オークランドの「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」に行きました!

2017年6月に妻と二人でニュージーランド旅行に出かけました。

ニュージーランド最大の都市オークランドで、滞在2日目に夕食を食べたのが「スカイタワー」近くにある「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」です。

ネット上での評判も良く、私たちが宿泊したホテルからも近かったので利用してみることにしました。

オークランドの中心部にあり、日本のガイドブックで紹介されているレストランなので、利用してみようと思っている人も多いかもしれません。

そこで、今回の記事ではこれから利用する人の参考となるように、ニュージーランドのオークランド中心部にある「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」

「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」の場所

「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」はオークランドの中心を南北に走るクイーン・ストリートから約30m東に入った場所にあります。

今回の旅行で私たちが宿泊した「クラウンプラザ・オークランド」からは徒歩5分の近さでした。

【店舗情報】
The Occidental Belgian Beer Cafe
住所:6 Vulcan Lane, Auckland, Auckland city 1010
電話:09-300-6226
営業時間:7:30~深夜(土日は9:00~深夜)
お店の公式HPはこちら

「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」の様子

私たちがお店に行ったのは日曜日の午後8時ごろだったのですが、店内は満席のようでお店の外で待っている人もいました。

下の写真は入口から見た店内の様子です。正面にカウンターがあって右側には椅子席が並んでいました。

他のお店に行こうかとも思ったのですが、お腹も空いていたので受付で2人だと言うと、入り口の前の柱の横の2人席を指さされて”ここで良いか”と言われたので、とりあえずその席へ座りました。

下の写真は、座った席から見た店内の様子です。正面では団体さんが盛り上がっていました。

左の写真は、柱の左側の奥です。調理場とテーブル席がありました。

この店は、ガイドブックに「ムール貝の白ワイン蒸し」が美味しいと書かれていたのですが、昨日ムール貝は食べたので、この日は別の料理をオーダーすることにしました。

ところが、この日のホールには店員さんが3人しかいないようで、なかなかオーダーをとってもらえません。

このお店はいくつものガイドブックに紹介されているからでしょうか、その間にも次々とお客さんがやって来ます。

案内係の人はどんどんお客さんを空いている席に案内しているので、店内はオーダーを待っている人ばかりの状態です。

店員さんに声をかけても”待ってください”と言われてしまします。

やっとオーダーを取ってもらえて、ピノ・ノワールのグラスワイン(11ドル)とコーラ(5.8ドル)が来ました。

しばらく待つと、「フィッシュ&チップス」(24ドル)が到着。

さらにしばらく待つと、「フラマン風シチュウ」(22ドル)が到着。なんか冷めてました。

この頃になると、それまで忙しく働いていた店員さんもお店の奥に行って戻ってこなくなってしまいました。

結局最初にオーダーしたサラダは出てこなかったので、何とか案内係さんをつかまえてオーダーをキャンセル。

やっとのことで会計を済ませてお店を後にしました。

日曜日の夜だったからでしょうか、ホールスタッフの人数があまりにも少なくて、忙しく働いている店員さんが可哀そうな位でした。

この日もオーダーしたのは4品で62.8ドル(約5,020円)かかりました。正直に言うとコストパフォーマンスは良くありませんでした。

とても料理を楽しめるような雰囲気では無かったことも残念でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!