成田・羽田ーバンコク路線 各エアラインの機材とシートをチェック!

(タイ国際航空webサイトより)

東京からバンコクまでの直行便は、成田発が毎日7往復、羽田発も毎日6往復が運航されています。

運航しているエアラインは、日本航空・全日空・タイ国際航空の3社。

東京からバンコクまでは約7時間もかかるので、「どんな機材を利用するの?」「シートは広いの?」「機内食は出るの?」といろいろ気になりますよね。

実は成田ーバンコク路線・羽田ーバンコク路線は、JAL・ANA・タイ国際航空が複数の機材を使っているちょっと複雑な路線なのです。

そこで今回は、今後利用する方の参考となるように、成田-バンコク直行便と羽田ーバンコク直行便の機材とシート・サービスについてチェックしてみます。

※2018年1月1日に記事内容をアップデートしました。

スポンサーリンク

成田-バンコク路線は3社が運航中

成田ーバンコク路線には現在エアライン3社が直行便を運航しています。

運航しているエアラインは、日本航空、全日空、タイ国際航空です。

成田-バンコク路線の時刻表

成田⇒バンコク

TG641便 09:45発⇒15:15着(A330-300)
TG643便 11:45発⇒17:05着(B777-300)
JL717便 12:40発⇒18:00着(B787-8:SS8)
NH807便 17:20発⇒22:40着(B787-9)
TG677便 17:30発⇒22:30着(A380-800)
JL707便 18:15発⇒23:35着(B787-8)
NH805便 18:35発⇒23:55着(B787-8)

バンコク⇒成田

NH808便 00:30発⇒08:25着(B787-9)
NH806便 07:10発⇒15:05着(B787-8)
TG676便 08:00発⇒15:50着(A380-800)
JL708便 08:15発⇒16:05着(B787-8)
TG640便 22:30発⇒06:15着(A330-300)
JL718便 23:25発⇒07:15着(B787-8:SS8)
TG642便 23:55発⇒07:35着(B777-300)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
NH-全日空
TG-タイ国際航空
※時刻表は2018年1月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

羽田-バンコク路線は3社が運行中

羽田ーバンコク路線には現在エアライン3社が直行便を運航しています。

運航しているエアラインは、日本航空、全日空、タイ国際航空です。

羽田-バンコク路線の時刻表

羽田⇒バンコク

JL033便 00:05発⇒05:05着(B787-8)
TG661便 00:20発⇒05:25着(B747-400)
NH849便 00:30発⇒05:35着(B787-9)
TG683便 10:35発⇒15:40着(B777-300)
NH847便 11:00発⇒16:15着(B787-9)
JL031便 11:20発⇒16:20着(B777-200ER:SS2)

バンコク⇒羽田

JL032便 09:55発⇒17:30着(B787-8)
NH848便 10:25発⇒17:55着(B787-9)
TG660便 14:50発⇒22:30着(B747-400)
JL034便 22:05発⇒05:40着(B777-200ER:SS2)
NH850便 22:55発⇒06:30着(B787-9)
TG682便 23:15発⇒06:55着(B777-300)

※便名の頭の記号
JL-日本航空
NH-全日空
TG-タイ国際航空
※時刻表は2018年1月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

日本航空「成田・羽田-バンコク路線」の機材

日本航空が成田・羽田-バンコク路線で使用している機材は次の3機種です。

  • B777-200ER(SS2)型機
  • B787-8(SS8)型機
  • B787-8型機(従来型)

JALを利用するのであれば、できれば「JAL SKY SUITE」仕様のB777-200ER(SS2)型機とB787-8(SS8)型機をを選びたいところです。

B777-200ER(SS2)型機とB787-8(SS8)型機のキャビンはリニューアルが行われており、ビジネスクラスには最新のフルフラットシート、プレミアムエコノミークラスには最新型のシート、エコノミークラスには前席との幅が広い「新間隔シート」が装着されています。

JALが成田・バンコク路線のJL707便・JL708便、羽田・バンコク路線のJL032便・JL033便で使用しているB787-8型機は、残念ながら「JAL SKY SUITE」仕様ではありません。

日本航空 B777-200ER(SS2)型機

JAL-777-200

(JALウェブサイトより)

B777-200ER型機は、日本航空が中・長距離路線で使用している大型機です。

2016年6月から羽田・バンコク線のJL031便・JL034便にもリニューアル後のB777-200ER(SS2)型機が投入されました。

B777-200ER(SS2)型機は次の3クラスで運行されていて合計の座席数は236席です。

  • ビジネスクラス:42席(1-2-1)
  • プレミアムエコノミークラス:40席(2-4-2)
  • エコノミークラス:154席(3-4-2)

