なのでカードを持っているだけで保険が適用されます。

三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス」を利用することができて、「医療費キャッシュレス診療」にも対応しています。

また、年間100万円までのショッピング保険も付いています。

三井住友VISAアミティエカードは、三井住友カードが発行するプロパーカードなので、海外でのセキュリティ対策・サポート体制も万全です。

海外56都市に日本語で対応可能な「VJデスク」も開設しています。

三井住友VISAアミティエカードは3枚まで家族カードが発行可能です。1枚目の年会費は無料ですが2枚目以降は有料になります。

国際ブランドはVISA・Mastercardです。国内外でほとんど問題なく利用できます。

カードの申し込みはWEBから可能です。

三井住友VISAアミティエカードに関しては、次の記事で詳細に解説しています。

三井住友VISAアミティエカード」は三井住友カードが発行するプロパーカードです。デザインが可愛らしく女性向ですが、「使える」海外旅行保険が自動付帯するので、海外旅行保険の上乗せ分として保有するだけでも価値があるカードです。 

基本スペック

カードの名称 三井住友VISAアミティエカード
発行会社 三井住友カード
国際ブランド VISA・Mastercard
入会資格 満18歳以上(高校生不可、未成年者は親権者の同意が必要)
年会費 初年度 年会費無料
翌年度以降 条件付き無料
海外サポートデスク 海外56都市に開設

海外旅行保険

本会員・家族会員
付帯条件 自動付帯
傷害死亡 自動付帯:300万円
利用付帯:1,700万円
傷害後遺障害 自動付帯:最高300万円
利用付帯:最高1,700万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,500万円
携行品損害 20万円
救援者費用 150万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 3か月間

三井住友VISAアミティエカード公式サイト・ご入会はこちら

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカードAは海外旅行保険が自動付帯するプロパーカード

最後に三井住友VISAクラシックカードAをご紹介する理由は、三井住友VISAアミティエカードのデザインが女性向けで、男性が持つには少々恥ずかしいからです。

実は三井住友VISAクラシックカードAも、年会費は初年度無料・翌年度以降は条件付き無料で、海外旅行傷害保険の内容もアミティエカードと同じです。

「傷害治療費用」の補償額は100万円「疾病治療費用」の補償額は100万円です。

この金額は、海外旅行傷害保険付帯の一般カードでは優秀な金額です。

「自動付帯」なのでカードを持っているだけで保険が適用されます。

三井住友海上の「緊急アシスタンスサービス」を利用することができて、「医療費キャッシュレス診療」にも対応しています。

また、年間100万円までのショッピング保険も付いています。

三井住友VISAクラシックカードAは、三井住友カードが発行するプロパーカードなので、海外でのセキュリティ対策・サポート体制も万全です。

海外56都市に日本語で対応可能な「VJデスク」も開設しています。

三井住友VISAクラシックカードAは3枚まで家族カードが発行可能です。1枚目の年会費は無料ですが2枚目以降は有料になります。

国際ブランドはVISA・Mastercardです。国内外でほとんど問題なく利用できます。

男性の人にはアミティエカードでなく、三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

カードの申し込みはWEBから可能です。

三井住友カードクラシックAに関しては、次の記事で詳細に解説しています。

「三井住友VISAクラシックカードA」は三井住友カードのプロパーカードです。ビジネスシーンやプライベートなどどこで利用しても恥ずかしくないステータス性が高いカードです。利用価値が高い海外旅行傷害保険が付帯するので、海外旅行保険の上乗せ分として保有するだけでも価値があります。

基本スペック

カードの名称 三井住友VISAクラシックカードA
発行会社 三井住友カード
国際ブランド VISA・Mastercard
入会資格 満18歳以上(高校生不可、未成年者は親権者の同意が必要)
年会費 初年度 年会費無料
翌年度以降 条件付き無料
海外サポートデスク 海外56都市に開設

海外旅行保険

本会員・家族会員
付帯条件 自動付帯
傷害死亡 自動付帯:300万円
利用付帯:1,700万円
傷害後遺障害 自動付帯:最高300万円
利用付帯:最高1,700万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,500万円
携行品損害 20万円
救援者費用 150万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 3か月間

三井住友VISAクラシックカードA公式サイト・ご入会はこちら

5つのチェックポイントの評価

今回ご紹介した5種類のクレジットカードは、全て5つのチェックポイントを満たしているように思えるのですが、1つだけ不安な部分があります。

それは、「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償金額です。

その理由についてご説明したいと思います。

「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償金額は複数のクレジットカードで準備しましょう

今回ご紹介したクレジットカードの「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償金額は100万円~270万円と、年会費無料のクレジットカードの中では手厚い補償が準備されています。

しかし、実は海外の医療費は驚くほど高額になるので、この金額では全く足りないのです。

日本と海外では医療事情が異なるため、ちょっとした治療・手術・入院でも高額な医療費を請求される場合が多くなります。

日本損害保険協会ホームページの「損害保険Q&A」に、盲腸(虫垂炎)手術・入院の都市別総費用が掲載されていたのでご紹介します。

この資料によると、ハワイのホノルルでは約256万円、アメリカのロサンゼルスでは約162万円~217万円かかるそうです。

日本損害保険協会ホームページ「損害保険Q&A」はこちら

日本の病院で盲腸(虫垂炎)の手術をして約1週間入院すると医療費は約40万円、保険適用後の負担は3割なので約12万円の出費で済みます。

日本の場合と比較すると、海外の医療費はかなり高額であることがわかると思います。

【盲腸(虫垂炎)手術・入院の都市別総費用】

都市名 総費用 入院日数
ホノルル アメリカ 256万円 2日
ロサンゼルス アメリカ 162万円~217万円 2日
バンクーバー カナダ 111万円~178万円 2日
ロンドン イギリス 130万円~174万円 2日~3日
ウィーン オーストリア 127万円 3日~4日
ローマ イタリア 122万円 4日
アテネ ギリシア 114万円 3日~4日
ゴールドコースト オーストラリア 102万円 2日~3日
マドリード スペイン 101万円 5日~7日
パース オーストラリア 40万円~100万円 3日~4日
パリ フランス 83万円~88万円 3日
メキシコシティ メキシコ 76万円~87万円 5日~6日

