海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

成田・羽田-香港線の機材とシートをチェック!

      2016/09/18

成田・羽田から香港までの直行便は、現在LCCも合わせると毎日28便も運航されています。

そのうちで、成田発着便を運航しているフルサービスキャリアは、日本航空・全日空・キャセイパシフィック航空・エチオピア航空の4社。

羽田発着便を運航しているフルサービスキャリアは、日本航空・全日空・キャセイパシフィック航空・香港ドラゴン航空の4社です。

日本航空・全日空・キャセイパシフィック航空の便であれは快適に旅行ができると思うのですが、東京・香港間は約4時間半もかかるので、とんな旅客機を利用するのか心配ですよね。

そこで今回は、今後利用する方の参考となるように、成田・羽田-香港の直行便を運航しているフルサービスキャリアの機材とシートについてチェックしてみます。


スポンサーリンク


成田-香港路線は4社が運航中

現在、成田・香港路線の直行便を運航しているフルサービスキャリアは、本航空、全日空、キャセイパシフィック航空、エチオピア航空の4社です。

成田-香港路線の時刻表

成田⇒香港

CX509便 09:25発⇒13:15着(A330-300)
NH809便 10:00発⇒13:45着(B767-300ER)
CX501便 10:45発⇒14:40着(B777-300)
CX451便 15:35発⇒21:25着(B777-300:台北経由)
CX521便 16:55発⇒20:40着(B777-300ER)
JL735便 18:15発⇒22:00着(B787-8)
NH811便 18:30発⇒22:15着(B767-300ER)
CX505便 18:35発⇒22:25着(B777-300)
ET673便 21:15発⇒00:50着(B787-8)

香港⇒成田

CX524便 01:00発⇒06:25着(B777-300)
CX504便 09:05発⇒14:25着(B777-300)
NH812便 09:40発⇒15:00着(B767-300ER)
CX450便 10:00発⇒17:25着(B777-300:台北経由)
CX520便 10:30発⇒15:55着(B777-300ER)
JL736便 10:40発⇒16:05着(B787-8)
ET672便 14:45発⇒20:15着(B787-8)
NH810便 14:55発⇒20:10着(B767-300ER)
CX500便 15:10発⇒20:30着(A330-300)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
NH-全日空
CX-キャセイパシフィック航空
ET-エチオピア航空
※時刻表は2016年4月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

羽田-香港路線は4社が運航中

現在、羽田・香港路線の直行便を運航しているフルサービスキャリアは、本航空、全日空、キャセイパシフィック航空、香港ドラゴン航空の4社です。

羽田-香港路線の時刻表

羽田⇒香港

NH839便 01:25発⇒05:00着(B767-300ER)
KA397便 01:45発⇒05:25着(A320-200)
NH859便 08:55発⇒12:30着(B777-200ER)
JL029便 10:00発⇒13:35着(B777-200ER)
CX543便 10:35発⇒14:10着(B747-400)
CX549便 16:35発⇒20:05着(B777-300ER)

香港⇒羽田

NH840便 00:50発⇒05:55着(B767-300ER)
CX548便 08:45発⇒13:55着(B777-300ER)
NH860便 14:30発⇒19:40着(B777-200ER)
JL026便 15:15発⇒20:25着(B777-200ER)
CX542便 16:25発⇒21:35着(B747-400)
KA396便 17:35発⇒22:55着(A320-200)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
NH-全日空
CX-キャセイパシフィック航空
KA-香港ドラゴン航空
※時刻表は2016年4月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

日本航空「成田・羽田-香港路線」の機材

日本航空が東京-香港路線で使用している機材は、成田発着便がB787-8型機、羽田発着便がB777-200ER型機です。

日本航空 B787-8型機

JAL-787-8

B787-8型機は日本航空が中・長距離路線で使用する中型機です。

東京-香港間では「成田ー香港線」のJL735便・JL736便で使用されています。

【B787-8型機のシートマップ】

日本航空787-8型機シートマップ

ビジネスクラスのシートは「JAL SHELL FLAT NEO」

「2-2-2」に配列されたビジネスクラスには、JAL SHELL FLAT NEOというシートが装着されています。

このシートはフラットになるのですが、リクライニング角度が180度にはならないライフラットシートです。

シェル型なので、前席の背もたれは倒れてきません。

シートには15.4インチの大型モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

工夫を凝らした贅沢な機内食と高級ワインも楽しむことができます。

エコノミークラスのシートピッチは79cm

「2-4-2」に配列されたエコノミークラスには、個人用モニター「MAGiC」が付いたシートが装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)と標準的な広さです。

