バリ島にJALとANAを利用して行く方法をご紹介します

バリ島は日本でも人気の高級リゾート地。

成田からバリ島のデンパサールまではガルーダインドネシア航空の直行便が運航しているので、約7時間半でバリ島に到着することができます。

しかし、JAL・ANAのマイレージ会員をはじめとして、いろいろな理由でJALかANAを利用してバリ島に行きたいというは多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、JALとANAを利用してバリ島に行く方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

JAL・ANAともにジャカルタ乗換えで行けます!

JALは成田発着のジャカルタ乗換え!

JALでは現在成田・ジャカルタ線を1日に2往復運航しています。

この2往復のうち、当日中にジャカルタ乗換えでバリ島に到着できるのは、午前発のJL725便です。帰りはジャカルタを夜出発するJL726便になります。

JALの機材は往復ともに新しい「SKY SUITE」仕様のB787-9型機。

ビジネスクラスはベッドとしても使えるフルフラットシート。エコノミークラスも「新・間隔シート」で幅が広い「SKY WIDER Ⅱ」です。

《JAL便の乗り継ぎ例》

【行きのフライト】
成田⇒ジャカルタ
JL725便 10:50発⇒16:35着(B787-9)
ジャカルタ⇒デンパサール
GA412便 20:00発⇒22:55着(B777-300、A330-300)

【帰りのフライト】
デンパサール⇒ジャカルタ
GA417 18:35発⇒19:50着(A330-300)
ジャカルタ⇒成田
JL726便 21:55発⇒7:25着(B787-9)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
GA-ガルーダインドネシア航空
※時刻表は2017年6月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

ANAは羽田発着のジャカルタ乗換え!

ANAでは現在羽田・ジャカルタ線を1日に1往復運航しています。

行きは昼間の時間に飛ぶのですが、帰りは夜行便になります。

ANAの機材は往復ともに最新のB787-9型機。

通路が2本あるワイドボディー機でビジネスクラスはフルフラットシート。エコノミークラスのシートピッチは34インチ(約86cm)とクラス最大級の広さです。

羽田発着なので便利ですね。

《ANA便の乗り継ぎ例》

【行きのフライト】
羽田⇒ジャカルタ
NH855便 10:15発⇒15:55着(B787-9)
ジャカルタ⇒デンパサール
NH5511便 18:30発⇒21:30(A330-300)

【帰りのフライト】
デンパサール⇒ジャカルタ
NH5543 18:35発⇒19:50着(A330-300)
ジャカルタ⇒羽田
NH856便 21:25発⇒06:50着(B787-9)

※便名の頭の記号
NH-全日空
ジャカルタ・デンパサール間は全日空とガルーダインドネシア航空のコードシェア便(機材と乗務員はガルーダインドネシア航空)
※時刻表は2017年6月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

JAL・ANAともにデンパサール行きの正規割引運賃(PEX運賃)があります

気になるのは、JALとANAを利用しジャカルタ経由でデンパサールまで行く運賃。

これに関しては、JAL・ANAともに東京ーデンパサール間の正規割引航空券(PEX航空券)を販売しているので心配ありません。

JALの「Saver」は、出発日や利用条件に応じて80,000円から219,000円までの7段階。(この他に税とサーチャージが必要)

ANAの「Value」は、出発日や利用条件に応じて66,000円から165,000円の5段階に設定されています。(この他に税とサーチャージが必要)

この航空券は航空会社の他、サプライスなど旅行会社のWEBサイトでも購入できます。

サプライスはこちら

ストップオーバーでジャカルタに滞在することも可能

個人旅行でバリ島に行く場合には、乗り継ぎ地のジャカルタに「ストップオーバー」をして滞在することもできます。

「ストップオーバー」とは乗り継ぎ地に24時間以上滞在することで、乗り継ぎ便の場合にはこの制度を利用して複数都市に滞在することが可能です。

そしてこのように複数の都市を巡る航空券を「周遊航空券」と呼んでいます。

JALの「Saver」のバリ島往復航空券とANAの「Value」のバリ島往復航空券は、どちらも追加料金を支払うことで、ジャカルタにストップオーバーができます。

追加料金はJALの「Saver」が10,000円、ANAの「Value」は7,000円です。

ストップオーバーを利用した周遊航空券は、サプライスなど旅行会社のWEBサイトで購入できます。

ツアーに参加するならば「ジャルパック」「ANA SKY WEB TOUR」でツアーを探す!

個人旅行では不安なので、パッケージツアーに参加したいという人も多いでしょう。

しかし日本の大手旅行会社のJTBもHISも、バリ島へのツアーでは全てガルーダインドネシア航空などの直行便を利用します。

JALとANAを利用するパッケージツアーを販売しているのは「ジャルパック」と「ANA SKY WEB TOUR」です。

ツアーでJAL便を利用したい人は「ジャルパック」のツアーで行く!

「ジャルパック」のバリ島ツアーでは、成田を午前に出発するJAL便を利用して、ジャカルタ乗り継ぎでデンパサールに行きます。

ツアー申し込み時点で利用するJAL便が確定して、JAL便についてはエコノミークラスの他にプレミアムエコノミークラスやビジネスクラスを選ぶこともできます。

ジャカルタから利用する乗り継ぎ便は、正式なスケジュールで案内されます。

またホテルに関しても、スタンダードクラスからラグジュアリークラスまで選ぶことができます。

ジャルパックのWEBサイトではメニューの「海外ツアー」を選んで、左側の「パッケージツアー」をクリックします。

「出発日」「出発地」を入力して「到着地」にアジアと入力します。その下の「開く」をクリックすると国名と都市名が入力できるので国名は「インドネシア」都市名は「バリ デンパサール」を選んで「検索する」をクリックします。

ジャルパックはこちら

ツアーでANA便を利用したい人は「ANA SKY WEB TOUR」でツアーを探す!

「ANA SKY WEB TOUR」で販売しているバリ島ツアーではANA便を利用します。

日本を発着するANA便については、ツアーの申込み時点で座席の指定ができます。またANA便では、エコノミークラスの他にビジネスクラスを選ぶこともできます。

ANA SKY WEB TOURのバリ島ツアーでは、羽田午前出発のANA便を利用してジャカルタ乗り継ぎになります。

またホテルに関しても、デラックスクラスからラグジュアリークラスまで選ぶことができます。

このツアーへの申込みは下にある「ANA SKY WEB TOUR」の「ANAで行く!アジアリゾート」から行います。

「ANAで行く!アジアリゾート」をクリックすると「ベトナム」「インドネシア」「マレーシア」「タイ」「フィリピン」のリゾートが表示されるので「インドネシア」をクリックします。

すると「インドネシアリゾートツアー一覧」が表示されます。

ANAで行く!アジアリゾート

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ジャカルタで乗り継ぎを行えば、JAL・ANAを利用してバリ島に行くことも可能です。

ただしガールーダインドネシア航空の直行便も機材が新しくサービス水準も高いので、敢えて乗り継ぎ便を利用しなくてもいいような気もします。

もしも乗り継ぎ便を利用してジャカルタに行くのであれば、ジャカルタでストップオーバーをして1~2日滞在するのも良いでしょう。

私もバリ島に行く機会があれば、ぜひジャカルタにも滞在したいと思います。

この記事が皆さんのお役に立てばうれしいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!