だたし、損害保険会社などのデータを見ても旅行するエリアによって医療費に差があり、年齢などによっても病気になる危険性は変わってきます。

保険金額がいくらあれば十分なのかは悩ましい問題ではありますが、万一のことを考えると若年層でも最低で400万円~500万円、シニア層であれば1,000万円以上の準備をした方が良さそうです。

クレジットカード海外旅行傷害保険の「傷害治療費用」「疾病治療費用」補償金額は合算される

クレジットカード海外旅行傷害保険の補償金額には、他のクレジットカード海外旅行傷害保険の保障金額と合算できる項目があります。

(傷害)死亡・後遺障害保険金に関してはクレジットカードに付帯する最も高い保険金額を上限として支払われるので、他のクレジットカードの保険金額と合算することはできません。

一方、(傷害)死亡・後遺障害保険金以外の項目に関しては、クレジットカード海外旅行傷害保険の補償金額を合算した金額を上限として支払いが行われます。

このことは、日本損害保険協会ホームページの「損害保険Q&A」にも書いてあります。

日本損害保険協会ホームページの「損害保険Q&A」はこちら

つまり、(傷害)死亡・後遺障害保険金以外の項目に関しては、手数料無料の海外旅行傷害保険付きクレジットカードを複数枚持っている場合には、その保険だけでもある程度の保障金額を確保することができるということです。

シニア層は高額な費用が必要な場合もある

ジェイアイ傷害火災保険のデータによると、2016年度の「治療・救援費用」の保険金支払いが300万円超の高額医療事故は70件発生しているそうです。

ジェイアイ傷害火災保険のデータ

この件数は2010年度の36件から毎年増加しており、いずれの年も300万円超の高額医療事故を世代別で見ると65歳以上のシニア層が約半数を占めています。

2016年度の「治療・救援費用」全体の件数がわからないので何とも言えないのですが、65歳以上のシニア層の人が海外旅行に行く場合には、「傷害治療費用」「疾病治療費用」が1000万円以上や無制限の海外旅行保険に加入しておいたほうが安心かもしれませんね。

手数料無料カード5つのチェックポイント比較

最後に「エポスカード」「ジャックス横浜インビテーションカード」「JCB EIT」「三井住友VISAアミティエカード」「三井住友VISAクラシックカードA」の主要項目と5つのチェックポイントの比較をしてみます。

カードの種類 エポスカード ジャックス横浜
インビテーションカード
JCB EIT 三井住友VISA
アミティエカード
三井住友VISA
クラシックカードA
ブランド VISA Mastercard JCB VISA・Mastercard VISA・Mastercard
本会員年会費 年会費無料 年会費無料 年会費無料 初年度無料
翌年度以降
条件付無料
初年度無料
翌年度以降
条件付無料
家族会員年会費 年会費無料 年会費無料 初年度無料
翌年度以降594円(税込)
初年度無料
翌年度以降594円(税込)
付帯条件 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯
傷害死亡 500万円 2,000万円 最高2,000万円 自動付帯
:300万円
利用付帯
:1,700万円
自動付帯
:300万円
利用付帯
:1,700万円
傷害後遺障害 最高500万円 80万円~
2,000万円
最高2,000万円 自動付帯:最高300万円
利用付帯:最高1,700万円
自動付帯:最高300万円
利用付帯:最高1,700万円
傷害治療費用 200万円限度 200万円限度 100万円限度 100万円限度 100万円限度
疾病治療費用 270万円限度 200万円限度 100万円限度 100万円限度 100万円限度
賠償責任 2,000万円限度 2,000万円限度 2,000万円限度 2,500万円限度 2,500万円限度
携行品損害 20万円限度 20万円限度 20万円限度 20万円限度 20万円限度
救援者費用 100万円限度 200万円限度 100万円限度 150万円限度 150万円限度
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
家族特約
補償期間 90日間 90日間 3か月間 3か月間 3か月間
ショッピング保険 年間100万円限度 年間100万円限度 年間100万円限度 年間100万円限度
海外サポートデスク 38都市 38都市 52都市 56都市 56都市

※上の表はスマホではスライドします。

5種類のカードともに、年会費無料ですが海外旅行におすすめの優れたクレジットカードであることがわかると思います。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回は海外旅行傷害保険の内容にこだわって、海外旅行におおすすめできる手数料無料のクレジットカードを5種類ご紹介しました。

特に、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられることは外せないポイントです。

また、「海外サポートデスクのサービス」が付いているのも安心ですよね。

ある意味、年会費が無料でこれだけのサービスが付帯していることは凄いことなのだと思います。

ただし、どのカードも1枚だけでは「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額は不足するので、複数枚のクレジットカードを準備することをおすすめします。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。



この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!