ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラスをご紹介!

日本でも人気が高い東南アジアの高級リゾート地バリ島へは、成田と関空から毎日ガルーダインドネシア航空が直行便を運航しています。

また、インドネシアの首都ジャカルタにも、羽田と関空からガルーダインドネシア航空が直行便を運航しています。

日本からバリ島のデンパサールとジャカルタまでは直行便でも約7時間半かかるので、ビジネスクラスの利用を考えている人も多いかと思います。

そこで今回は、今後ガルーダインドネシア航空の利用を考えている人の参考となるように、ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスのシートとサービスについてご紹介します。

スポンサーリンク

ガルーダ・インドネシア航空が日本路線で使用している機材

現在ガルーダ・インドネシア航空は、成田・羽田・関西の各空港に乗り入れています。

ガルーダ・インドネシア航空がそれぞれの路線で使用している機材は次のとおりです。

  • 成田ーデンパサール線:B777-300ER型機
  • 羽田ージャカルタ線:B777-300ER型機
  • 関西ージャカルタ線:A330-300型機
  • 関西ーデンパサール線:A330-300型機

ガルーダ・インドネシア航空のビジネスクラス

ガルーダインドネシア航空 B777-300ER型機

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

B777-300ER型機は、ガルーダインドネシア航空が中・長距離路線で使用している大型機です。

日本路線では、成田ーデンパサール線、羽田ージャカルタ線で使われています。

ガルーダインドネシア航空のB777-300ER型機には、「3クラス構成・314席」と「2クラス構成・393席」の2タイプがあります。

日本路線では、日によっていずれかのタイプの機材が使用されています。

【3クラス構成・314席】

  • ファーストクラス:8席
  • ビジネスクラス:38席
  • エコノミークラス268席

【2クラス構成・393席】

  • ビジネスクラス:26席
  • エコノミークラス367席

ガルーダインドネシア航空 B777-300ER型機のシートマップ

B777-300ER型機のビジネスクラス

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、ベッドとしても使えるフルフラットシートが装着されています。

B777-300ER型機のフルフラットシートはスタッガードタイプと呼ばれるジグザグ配置で、全てのシートから直接通路に出ることができます。

全席にオンデマンド方式の個人用モニターが設置されています。wi-fiの利用は有料になります。

機内食は、洋食・和食・インドネシア料理から選ぶことができます。到着前には軽食もサービスされます。

ガルーダインドネシア航空 A330-300型機

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

A330-300型機は、ガルーダインドネシア航空が中・長距離路線で使用している中型機です。

日本路線では、関西ージャカルタ線、関西-デンパサール線で使われています。

ガルーダインドネシア航空のA330-300型機には、「ビジネス36席・エコノミー215席」と「ビジネス24席・エコノミー263席」の2タイプがあります。

日本路線では、日によっていずれかのタイプの機材が使用されています。

【ビジネス36席・エコノミー215席】

  • ビジネスクラス:36席
  • エコノミークラス215席

【ビジネス24席・エコノミー263席】

  • ビジネスクラス:24席
  • エコノミークラス263席

ガルーダインドネシア航空 A330-300型機のシートマップ

A330-300型機【ビジネス36席・エコノミー215席】タイプのビジネスクラス

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

「2-2-2」に配列されたビジネスクラスには、ベッドとしても使えるフルフラットシートが装着されています。

各列に2席ずつ配置されているので、隣席の人とコミュニケーションがとりやすいタイプのシートです。

全席にオンデマンド方式の個人用モニターが設置されています。wi-fiの利用は有料になります。

機内食は、洋食・和食・インドネシア料理から選ぶことができます。到着前には軽食もサービスされます。

A330-300型機【ビジネス24席・エコノミー263席】タイプのビジネスクラス

(ガルーダインドネシア航空プレスリリースより)

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、「スーパー・ダイヤモンド・シート」というフルフラットシートが装着されています。

このシートは、窓際の席がやや外向き、中央列の席がやや内向きに配置された「リバースヘリンボーン型」と呼ばれるフルフラットシートで、全ての座席から直接通路に出ることができます。

全席にオンデマンド方式の個人用モニターが設置されていますが、wi-fiの利用は有料になります。

機内食は、洋食・和食・インドネシア料理から選ぶことができます。到着前には軽食もサービスされます。

成田・羽田・ジャカルタではラウンジが利用可能

(ガルーダインドネシア航空webサイトより)

ガルーダインドネシア航空のビジネスクラスの乗客は、成田空港・羽田空港・関西国際空港・スカルノ・ハッタ国際空港・デンパサール国際空港で次のラウンジが利用できます。

  • 成田空港:デルタスカイクラブ
  • 羽田空港:TIATラウンジアネックス
  • 関西国際空港:JALサクララウンジ
  • スカルノ・ハッタ国際空港:ガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジ
  • デンパサール国際空港:ガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジ

成田空港のデルタスカイクラブは、デルタ航空が運営するラウンジです。成田空港からガルーダインドネシア航空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、デルタスカイクラブを利用することができます。