【JAL B777-200ER(SS2)のシートマップ】

JAL_B777-200ERシートマップ

ビジネスクラス

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、最新のフルフラットシート「JAL SKY SUITE Ⅲ」が装着されています。

JAL SKY SUITE Ⅲ

このシートは、窓際の座席がやや外側を向いた斜めに、中央の座席はやや内側を向いた斜めに配置された「リバースヘリンボーン」タイプのフルフラットシートです。

プレミアムエコノミークラス

「2-4-2」に配置されたプレミアムエコノミークラスには、最新のプレミアムエコノミークラス専用シート「JAL SKY PREMIUM」が装着されています。

JAL SKY PREMIUM

このシートのシートピッチは42インチ(約107cm)とプレミアムエコノミークラスでは世界でも最大級の広さです。

シェル型なので前の座席のシートは倒れてこないのですが、リクライニングした時にやや足元が狭くなるタイプのシートです。

シートにはタッチパネル式の12.1インチ個人用モニターが装着されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食はエコノミークラスと同等の食事(2種類から選択)になります。アルコールは全て無料で提供されます。

JALのプレミアムエコノミークラスシートについては、こちらの記事もご覧下さい。

エコノミークラス

「3-4-2」と左右非対称に配列されたエコノミークラスには、最新のエコノミークラス専用シート「JAL SKY WIDEW」が装着されています。

JAL SKY WIDER

これまでの「3-3-3」の配列では、ご夫婦やカップルなど2人連れで利用する場合でも通路を挟んで座ることがありましたが、「3-4-2」の配列にすることでより多く隣り同士で座ることができるようになりました。

エコノミークラスのシートピッチは33~34インチ(約84cmから約86cm)で、これまでのシートよりも5cmから7cm広くなっています。

シートにはタッチパネル式の10.6インチ個人用モニターが装着されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食(2種類から選択)にも工夫が凝らされていて、アルコールも無料で提供されます。

日本航空 B787-8型機(SS8)

JAL-787-8

(JALウェブサイトより)

B787-8型機は日本航空が長距離・中距離の国際線で使用している最新鋭機です。

日本航空のB787-8型機には、最新型のシートを装着した「SKY SUITE」仕様の機材と従来型の機材の2種類のB787-8型機があり、「SKY SUITE」仕様の機材には従来型の機材と判別しやすいように(SS8)と表記されています。

バンコク線では、「SKY SUITE」仕様の機材と従来型の機材の両方が使用されています。

まず最初に「SKY SUITE」のB787-8(SS8)型機ですが、バンコク線では成田発着のJL717便・JL718便で使用されています。

日本航空のB787-8(SS8)型機は次の3クラスで運航されていて、座席数は合計で161席です。

  • ビジネスクラス:38席(2-2-2)
  • プレミアムエコノミークラス:35席(2-3-2)
  • エコノミークラス88席(2-4-2)

日本航空 B787-8型機のシートマップ

JAL_B787-8_R

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「JAL SKY SUITE」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

JAL SKY SUITE

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

シートには23インチの大型個人用モニターが装着されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

工夫を凝らした贅沢な機内食と高級ワインも楽しむことができます。

JALのビジネスクラスシートについては、こちらの記事もご覧下さい。

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラスには「JAL SKY PUREMIUM」というシェル型の専用シートが装着されています。

JAL SKY PREMIUM

このシートのシートピッチは42インチ(約107cm)とプレミアムエコノミークラスでは世界でも最大級の広さです。

シェル型なので前の座席のシートは倒れてこないのですが、リクライニングした時にやや足元が狭くなるタイプのシートです。

シートにはタッチパネル式の12.1インチ個人用モニターが装着されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食はエコノミークラスと同等の食事(2種類から選択)になります。アルコールは全て無料で提供されます。

JALのプレミアムエコノミークラスシートについては、こちらの記事もご覧下さい。

エコノミークラス

エコノミークラスには「JAL SKY WIDER Ⅱ」という広いシートが装着されています。

JAL SKY WIDER Ⅱ

このシートは「新間隔エコノミークラス」とも呼ばれていて、シートピッチはエコノミークラス最大級の33インチ(約84cm)です。

また、他のエアラインのB787-8型機のエコノミークラスでは「3-3-3」の配列で横に9席配置していることが多いのですが、JALのB787-8型機では「2-4-2」で横に8席しか配置していません。

つまりJALのエコノミークラス「SKY WIDER Ⅱ」では、シートピッチだけでなく横幅にもゆとりを持たせた広いシートを採用しているのです。

シートにはタッチパネル式の10.6インチ個人用モニターが装着されていて、オンデマンドで映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食(2種類から選択)にも工夫が凝らされていて、アルコールも無料で提供されます。