JALはB787-8型機のエコノミークラスに「2-4-2」の配列で横に8席しか配置していません。

他のエアラインはB787-8型機のエコノミークラスに「3-3-3」の配列で横に9席配置することが多いのですが、JALは座席の幅にゆとりを持たせた配置を行っています。

日本航空 B777-200ER型機

JAL-777-200

B777-200ER型機は、日本航空が中・長距離路線で使用している大型機です。

東京・香港間では「羽田・香港線」のJL026・JL029便で使用されています。

羽田・香港線のB777-200ER型機は「ビジネスクラス」「プレミアムエコノミークラス」「エコノミークラス」の3クラスで運航されています。

【JAL B777-200のシートマップ】はこちら

JAL777-200ERシートマップ

ビジネスクラスのシートは「JAL SHELL FLAT SEAT」

「2-3-2」に配列されたビジネスクラスには、シェル型タイプの「JAL SHELL FLAT SEAT」が装着されています。

シートはフラットになるのですが、フルフラットにはならない「ライフラット」型のシートです。

プレミアムエコノミークラスのシートは「JAL SKY SHELL SEAT」

「2-4-2」に配置されたプレミアムエコノミークラスには、シェル型タイプの「JAL SKY SHELL SEAT」が装着されています。

プレミアムエコノミークラスのチートピッチは38インチ(約97cm)です。

エコノミークラスのシートピッチは79cm

「3-3-3」に配列されたエコノミークラスには、個人用モニターが付いたシートが装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)です。

JAL 国際線航空券予約はこちら

全日空「成田・羽田-香港線」の機材

全日空が成田・羽田-香港路線で使用している機材は、B777-200ER型機(223席仕様機)、B767-300ER型機(202席仕様機)、B767-300ER型機(214席仕様機)です。

B777-200ER型機(223席仕様機)は羽田・香港間のNH859便・NH860便で使用されています。

その他の香港便は、日によってB767-300ER型機(202席仕様機)またはB767-300ER型機(214席仕様機)が使用されています。

全日空 B777-200ER型機「223席仕様機」

ANA-777-200ER

B777-200ER型機「223席仕様機」は、全日空が東南アジア等の中距離路線で使用している大型機です。

B777-200ER型機「223席仕様機」は次の3クラスで運航されていて、合計の座席数は223席です。

  • ビジネスクラス:70席
  • プレミアムエコノミークラス:36席
  • エコノミークラス:117席

【B777-200ER型機「223席仕様機」のシートマップ】はこちら

ANA_777-200_223席仕様機シートマップ

ビジネスクラスのシートはシェル型のリクライニングシート

「2-3-2」に配列されたビジネスクラスにはシェル型のリクライニングシートが装着されています。

シェル型なのでシートが前にスライドしながらリクライニングします。前席の背もたれが倒れてこないので広々とした空間が保たれます。

個人用モニターが9インチと小さいのが残念です。

プレミアムエコノミークラスのシートピッチは97cm

「2-4-2」に配列されたプレミアムエコノミークラスにはフットレストが付いたリクライニングシートが装着されています。

プレミアムエコノミークラスのシートピッチは38インチ(約97cm)です。

エコノミークラスのシートピッチは79cm

エコノミークラスには個人用モニターが付いたリクライニングシートが装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)と標準的な広さです。

全日空 B767-300ER型機(202席仕様機)