羽田空港のTIATラウンジアネックスは、複数のエアラインの乗客が利用する共同ラウンジです。羽田空港からガルーダインドネシア航空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、TIATラウンジアネックスを利用することができます。

関西国際空港のJALサクララウンジは、日本航空が運営するラウンジです。関西国際空港からガルーダインドネシア航空のビジネスクラスに搭乗する乗客は、JALサクララウンジを利用することができます。

スカルノ・ハッタ国際空港・デンパサール国際空港のガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジは、ガルーダインドネシア航空が運営するラウンジです。スカルノ・ハッタ国際空港・デンパサール国際空港からガルーダインドネシア航空ビジネスクラスに搭乗する乗客は、ガルーダインドネシア・ビジネスクラスラウンジを利用することができます。

ガルーダ・インドネシア航空の就航路線

現在、ガルーダ・インドネシア航空は日本の5つの空港から次の路線に就航しています

  • 成田空港:デンパサール
  • 羽田空港:ジャカルタ
  • 関西国際空港:ジャカルタ・デンパサール

ガルーダ・インドネシア航空 成田空港発着便の時刻表

成田ーデンパサール線

成田⇒デンパサール

GA881便 11:00発⇒17:40着(B777-300ER)

デンパサール⇒成田

GA880便 00:45発⇒08:40着(B777-300ER)

※時刻表は2018年11月分です。
※便名の頭の記号 GA-ガルーダ・インドネシア航空
※( )内は運航機材
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。

ガルーダ・インドネシア航空 羽田空港発着便の時刻表

羽田ージャカルタ線

羽田⇒ジャカルタ

GA875便 11:45発⇒17:30着(B777-300ER)

ジャカルタ⇒羽田

GA874便 23:50発⇒8:50着(B777-300ER)

※時刻表は2018年11月分です。
※便名の頭の記号 GA-ガルーダ・インドネシア航空
※( )内は運航機材
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。

ガルーダ・インドネシア航空 関西国際空港発着便の時刻表

関西ージャカルタ線

関西⇒ジャカルタ

GA889便 12:00発⇒17:05着(A330-300:週3便)

ジャカルタ⇒関西

GA888便 23:20発⇒08:15着(A330-300:週3便)

関西ーデンパサール線

関西⇒デンパサール

GA883便 11:00発⇒17:20着(A330-300)

デンパサール⇒関西

GA882便 00:40発⇒08:30着(A330-300)

※時刻表は2018年11月分です。
※便名の頭の記号 GA-ガルーダ・インドネシア航空
※( )内は運航機材
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。

ガルーダインドネシア航空のサービス水準・安全性はどうか

ガルーダインドネシア航空のサービス水準は、世界的に高い評価を受けています。

英国スカイトラックス社によるサービス水準の格付けでは、世界で11社しかいない5つ星の評価を受けています。

一方で、安全性に関しては厳しい評価を受けています。

顧客満足度調査のランキング

  • 2018年エアラインランキング:第9位(2017年:第10位)
    ※英国スカイトラックス社による顧客満足度調査
    ※詳細は、こちらの記事をご参照下さい。
  • 2018年エイビーロード顧客満足度調査:第15位(2017年:第23位)
    ※調査対象は日本に乗り入れているエアライン40社
    ※詳細は、こちらの記事をご参照下さい。

エアラインの機材・装備・サービスに対する格付け

  • 英国スカイトラックス社による格付け:5つ星「★★★★★」
    ※最高評価は5つ星、最低評価は1つ星
    ※詳細は、こちらの記事をご参照下さい。

安全性に対する各付け・ランキング

  • エアラインレイティングス社による安全性格付け:5つ星「★★★★★☆☆」
    ※最高評価は7つ星、最低評価は1つ星
    ※詳細は、こちらの記事をご参照下さい。
  • 独「JACDEC」による安全性ランキング:第58位
    ※独「JACDEC」の安全指数のランキング
    ※詳細は、こちらの記事をご参照下さい。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

日本からバリ島まで行く場合には、ガルーダインドネシア航空の直行便利用が便利です。

ビジネスクラスのシートはフルフラットシートで、サービス水準についても世界的に高い評価を得ています。

実際に利用した人の評判や口コミを見てみても、サービス内容は悪くないようです。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

※ガルーダインドネシア航空の航空券予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

楽天トラベルで海外航空券を予約すると楽天スーパーポイントが貯まります!
楽天トラベル海外航空券はこちら

※年会費が無料なのに「使える」海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを記事にまとめました。
少しでも旅行費用を節約したい人は、ぜひ参考にしてみてください!

年会費が無料なのに、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられる充実した海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを3種類ご紹介しています。

※世界中の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」の会員になれるクレジットカードはこちらの記事で紹介しています。

クレジットカードの会員になると全世界120ヶ国・400以上の都市で900か所以上の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティパス」に無料で入会できるクレジットカードをご紹介しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!