JALのエコノミークラスシートについては、こちらの記事もご覧下さい。

日本航空 B787-8型機(従来型)

JAL-787-8

(JALウェブサイトより)

続いて従来型のB787-8型機ですが、こちらは成田発着のJL707便・JL708便、羽田発着のJL032便・JL033便で使用されています。

日本航空のB787-8型機(従来型)は、次の2クラスで運用されていて、座席数の合計は186席です。

  • ビジネスクラス:42席
  • エコノミークラス:144席

【B787-8型機のシートマップ】

日本航空787-8型機シートマップ

ビジネスクラス

「2-2-2」に配列されたビジネスクラスには、JAL SHELL FLAT NEOというシートが装着されています。

このシートはフラットにはなるのですが、リクライニング角度が180度にはならないライフラットシートです。

シェル型なので、前席の背もたれは倒れてきません。

シートには15.4インチの大型モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

エコノミークラス

「2-4-2」に配列されたエコノミークラスには、個人用モニター「MAGiC」が付いたシートが装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)と国際線エコノミークラスの標準的な広さです。

なお、このB787-8型機のエコノミークラスでも、シートは「2-4-2」で横に8席しか配置していません。座席の幅にゆとりを持たせた配置になっています。

JAL国際線公式サイトはこちら⇒JAL国際線公式サイト

全日空「成田・羽田-バンコク路線」の機材

全日空が成田・羽田-バンコク路線で使用している機材は次の2機種です。

  • B787-9型機
  • B787-8型機(240席仕様機)

全日空を利用するのであれば、B787-9型機を使用している羽田発着の2便と成田発着のNH807便・NH808便の利用がおすすめです。

全日空B787-9型機のビジネスクラスはフルフラットシートが装着されており、エコノミークラスにも業界最大級の広さのシートが採用されています。

成田発着のNH805便・NH806便に使われているB787-8型機(240席仕様機)のシートは、ビジネスクラス・エコノミークラスともに従来型のシートになります。

全日空 B787-9型機

ANA-787-9

(ANAウェブサイトより)

B787-9型機は、ANAが国際線中長距離路線で使用する最新鋭中型機です。

全日空のB787-9型機は次の3クラスで運航されていて、合計の座席数は215席です。

  • ビジネスクラス:48席(1-2-1)
  • プレミアムエコノミークラス:21席(2-3-2)
  • エコノミークラス:146席(3-3-3)

全日空 B787-9型機のシートマップ

ANA_787-9 シートマップ

ビジネスクラス

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには「ANA BUSINESS STAGGERED」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

プレミアムエコノミークラス

「2-3-2」に配列されたプレミアムエコノミークラスにはプレミアムエコノミークラス用の専用シートが装着されています。

このシートのシートピッチは38インチ(約97cm)です。

エコノミークラス

「3-3-3」に配列されたエコノミークラスには個人用モニターが付いたシートが装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは34インチ(約86cm)と、エコノミークラス最大級の広さです。

座席には9インチタッチパネル式の個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

全日空 B787-8型機(240席仕様機)

ana_787-8

(ANAウェブサイトより)

B787-8型機(240席仕様機)は全日空が中・長距離路線で使用している中型機です。

全日空のB787-8型機は次の2クラスで運航されていて、合計の座席数は240席です。

  • ビジネスクラス:42席(2-2-2)
  • エコノミークラス:198席(3-3-3)

【全日空 B787-8型機(240席仕様機)のシートマップはこちら】

ANA787-8-240席仕様機

ビジネスクラス

「2-2-2」に配列されたビジネスクラスには、 「ANA BUSINESS CRADLE」というシェル型のリクライニングシートが42席装着されています。

エコノミークラス

「3-3-3に配列されたエコノミークラスには、個人用モニターが付いたシートが198席装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは31インチ(約79cm)と、国際線エコノミークラスの標準的な広さです。

※ANAのダイナミックパッケージ(海外航空券+ホテル)「旅作」は海外旅行保険付き!

