成田・羽田ージャカルタ路線 ビジネスクラスはどのエアラインを選ぶか?

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

成田・羽田からジャカルタまでの搭乗時間は約7時間半。

現在、成田発着便は毎日3往復、羽田発着便は毎日3往復が運航されていて、ジャカルタ発では半数のフライトが夜行便になります。

そんなこともあり、ジャカルタから東京へ向かう機内では、ビジネスクラスのフルフラットシートでゆっくりと寛ぎたいと考えている人が多いのではないでしょうか。

成田・羽田とジャカルタを結ぶエアラインは全てフルサービスキャリアですが、ビジネスクラスには全てフルフラットシートが装着されているわけではありません。

そこで今回の記事では、成田・羽田とジャカルタを結ぶエアラインのビジネスクラスについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

成田-ジャカルタ路線は2社が運航中

成田ージャカルタ路線には、現在エアライン2社が直行便を運航しています。

運航しているエアラインは、日本航空、全日空です。

成田-ジャカルタ路線の時刻表

成田⇒ジャカルタ

JL725便 10:55発⇒16:55着(B787-9:SS9)
JL729便 17:45発⇒23:55着(B787-8:SS8)
NH835便 17:55発⇒23:55着(B787-8)

ジャカルタ⇒成田

NH836便 06:25発⇒15:45着(B787-8)
JL720便 06:45発⇒16:05着(B787-8:SS8)
JL726便 21:25発⇒06:45着(B787-9:SS9)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
NH-全日空
※時刻表は2018年11月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

羽田-ジャカルタ路線は2社が運航中

羽田ージャカルタ路線には現在エアライン2社が直行便を運航しています。

運航しているエアラインは、全日空とガルーダインドネシア航空です。

羽田-ジャカルタ路線の時刻表

羽田⇒ジャカルタ

NH871便 00:05発⇒06:00着(B787-8)
NH855便 10:20発⇒16:15着(B787-9)
GA875便 11:45発⇒17:15着(B777-300ER)

ジャカルタ⇒羽田

NH872便 07:25発⇒16:30着(B787-8)
NH856便 21:45発⇒06:50着(B787-9)
GA874便 23:50発⇒08:50着(B777-300ER)

※便名の頭の記号
NH-全日空
GA-ガルーダインドネシア航空
※時刻表は2018年11月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

日本航空 成田-ジャカルタ線ビジネスクラス

日本航空が成田-ジャカルタ路線で使用している機材は、B787-8(SS8)型機とB787-9(SS9)型機です。

日本航空 B787-8型機(SS8)

JAL-787-8

(日本航空のwebサイトより)

日本航空が成田・ジャカルタ線のJL729便・JL726便で使用している機材はB787-8型機(SS8)です。

日本航空のB787-8型機(SS8)は次の3クラスで運航されていて、座席数は合計で161席です。

  • ビジネスクラス:38席
  • プレミアムエコノミークラス:35席
  • エコノミークラス88席

日本航空 B787-8型機のシートマップ

JAL_B787-8型機のシートマップ

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「JAL SKY SUITE」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

JAL SKY SUITE

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

シートには23インチの大型個人用モニターが設置されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

工夫を凝らした贅沢な機内食(和食・2種類の洋食から選択)と高級ワインも楽しむことができます。

JALのビジネスクラスシートについては次の記事でも詳しくご紹介しています。

JALビジネスクラス「フルフラットシート」の評判が良いようです。 JAL国際線のビジネスクラスにフルフラットシートが導入された...

日本航空 B787-9(SS9)型機

JAL-787-9型機

(日本航空のwebサイトより)

日本航空が成田・ジャカルタ線のJL725便・JL726便で使用している機材はB787-9(SS9)型機です。

B787-9型機はB787-8型機の派生型機種で、B787-8型機よりも胴体が約6m長くなっています。

日本航空のB787-9(SS9)型機は次の3クラスで運航されていて、座席数は合計で195席です。

  • ビジネスクラス:44席
  • プレミアムエコノミークラス:35席
  • エコノミークラス116席

日本航空 B787-9型機のシートマップ

JAL_B787-9型機シートマップ

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「JAL SKY SUITE」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

JAL SKY SUITE

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

シートには23インチの大型個人用モニターが設置されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

工夫を凝らした贅沢な機内食(和食・2種類の洋食から選択)と高級ワインも楽しむことができます。

JALのビジネスクラスシートについては、次の記事でも詳しくご紹介しています。

JALビジネスクラス「フルフラットシート」の評判が良いようです。 JAL国際線のビジネスクラスにフルフラットシートが導入された...

