下田プリンスホテルに1泊2日で宿泊しました!

妻と二人で1泊2日の伊豆旅行に行ってきました。

宿泊したのは、以前から1度は行きたいと思っていた下田プリンスホテル。

静岡県下田市の海岸沿いに建つ、1972年開業と歴史があるリゾートホテルです。

今回の記事では、下田プリンスホテルのロケーションや部屋の様子、食事内容などをご紹介します。

スポンサーリンク

下田プリンスホテルのロケーション

下田プリンスホテルは、伊豆半島の南端に近い静岡県下田市にあります。

国道135号線と海に挟まれたやや高台にあるので、ホテルの各部屋からの眺望は素晴らしいの一言です。

最寄り駅は伊豆急行の伊豆急下田駅です。伊豆急下田駅からはタクシーで約10分(約2,300円)、路線バスで約15分(約370円)。

予約が必要ですが、ホテルの無料送迎バスもあります。

車の場合には、東名高速沼津ICから約68km、平常時で約1時間45分かかります。

今回私たちは仕事が休みだった9月の平日に東京から車で行ったのですが、東名高速、小田原厚木道路、国道135号線というルートで、自宅からホテル到着までに4時間半以上かかりました。

土日などの休日や夏季に東京から車で伊豆方面に向かう場合には、どのルートを利用しても大渋滞は必至で、到着までの時間が全く読めません。

そのため、道路が混雑する時期には鉄道の利用が良いかもしれません。

下田プリンスホテル館内の様子

フロントの対応はとても良かったです

上の写真はフロントロビーの様子です。

下田プリンスホテルのチェックインタイムは15:00です。今回私たちは15:00前にホテルに到着したのですが、特に待たされることもなく部屋に案内されました。

フロントスタッフの方の対応はかなり良かったです。

下の写真は、部屋に向かうための通路です。

このホテルの客室は全室が海側に面しているので、通路の左側には客室がありません。

宿泊したのは「ツインルームCタイプ」でした

さて、今回私達が予約したのは「Cタイプ」のツインルームでした。

上の写真は、部屋の入口の方向から写した1枚です。この部屋は35.6㎡の広さがあるのですが、写真からはあまり部屋の広さは感じられません。

下の写真は窓側から写した1枚です。ベッドの横に大きな穴?(窓?)が開いているのが分かると思います。

実は、この穴(窓)の向こう側に小さな部屋があるのです。

下の写真が、その小さな部屋です。

ソファーが1台置かれています。

手前には、ドレッサーを兼ねた机が置いてあります。

写真だとわかり難いので、下にホテルのHPからお借りした部屋の見取り図を載せてみます。

この「ツインルームC」を3人で利用する場合には、小さな部屋のソファーをベッドとして使うのだと思うのですが、2人で利用する場合にはこの小さな部屋はデッドスペースになるので、もったいないレイアウトだなと思いました。

なお、「Aタイプ」と「Bタイプ」のツインルームは、オーソドックスなレイアウトの部屋になっています。

下田プリンスホテルの客室レイアウトはこちらから確認できます。

私たちが宿泊した部屋に戻りますが、窓際には下の写真のように丸テーブルと椅子が2つ置かれていました。

ベッドの周りもとてもシンプルで、2つのベッドの間の小さなテーブルには、コンセント、スタンド、電話機、メモが置いてありました。

セーフティーボックスは、この小さなテーブルの下にありました。

ベッドの向かい側には、32インチの液晶テレビが1台。

バスルームは、下の写真のようにバス・トイレ・洗面所が一か所にあるタイプでした。

洗面台は、昔の団地にあったような年季が入ったモデル。

この辺りの設備を見ると、何といっても今から49年前の1972年に開業した古いホテルだと言うことを感じずにはいられません。

なお、下田プリンスホテルには展望温泉浴場があったので、部屋のバスは使いませんでした。

トイレはもちろんウォシュレット付きでした。

部屋の入口近くにはクローゼットがあり、スリッパも完備されていました。

クローゼットの向かい側には冷蔵庫があり、その上にはポットやグラスが置かれていました。

部屋からの眺めは最高でした

この下田プリンスホテルの最大の特徴は、部屋からの眺めが素晴らしいことです。

上の写真は部屋のバルコニーから真正面の海を写した1枚ですが、青く見える海の水が透き通っていることが分かります。

下の写真は部屋のバルコニーから北側に伸びるビーチを写した1枚です。

海岸線に沿って砂浜が続いていることが分かります。

下の写真は、ホテルから砂浜に降りて撮影した1枚です。

訪れたのが9月の平日だったので、浜辺にはサーフィンを楽しんでいる人が2~3人いただけでした。

下の写真は、砂浜から高台にあるホテルを見上げた1枚です。

夕食と朝食は「メインダイニングルームかもめ」で頂きました

今回は1泊2食付きのプランで宿泊したので、夕食と朝食を「メインダイニングルームかもめ」で頂きました。

夕食は、「旬感沸騰石焼き桶鍋」をメインとした和食コースでした。

下の写真は、前菜とお造りです。伊豆らしく新鮮なお魚を食べることができました。

下の写真は金目鯛の煮つけです。

そして下の写真が、「旬感沸騰石焼き桶鍋」です。

これは、季節の魚介類と野菜を味噌で煮込んだ下田の漁師料理「いけんだ煮味噌」をベースに、熱した焼き石を目の前で入れてひと煮立ちさせたものです。

焼き石を入れた直後なので、グツグツと沸騰しているのが分かります。

朝食は、和洋食のブッフェでした。

下の写真は、洋食やデザートが並んでいるテーブル。

下の写真は和食が並んでいるテーブルです。

私は、パンとシリアルが中心の軽めの朝食にしました。

夕食・朝食共に美味しかったです。

展望温泉浴場がありました

(下田プリンスホテルのHPよりお借りしました)

下田プリンスホテルには、展望温泉浴場がありました。

この温泉からはホテルの目の前に広がる太平洋を一望できるので、明るい時間に一度入浴するのがおすすめです。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

下田プリンスホテルは1972年に開業した静岡県下田市にあるリゾートホテルです。

部屋の水回りや温泉浴場など建物の古さを感じさせる部分があり、また休日や夏季に自動車で東京方面から訪れる場合には、高速道路や国道の渋滞も覚悟しなければなりません。

しかしそれらを差し引いてもホテルのロケーションは素晴らしく、部屋からの眺めは一見の価値があります。

プリンスホテルということもあり、従業員の方の対応も好感が持て安心して利用できます。

私もできればもう一度行ってみたいと思います。

この記事が皆さんのお役に立てば嬉しいです。

【楽天トラベル】下田プリンスホテル

【Yahooトラベル】下田プリンスホテル

【じゃらんnet】下田プリンスホテル

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!