【ANA】海外航空券+ホテル「旅作」

タイ国際航空「成田・羽田-バンコク路線」の機材

タイ国際航空は成田・羽田-バンコク間路線で4種類の機材を使用しています。

  • A380-800型機
  • A330-300型機
  • B777-300型機
  • B747-400型機

タイ国際航空 A380-800型機

(タイ国際航空webサイトより)

A380-800型機は総2階建で世界最大の大きさを誇る機材です。

タイ国際航空では、成田-バンコク路線のTG677便・TG676便で使用されています。

成田-バンコク路線のA380-800型機はロイヤルファーストクラス・ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)・エコノミークラスの3クラス構成で運航されていて、合計の座席数は507席です。

  • ロイヤルファーストクラス:12席(1-2-1)
  • ロイヤルシルククラス:60席(1-2-1)
  • エコノミークラス:435席(2-4-2、3-4-3)

A380-800型機のシートマップはこちら

ロイヤルファーストクラス

(タイ国際航空webサイトより)

タイ国際航空A380-800型機のロイヤスファーストクラスは、アッパーデッキ(2階席)の先頭部分に1-2-1の配列で12席が装着されています。

シートピッチは208cm、シート幅は69cmもあり、180度リクライニングさせると大型のベッドとして利用できます。

シートには23インチの大型個人用モニターが設置されていて、100種類の映画・150種類のテレビ番組・395種類の音楽アルバム・30種類のゲームをオンデマンドで楽しむことができます。

ロイヤスファーストクラスには専用のバーカウンターとパウダールームも設置されています。

ロイヤルシルククラス

(タイ国際航空webサイトより)

タイ国際航空A380-800型機のロイヤスシルククラスは、アッパーデッキ(2階席)の中央部分に1-2-1の配列で60席が装着されています。

ロイヤルシルククラスのシートは、180度リクライニングをさせればベッドとしても利用できるフルフラットシートです。

スタッガードタイプの配置で、全ての座席が通路に面しています。

シートには15.4インチの大型個人用モニターが設置されていて、100種類の映画・150種類のテレビ番組・395種類の音楽アルバム・30種類のゲームをオンデマンドで楽しむことができます。

エコノミークラス

(タイ国際航空webサイトより)

タイ国際航空A380-800型機のエコノミークラスは、アッパーデッキ(2階席)の後方部分に2-4-2の配列で、ローワーデッキ(1階席)に3-4-3の配列で、合計435席が装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)で、シート幅は18インチ(約46cm)と、国際線の標準的なエコノミークラスシートよりも若干広めになっています。

シートには10.6インチの個人用モニターが設置されていて、100種類の映画・150種類のテレビ番組・395種類の音楽アルバム・30種類のゲームをオンデマンドで楽しむことができます。

タイ国際航空 B747-400型機

(タイ国際航空webサイトより)

タイ国際航空は現在でもB747-400型機を使い続ける数少ないエアラインのひとつで、日本路線では羽田・バンコク線のTG660便・TG661便で使用しています。

タイ国際航空のB747-400型機は・ロイヤルファーストクラス・ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)・エコノミークラスの3クラス構成で運航されていて、合計の座席数は375席です。

  • ロイヤルファーストクラス:10席(1-2-1)
  • ロイヤルシルククラス:40席(2-2)
  • エコノミークラス:325席(3-4-3)

タイ国際航空のB747-400型機のシートマップはこちら

ロイヤルファーストクラス

タイ国際航空B747-4000型機のロイヤルファーストクラスは、ローワーデッキ(1階席)の先頭部分に1-2-1の配列で10席が設置されています。

ロイヤスファーストクラスには180度リクライニングをさせるとベッドとしても使えるフルフラットタイプのシートが装着されています。

このシートのシートピッチは193cm、シート幅は55cmあり、シートには10.4インチの個人用モニターが設置されています。

ロイヤルシルククラス

タイ国際航空B747-400型機のロイヤルシルククラスは、アッパーデッキ(2階席)とローワーデッキ(1階席)に「2-2」の配列で40席が設置されています。

ロイヤルシルククラスには、167度までリクライニングできるシェル型のリクライニングシートが装着されています。

このシートは残念ながらフルフラットシートではありません。

このシェル型リクライニングシートのシートピッチは152cm、シート幅は51cmあり、シートには10.4インチの個人用モニターが設置されています。

エコノミークラス

タイ国際航空B747-400型機のエコノミークラスには、ローワーデッキ(1階席)に「3-4-3」の配列で325席が設置されています。

エコノミークラスのシートピッチは34インチ(約86cm)と国際線の標準的なエコノミークラスよりも約7cm広くなっています。

シートには10.6インチの個人用モニターがあり、オンデマンドで映画や音楽を楽しむことができます。

タイ国際航空 B777-300型機

(タイ国際航空webサイトより)

B777-300型機はタイ国際航空が中・長距離路線で使用する大型機です。

日本路線では成田・バンコク線、羽田・バンコク線で使用されています。

タイ国際航空のB777-300型機はロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの2クラス構成で運航されていて、合計の座席数は364席です。

  • ロイヤルシルククラス:34席(2-3-2)
  • エコノミークラス:330席(3-3-3)