ANA-767-300ER

B767-300ER型機(202席仕様機)は全日空が主に中距離路線で使用している中型機です。

全日空のB767-300ER型機(202席仕様機)は、次の2クラスで運用されていて、座席数の合計は214席です。

  • ビジネスクラス:35席
  • エコノミークラス:167席

【B767-300ER型機(202席仕様機)のシートマップ】

ANA_767-300_202席仕様機のシートマップ

ビジネスクラスはシェル型リクライニングシート

「2-1-2」に配列されたビジネスクラスにはシェル型のリクライニングシートが装着されています。

シェル型なのでシートが前にスライドしながらリクライニングします。前席の背もたれが倒れてこないので広々とした空間が保たれます。

エコノミークラスのシートピッチは79cm

「2-3-2」に配列されたエコノミークラスにはシェル型のリクライニングシートが装着されています。

シェル型なのでシートが前にスライドしながらリクライニングします。前席の背もたれが倒れてこないので広々とした空間が保たれます。

シートには9インチの個人用モニターが設置されています。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)と標準的な広さです。

全日空 B767-300ER型機(214席仕様機)

ANA-767-300ER

B767-300ER型機(214席仕様機)は全日空が主に中距離路線で使用している中型機です。

全日空のB767-300ER型機(214席仕様機)は、次の2クラスで運用されていて、座席数の合計は214席です。

  • ビジネスクラス:35席
  • エコノミークラス:179席

【B767-300ER型機(214席仕様機)のシートマップ】

全日空767-300型機シートマップ

ビジネスクラスは従来型のシート

「2-1-2」に配列されたビジネスクラスには、長年CLUB ANA Asiaとして親しまれた従来型のシートが装着されています。

従来型のシートではありますが、約4時間半のフライトなので、スペック的にはこれで十分なのでしょう。

エコノミークラスのシートピッチは79cm

「2-3-2」に配列されたエコノミークラスには、個人用モニターが付いたシートが装着されています。

シートピッチは31インチ(約79cm)と標準的な広さです。

ANA航空券+宿泊「旅作」海外ダイナミックパッケージはこちら

キャセイパシフィック航空「成田・羽田-香港路線」の機材

キャセイパシフィック航空が成田・羽田-香港路線で使用している機材は、B747-400型機、B777-300ER型機、B777-300型機、A330-300型機の4機種です。

このうちB747-400型機とB777-300ER型機は長距離路線用の機材です。

長距離路線用の機材は、ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスの4クラスを備えていることから、ビジネス客が多い羽田・香港線の便と成田・香港線の一部の便で使用されています。

成田・香港線で使用されているB777-300型機とA330-300型機は、中・近距離路線用の機材になります。

キャセイパシフィック航空 B747-400型機

CX_747-400

B747-400型機は、キャセイパシフィック航空が主に長距離用に使用している大型機です。

東京路線では、羽田・香港間のCX542便・CX543便で使用されています。

かつては、B747-400型機がキャセイパシフィック航空の主力機財でした。

しかしキャセイパシフィック航空でも、新しいB777-300ERやA350XWBの導入に伴い、B747-400型機の退役を進めているところです。

現在3機保有しているB747-400型機も、当初の計画を前倒しして2016年中に全て退役させることが決まっています。

キャセイパシフィック航空のB747-400型機は次の4クラスで運航されていて、座席数の合計は359席です。

  • ファーストクラス:9席
  • ビジネスクラス:46席
  • プレミアムエコノミークラス:26席
  • エコノミークラス:278席

【キャセイパシフィック航空B747-400型機のシートマップ】

CX_747-400シートマップ

ファーストクラス

ファーストクラスは、メインデッキ(1階席)の先頭部分に配置されています。

ファーストクラスには、プライバシーが確保され、180度リクライニングさせるとベッドとしても利用できるシートが9席装着されています。

ビジネスクラス

ビジネスクラスには、メインデッキ(1階席)に「1-2-1」の配列で24席、アッパーデッキ(2階席)に「1-1」の配列で22席が装着されています。

ビジネスクラスのシートは、窓際の席はやや内向きで中央の席はやや外向きの「ヘリンボーン型」と呼ばれるフルフラットシートになります。

このフルフラットシートは独立性が保たれていて、すべての席から通路に出ることができます。

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラスには、「2-4-2」の配列でリクライニングシートが26席装着されています。