成田空港の「サクララウンジ」が利用可能

(日本航空のwebサイトより)

日本航空の成田ージャカルタ線のビジネスクラスの乗客は、成田空港とジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:サクララウンジ
  • スカルノ・ハッタ国際空港:J.A.S PREMIER LOUNGE
  • スカルノ・ハッタ国際空港:PURA INDAH LOUNGE

サクララウンジは、日本航空が運営するラウンジです。日本航空のビジネスクラスの乗客は、サクララウンジを利用することができます。

スカルノ・ハッタ国際空港のJ.A.S PREMIER LOUNGEは、複数のエアラインの乗客が利用する共同ラウンジです。日本航空のビジネスクラスの乗客はJ.A.S PREMIER LOUNGEを利用することができます。

スカルノ・ハッタ国際空港のPURA INDAH LOUNGEは、複数のエアラインの乗客が利用する共同ラウンジです。日本航空のビジネスクラスの乗客はPURA INDAH LOUNGEを利用することができます。

JAL国際線航空券予約はこちら⇒JAL国際線公式サイト

全日空 成田・羽田-ジャカルタ線のビジネスクラス

全日空が成田・羽田-ジャカルタ路線で使用している機材は、B787-8型機(240席仕様機)とB787-9型機(215席仕様機)です。

全日空 B787-8型機(240席仕様機)

ANA-787-8

(全日空のwebサイトより)

B787-8型機(240席仕様機)は、ANAが国際線の中距離路線で使用する中型機です。

ジャカルタ路線では、成田・ジャカルタ線のNH835便・NH836便、羽田・ジャカルタ線のNH871便・NH872便に使用されています。

全日空のB787-8型機(240席仕様機)は次の2クラスで運航されていて、合計の座席数は240席です。

  • ビジネスクラス:42席
  • エコノミークラス198席

全日空 B787-8型機(240席仕様機)のシートマップ

ビジネスクラス

(全日空のwebサイトより)

ビジネスクラスには「ANA BUSINESS CRADLE」というシェル型のリクライニングシートが装着されています。

このシートはシェル型なので、前席のシートがリクライニングしても背もたれは倒れてきません。

座席には12.1インチの大型個人用モニターが設置されていて、映画・ビデオ・音楽・ゲームを楽しむことができます。

有名シェフによるオリジナルメニューの機内食(和食・2種類の洋食から選択)と高級ワインも楽しむことができます。

全日空 B787-9型機(215席仕様機)

ANA-787-9

(全日空のwebサイトより)

B787-9型機は、ANAが国際線中・長距離路線で使用する最新鋭中型機です。

ジャカルタ路線では、羽田・ジャカルタ線のNH855便・NH856便で使用されています。

全日空のB787-9型機(215席仕様機)は次の3クラスで運航されていて、座席数は合計で215席です。

  • ビジネスクラス:48席
  • プレミアムエコノミークラス:21席
  • エコノミークラス146席

全日空 B787-9型機(215席仕様機)のシートマップ

ANA_787-9 シートマップ

ビジネスクラス

(全日空のwebサイトより)

ビジネスクラスには「ANA BUSINESS STAGGERED」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

座席には18インチの大型個人用モニターが設置されていて、映画・ビデオ・音楽・ゲームを楽しむことができます。

有名シェフによるオリジナルメニューの機内食(和食・2種類の洋食から選択)と高級ワインも楽しむことができます。

ANAのビジネスクラスシートに関しては、次の記事でも詳しく紹介しています。

(ANAウェブサイトより) ANA国際線ビジネスクラスにフルフラットシートの「ANA BUSINESS STAGGERED」(...

成田空港・羽田空港では「ANAラウンジ」が利用可能

(全日空のwebサイトより)

全日空の成田・羽田ージャカルタ線のビジネスクラスの乗客は、成田空港・羽田空港・スカルノ・ハッタ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:ANAラウンジ
  • 羽田空港:ANAラウンジ
  • スカルノ・ハッタ国際空港:プレミアラウンジ

ANAラウンジは、全日空が運営するラウンジです。全日空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、ANAラウンジを利用することができます。

スカルノ・ハッタ国際空港のプレミアラウンジは、複数のエアラインの乗客が利用する共同ラウンジです。全日空のビジネスクラスの乗客はプレミアラウンジを利用することができます。

※ANAのダイナミックパッケージ(海外航空券+ホテル)「旅作」は海外旅行保険付き!