B777-300型機のシートマップはこちら

ロイヤルシルククラス

タイ国際航空B777-300型機のロイヤルシルククラスには、「2-3-2」の配列で34席が設置されています。

ロイヤルシルククラスには、167度までリクライニングできるシェル型のリクライニングシートが装着されています。

このシートは残念ながらフルフラットシートではありません。

このシェル型リクライニングシートのシートピッチは155cm、シート幅は51cmあり、シートには15インチの個人用モニターが設置されています。

エコノミークラス

タイ国際航空B777-300型機のエコノミークラスには、「3-3-3」の配列で330席が設置されています。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)と国際線の標準的なエコノミークラスよりも約2cm広くなっています。

シートには9インチの個人用モニターがあり、オンデマンドで映画や音楽を楽しむことができます。

タイ国際航空 A330-300型機

(タイ国際航空webサイトより)

A330-300型機はタイ国際航空が中・長距離路線で使用する中型機です。

日本路線では成田・バンコク線で使用されています。

タイ国際航空のA330-300型機はロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの2クラス構成で運航されていて、合計の座席数は299席です。

  • ロイヤルシルククラス:36席(2-2-2)
  • エコノミークラス:263席(2-4-2)

A330-300型機のシートマップはこちら

ロイヤルシルククラス

タイ国際航空A330-300型機のロイヤルシルククラスには、「2-2-2」の配列で36席が設置されています。

ロイヤルシルククラスには、167度までリクライニングできるシェル型のリクライニングシートが装着されています。

このシートは残念ながらフルフラットシートではありません。

このシェル型リクライニングシートのシートピッチは147cm、シート幅は51cmあり、シートには15.4インチの個人用モニターが設置されています。

エコノミークラス

タイ国際航空A330-300型機のエコノミークラスには、「2-4-2」の配列で263席が設置されています。

エコノミークラスのシートピッチは32インチ(約81cm)と国際線の標準的なエコノミークラスよりも約2cm広くなっています。

シートには10.6インチの個人用モニターがあり、オンデマンドで映画や音楽を楽しむことができます。

※タイ国際航空航空券の予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

3社のサービス水準と安全性に関する評価

日本航空、全日空、タイ国際航空のサービス水準と安全性に関する評価は次のとおりです。

サービス水準に関する評価

日本航空・全日空・タイ国際航空のサービスは、国内外の顧客満足度調査で高い評価を得ています。

タイ国際航空は、英国スカイトラックス社のエアラインランキングで、日本航空を上回る11位にランクされています。

また全日空は、英国スカイトラックス社の格付けにおいて、世界で10社しかない5つ星の認定を受けています。

2017エアラインランキング 2017エイビーロード調査 スカイトラックス社格付け
日本航空 16位 1位 ★★★★☆
全日空 3位 2位 ★★★★★
タイ国際航空 11位 10位 ★★★★☆

安全性に関する評価

日本航空・全日空は、安全性に関して豪エアラインレイティングス社がら最高ランクの格付けを受けています。

タイ国際航空の安全性に関する評価はあまり高くはありません。

エアラインレイティングス社格付け  「JACDEC」による安全性ランキング
日本航空 ★★★★★★★ 10位
全日空 ★★★★★★★ 12位
タイ国際航空 ★★★★☆☆☆ 48位

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

東京とバンコクを結ぶフライトは、JAL・ANA・タイ国際航空が様々な機種で多くのフライトを運航しているので、選ぶのに困ってしまいますね。

ビジネスクラスに搭乗するのであれば、横になって眠ることができるフルフラットシートは魅力的です。

エコノミークラスでは、JAL・ANA・タイ国際航空のどのエアラインを選んでも、一定水準以上のサービスは期待しても良さそうです。

みなさんはどのフライトでバンコクに向いますか?

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

※バンコク行き航空券の予約は、H.I.S.が運営している「サプライス」がおすすめです。(取扱手数料が0円なのでH.I.S.よりも安く予約できます。) ⇒サプライス公式サイトはこちら

楽天トラベルで海外航空券を予約すると楽天スーパーポイントが貯まります!
楽天トラベル海外航空券はこちら

※年会費が無料なのに「使える」海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを記事にまとめました。
少しでも旅行費用を節約したい人は、ぜひ参考にしてみてください!

年会費が無料なのに、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられる充実した海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを3種類ご紹介しています。

※世界中の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティパス」の会員になれるクレジットカードはこちらの記事で紹介しています。

クレジットカードの会員になると全世界120ヶ国・400以上の都市で900か所以上の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティパス」に無料で入会できるクレジットカードをご紹介しています。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!