プレミアムエコノミークラスのシートピッチは38インチ(約97cm)でシート幅は19.3インチ(約49cm)です。

シートにはフットレストとヘッドレストが付いていて、8インチ(約20cm)リクライニングすることができます。

また、10.6インチの個人用モニターも設置されています。

エコノミークラス

エコノミークラスには「3-4-3」の配列でヘッドレストが付いたシェル型のリクライニングシートが274席装着されています。

シートには9インチの個人用モニターが設置されていて、映画や音楽を好きな時間に楽しむことができます。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)と、標準よりもやや広めになっています。

キャセイパシフィック航空 B777-300ER型機

CX_777-300

B777-300ER型機は、キャセイパシフィック航空が主に長距離路線で使用している大型機です。

東京路線では、羽田・香港線のCX548便・CX549便、成田・香港線のCX520便・CX521便で使用されています。

キャセイパシフィック航空のB777-300ER型機は次の4クラスで運航されていて、座席数の合計は275席です。

  • ファーストクラス:6席
  • ビジネスクラス:53席
  • プレミアムエコノミークラス:34席
  • エコノミークラス:182席

【キャセイパシフィック航空B777-300ER型機シートマップ】

CX_777-300ERシートマップ

ファーストクラス

ファーストクラスは、キャビンの前方に「1-1-1」の配列で6席が配置されています。

B777-300ER型機のファーストクラスには、2013年に発表された新しいデザインのシートが装着されています。

ファーストクラス席はプライバシーが確保されていて、180度リクライニングさせるとベッドとしても利用できます。

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「1-2-1」の配列で53席が装着されています。

ビジネスクラスのシートは、窓際の席はやや外向きで中央の席はやや内向きの「リバースヘリンボーン型」と呼ばれるフルフラットシートになります。

このフルフラットシートは独立性が保たれていて、すべての席から通路に出ることができます。

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラスには、「2-4-2」の配列でリクライニングシートが34席装着されています。

プレミアムエコノミークラスのシートピッチは38インチ(約97cm)でシート幅は19.3インチ(約49cm)です。

シートにはフットレストとヘッドレストが付いていて、8インチ(約20cm)リクライニングすることができます。

また、10.6インチの個人用モニターも設置されています。

エコノミークラス

エコノミークラスには「3-3-3」の配列でヘッドレストが付いた新型のリクライニングシートが182席装着されています。

シートには9インチの個人用モニターが設置されていて、映画や音楽を好きな時間に楽しむことができます。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)と、標準よりもやや広めになっています。

キャセイパシフィック航空 B777-300型機

CX_777-300

B777-300型機は、キャセイパシフィック航空が中・近距離路線で使用している大型機です。

東京路線では、成田・香港間で使用されています。

キャセイパシフィック航空のB777-300型機は次の2クラスで運航されていて、座席数の合計は398席です。

  • ビジネスクラス:42席
  • エコノミークラス:356席

【キャセイパシフィック航空B777-300型機のシートマップ】

CX_777-300シートマップ

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「2-4-2」の配列で中・近距離用のビジネスクラスシートが42席装着されています。

この中近距離用ビジネスクラスシートは2013年に導入されたシェル型のリクライニングシートです。

ビジネスクラスのシートピッチは47インチ(約119cm)、シート幅は21インチ(約53cm)で、シートには12.1インチの個人用モニターが設置されています。

エコノミークラス

エコノミークラスには「3-3-3」の配列でヘッドレストが付いたシェル型のリクライニングシートが356席装着されています。

シートには9インチの個人用モニターが設置されていて、映画や音楽を好きな時間に楽しむことができます。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)と、標準よりもやや広めになっています。

キャセイパシフィック航空 A330-300型機

CX_330-300

A330-300型機は、キャセイパシフィック航空が中・近距離路線で使用している大型機です。

東京路線では、成田・香港間で使用されています。

キャセイパシフィック航空のA330-300型機は次の2クラスで運航されていて、座席数の合計は307席です。

  • ビジネスクラス:42席
  • エコノミークラス:265席

【キャセイパシフィック航空A330-300型機のシートマップ】

CX_330-300シートマップ

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「2-2-2」の配列で中・近距離用のビジネスクラスシートが42席装着されています。