【ANA】海外航空券+ホテル「旅作」

ガルーダインドネシア航空 羽田-ジャカルタ線のビジネスクラス

ガルーダインドネシア航空が羽田-ジャカルタ路線で使用している機材は、B777-300ER型機です。

ガルーダインドネシア航空 B777-300ER型機

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

B777-300ER型機は、ガルーダインドネシア航空が長距離路線で使用している大型機です。

ガルーダインドネシア航空のB777-300ER型機には、「3クラス構成・314席」と「2クラス構成・393席」の2タイプがあります。

【3クラス構成・314席】

  • ファーストクラス:8席
  • ビジネスクラス:38席
  • エコノミークラス268席

【クラス構成・393席】

  • ビジネスクラス:26席
  • エコノミークラス367席

ガルーダインドネシア航空 B777-300ER型機のシートマップ

ビジネスクラス

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、ベッドとしても使えるフルフラットシートが装着されています。

B777-300ER型機のフルフラットシートはスタッガードタイプと呼ばれるジグザグ配置で、全てのシートから直接通路に出ることができます。

全席にオンデマンド方式の個人用モニターが設置されています。wi-fiの利用は有料になります。

機内食は、洋食・和食・インドネシア料理から選ぶことができます。到着前には軽食もサービスされます。

羽田・ジャカルタではラウンジが利用可能

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

ガルーダインドネシア航空の羽田ージャカルタ線のビジネスクラスの乗客は、羽田空港・スカルノ・ハッタ国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 羽田空港:TIATラウンジアネックス
  • スカルノ・ハッタ国際空港:ガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジ

羽田空港のTIATラウンジアネックスは、複数のエアラインの乗客が利用する共同ラウンジです。ガルーダインドネシア航空のビジネスクラスの乗客は、TIATラウンジアネックスを利用することができます。

スカルノ・ハッタ国際空港のガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジは、ガルーダインドネシア航空が運営するラウンジです。ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスの乗客は、ガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジを利用することができます。

※ガルーダインドネシア航空の航空券購入は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

3社のサービス水準と安全性に関する評価

日本航空、全日空、ガルーダインドネシア航空のサービス水準と安全性に関する評価は次のとおりです。

サービス水準に関する評価

日本航空・全日空・ガルーダインドネシア航空のサービスは世界的に高い評価を得ています。

3社ともに、英国スカイトラックス社の格付けにおいて、世界で11社しかない5つ星の認定を受けています。

2018エアラインランキング 2018エイビーロード調査 スカイトラックス社格付け
日本航空 13位 2位 ★★★★★
全日空 3位 1位 ★★★★★
ガルーダインドネシア航空 9位 15位 ★★★★★

安全性に関する評価

日本航空・全日空の2社は、安全性に関して豪エアラインレイティングス社がら最高ランクの格付けを受けています。

一方、ガルーダインドネシア航空は厳しい評価を受けています。

エアラインレイティングス社格付け  「JACDEC」による安全性ランキング
日本航空 ★★★★★★★ 10位
全日空 ★★★★★★★ 11位
ガルーダインドネシア航空 ★★★★★☆☆ 58位

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

現在、東京ージャカルタ線は、日本航空・全日空・ガルーダインドネシア航空の3社が運航しています。

3社ともに、ジャカルタ発の夜行便のビジネスクラスは全てフルフラットシートなので、横になって快適に過ごせそうです。

ご夫婦で旅行される場合には、サービスに関する評価が高い日本航空・全日空が安心して利用できると思います。

みなさんはどのエアラインでジャカルタに行きたいですか?

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

※ジャカルタ行き航空券の予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

楽天トラベルで海外航空券を予約すると楽天スーパーポイントが貯まります!
楽天トラベル海外航空券はこちら

※年会費が無料なのに「使える」海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを記事にまとめました。
少しでも旅行費用を節約したい人は、ぜひ参考にしてみてください!

年会費が無料なのに、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられる充実した海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを3種類ご紹介しています。

※世界中の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」の会員になれるクレジットカードはこちらの記事で紹介しています。

クレジットカードの会員になると全世界120ヶ国・400以上の都市で900か所以上の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティパス」に無料で入会できるクレジットカードをご紹介しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!