ハワイアン航空ビジネスクラスシートのご紹介!

ハワイアン航空は、ホノルルを拠点とする米国の航空会社です。

2010年11月には羽田空港への乗り入れを開始して、日本路線に進出しました。

現在では、羽田-ホノルル線(A330-200型機)の他、羽田-コナ線(A330-200型機)、成田ーホノルル線(A330-200型機)、関西-ホノルル線(A330-200)、新千歳-ホノルル線(B767-300)も運航しており、注目度が急上昇中のエアラインです。

そこで今回の記事では、ハワイアン航空が日本ーホノルル間で使用している機材の、ビジネスクラスシートをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

機材によって異なるビジネスクラスのシート

ハワイアン航空A330-200

(ハワイアン航空ホームページより)

ハワイアン航空では、成田-ホノルル線・羽田-ホノルル線・羽田ーコナ線・関西-ホノルル線でA330-200型機を、新千歳ーホノルル路線でB767-300型機を使用しています。

ハワイアン航空のA330-200型機とB767-300型機とではビジネスクラスのシートが異なるので、それぞれについてご紹介します。

なお、ハワイアン航空A330-200型機は、現在ビジネスクラスシートのリニューアルを行っているところです。

リニューアル後の機材の投入予定は次のとおりです。

  • 2016年12月5日から投入済み:成田・ホノルル線
  • 2017年3月16日から予定:関西・ホノルル線
  • 2017年3月30日から予定:羽田・ホノルル線のHA457便・HA458便
  • 2017年5月10日から予定:羽田・コナ線のHA851便・HA852便、羽田・ホノルル線HA855便・HA856便

A330-200型機(リニューアル前)

ハワイアン航空330-200_01

photo by The Design Air

A330-200型機は、ハワイアン航空が成田・ホノルル線、羽田・ホノルル線・関西・ホノルル線で使用している中型機です。

ハワイアン航空のA330-200型機は次の3クラスで運航されていて、座席数の合計は294席です。

  • ビジネスクラス(ファースト):18席
  • プレミアムエコノミークラス(エクストラコンフォート):40席
  • エコノミークラス:236席

【ハワイアン航空A330-200型機のシートマップ】

ハワイアン航空330-200

ビジネスクラスには「2-2-2」の配列で18席が配置されています。

シートピッチは45インチから46インチ(約114cmから約117cm)で、シート幅は18.5インチ(約47cm)です。

ハワイアン航空330-200_02

photo by The Design Air

リクライニング角度は公表されていません。

また、搭乗記や口コミなどを見ると「リクライニングさせた時には窓際の席から通路に出にくい」との書き込みが多いようなので、窓際よりも通路側の座席が快適かもしてません。

シートには個人用のモニターが設置されていて、オンデマンドで映画・音楽・ビデオなどを楽しむことができます。

機内食は「洋食」と「和食」から選ぶことができます。メニューはハワイアン航空のwebサイトで見ることができます。

羽田-ホノルル線はこちらです。

関西・成田ーホノルル線はこちらです。

ハワイアン航空のA330-200型機のシートに関しては、次のサイト(英語)に詳細なレポートがあります。

THE DESIGN AIR

A330-200型機(リニューアル後)

av01

Aviation Wireより

リニューアル後のハワイアン航空A330-200型機は「ビジネスクラス」「エクストラコンフォート(上級エコノミークラス)」「エコノミークラス」の3クラスで運航されていて、合計の座席数は272席です。

  • ビジネスクラス:18席「2-2-2」
  • エクストラコンフォート(上級エコノミークラス):68席「2-4-2」
  • エコノミークラス:192席「2-4-2」

【ハワイアン航空A330-200型機(リニューアル後)シートマップ】

新しいシートはご夫婦やカップルに最適です

リニューアル後のフルフラットシートの特徴は、ご夫婦などのカップルや家族での利用を前提にデザインされていることです。

そのためシートの配列は「2-2-2」で、隣席とのコミュニケ―ションがとりやすい配置になっています。

他のエアラインのビジネスクラスは、ビジネスマンが一人で利用する事を前提にデザインされており、プライベート性が高い個室のようなシートが主流になっています。

ハワイアン航空の場合には、乗客のほとんどがハワイに向かうリゾート客なので、ビジネス客ではなくて旅行客が利用しやすいデザインになっているようです。

長さ193cmのベッドとしても利用できるシートです

ハワイアン航空01

(ハワイアン航空ニュースリリースより)

このビジネスクラスシートは180度リクライニングさせると、長さが193cm、幅52cmのベッドとして利用できます。

ベッドとして利用する時には、上の写真のように隣席との間のパーティションを使用することで、プライバシーを確保できるようになっています。

ハワイアン航空04

(ハワイアン航空ニュースリリースより)

ただ、「2-2-2」に配置されたフルフラットシートの場合には、上の写真のようにベッドが2つ並ぶので、窓際の席の乗客が通路に出る時には通路側の乗客のベッドをまたがなければなりません。

1人で旅行する時にこのシートを利用する場合には、2席ともに通路に直接出ることができる中央列のシートを選択するのが良いでしょう。

エンターテインメントはタブレット端末で視聴

ハワイアン航空05

ハワイアン航空のフルフラットシートには、個人用モニターは設置されていません。

映画やビデオは、離陸後に貸し出しされるタブレット端末で視聴します。

シートにはタブレット端末取り付け用のアームが設置されているので、このアームにタブレット端末を取り付けて映像を見ることになります。

B767-300型機

hawaiian_767-300_c01

photo by TravelingOtter

B767-300型機は、ハワイアン航空が新千歳ーホノルル路線で使用している中型機です。

ハワイアン航空のB767-300型機は次の2クラスで運航されていて、座席数の合計は264席です。

  • ビジネスクラス(ファースト):18席
  • エコノミークラス:246席

【ハワイアン航空B767-300型機のシートマップ】

ハワイアン航空767-300

ビジネスクラスには「2-2-2」の配列で18席が配置されています。

シートピッチは42インチ(約107cm)で、シート幅は18.5インチ(約47cm)です。

このシートに個人用モニターは付いていません。

ハワイアン航空のB767-300型機でエンターテインメントを楽しむ場合には、機内でタブレット端末を借りなければいけません。

ビジネスクラスの乗客はこの端末を無料で借りることができます。(エコノミークラスでは有料(17ドル)です。)

機内食は「洋食」と「和食」から選ぶことができます。

メニューはこちらです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ハワイアン航空では、2016年12月21日から羽田発ホノルル行きを週11便に増加させ、さらに羽田発コナ(ハワイ島)行きの直行便の運航(週3便)を開始しました。

ビジネスクラスシートのリニューアルも着々と進んでいて、2017年3月16日からは関西・ホノルル線にフルフラットシートの機材が投入されます。

羽田発着便のリニューアルは2017年5月中には完了予定で、JAL・ANAを脅かす存在になりつつあります。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

ハワイアン航空の航空券は【JTB】【HIS】で予約できます。

【JTB海外航空券】手配・発券手数料0円!リアルタイム空席検索で楽々予約

全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】

航空券+ホテル+送迎なら【エクスペディア】が断然お得!

【エクスペディア】航空券+ホテルでホテルが最大全額OFF!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

おすすめの記事

おすすめの記事