この中近距離用ビジネスクラスシートは2013年に導入されたシェル型のリクライニングシートです。

ビジネスクラスのシートピッチは47インチ(約119cm)、シート幅は21インチ(約53cm)で、シートには12.1インチの個人用モニターが設置されています。

エコノミークラス

エコノミークラスには「2-4-2」の配列でヘッドレストが付いたシェル型のリクライニングシートが265席装着されています。

シートには9インチの個人用モニターが設置されていて、映画や音楽を好きな時間に楽しむことができます。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)と、標準よりもやや広めになっています。

香港ドラゴン航空「羽田-香港路線」の機材

香港ドラゴン航空は1985年に設立された香港を拠点とする航空会社です。

2006年にキャセイパシフィック航空に買収されて、現在はキャセイパシフィック航空の子会社になっています。

2016年1月には香港ドラゴン航空のブランド名を「キャセイドラゴン航空」に変更することが発表されています。

香港ドラゴン航空が羽田-香港路線で使用している機材は、LCC仕様のA320-200型機です。

香港ドラゴン航空A320-200型機

A320-200型機は香港ドラゴン航空が近距離路線で使用している小型機です。

A320-200型機は多くのLCCで使われている機材で、香港ドラゴン航空のA320-200型機も残念ながらLCC仕様の機材です。

香港ドラゴン航空のA320-200型機は次の2クラスで運航されていて、座席数の合計は158席です。

  • ビジネスクラス:6席
  • エコノミークラス:150席

【香港ドラゴン航空A320-200型機のシートマップ】

KA_320-200_R

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「2-2」の配列でリクライニングシートが8席装着されています。

ビジネスクラスのシートピッチは42インチ(約107cm)、シート幅は20インチ(約50cm)です。

シートに個人用モニターはありません。機内のエンターテインメントは、英語と中国語の雑誌と新聞のみです。

エコノミークラス

エコノミークラスには「3-3」の配列でリクライニングシートが装着されています。

ビジネスクラスのシートピッチは29~30インチ(約74cm~76cm)、シート幅は17.5インチ(約44cm)です。

国際線のエコノミークラスシートは31インチ(約79cm)が標準的な広さなので、とても狭いですね。

シートに個人用モニターはありません。機内のエンターテインメントは、英語と中国語の雑誌と新聞のみです。

エチオピア航空「羽田-香港路線」の機材

エチオピア航空はエチオピアのフラッグキャリアで、2015年4月に香港経由で成田・アディスアベバ路線に就航しました。

現在、エチオピア航空は日本とアフリカ大陸を結ぶ唯一の航空会社で、成田・香港間だけでも利用できるようです。

航空マニアの人は時々成田・香港間で利用されるようですが、一般の人が成田・香港間で利用することはたぶん無いと思います。

エチオピア航空が羽田・香港・アディズアベバ路線で使用している機材はB787-8型機です。

エチオピア航空B787-8型機

B787-8型機はエチオピア航空が長距離路線で使用している中型機です。

エチオピア航空のB787-8型機は次の2クラスで運航されていて、座席数の合計は258席です。

  • ビジネスクラス:12席
  • エコノミークラス:246席

【エチオピア航空B787-8型機のシートマップ】

ET_787-8_R

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

東京・香港便も便利な羽田発着便が人気のようです。

特に羽田発着のキャセイパシフィック航空は長距離路線用機材で運航されています。

ファーストクラスからエコノミークラスまでの4クラスが設定されていて、ファーストクラスとビジネスクラスはフルフラットシートです。

キャセイパシフィック航空には日本人のCAも多いので、ご夫婦で旅行される方にもおすすめできるエアラインです。

もちろん、JAL・ANAでも快適に旅行ができますし安心です。

さて、どのエアラインで香港に行きましょうか?

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

航空券+ホテル+送迎なら【エクスペディア】が断然お得!

【エクスペディア】航空券+ホテルでホテルが最大全額OFF!!

 - アジア, 海外旅行