南房総の人気海鮮料理店「おさかな倶楽部」に行ってきました!

妻と二人で南房総市冨浦町にある人気海鮮料理の店「おさかな倶楽部」に行ってきました。

おさかな倶楽部は岩井冨浦漁協直営で、新鮮な魚料理が食べられる店として人気があります。

今回の記事では「おさかな倶楽部」で食事をした時の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

おさかな倶楽部の場所と営業時間

おさかな倶楽部は、千葉県南房総市冨浦町にあり、館山自動車道冨浦インターチェンジからは車で約6分(約3㎞)の場所に位置しています。

東京から車で行く場合には、首都高湾岸線川崎浮島JCTから東京湾アクアラインを利用して、木更津JCTから館山自動車道に入る行き方が最短距離になります。

今回私たちは土曜日の朝6時半ごろに東京の自宅を出発して、9時半ごろにおさかな倶楽部に到着しました。

おさかな倶楽部の営業時間は11:00~15:00(売り切れ次第終了)なのでかなり早く到着したのですが、この時点で順番待ちリストの5番目に名前を記入しました。

おさかな倶楽部には十分な駐車スペースが確保されているのでその場所で待機しても良かったのですが、せっかくなので周辺の観光に出かけました。

上の写真はおさかな倶楽部の入口で、朝の9時に入り口前に順番待ちのリストが置かれます。

このリストに名前を記入して、再度営業開始10分前の10時50分に集合すれば、このリストの順番通りに店内に案内され、オーダーもこの順番通りに受付られます。

私たちは10時30分ごろにおさかな倶楽部の入口に戻ったのですが、この時点でリストには24組の名前が記入してありました。

大人数のグループもいるので確実ではないのですが、この日は25番目までのグループが1回目に入店できたようです。

26番目以降に名前を書いたグループは、12:00ごろに1回目に入店したお客さんが退店した後に入店することになります。

どうやら土日や大型連休時はこのように混雑するので、順番待ちに参戦するのがいやな場合は平日を選んで来店するのが良さそうです。(平日の火曜日は定休日となります。)

お食事は「まんぷく定食」を頂きました

さて、リストに名前を書いた順番の番号札を渡され店内に案内されると、番号順にオーダーを取りにスタッフの人がやってきます。

その日に提供される料理のメニューは、上の写真のように店内の壁に貼られています。

メニューの中には「1食限定」や「2食限定」の料理もあり、売り切れとなった場合にはメニューの上に「完売」の札が貼られます。

飲み物についても、上の写真のとおり提供されます。

私たちは事前にチェックしていた「まんぷく定食」(この日は税込1,892円)をオーダーしました。

まんぷく定食は、お刺身・煮魚・魚のフライにご飯・味噌汁・小鉢がセットになっているメニューです。

この日のお刺身は、さわら・ぶり・おまかせ一品、煮魚はトロさば、フライはいかメンチとマグロで、いろいろな魚料理が楽しめました。

「冨浦漁師賄い丼」(この日は税込990円)も魅力的だったのですが、次回にとっておくことにしました。

食事に費やした時間は約1時間で、12時過ぎには退店しました。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

南房総の人気海鮮料理店「おさかな倶楽部」は、岩井冨浦漁協直営の海鮮料理店です。

順番を確保するために早い時間に一度立ち寄らなければならないのは面倒ではありますが、新鮮な魚料理が楽しめるのでおすすめのお店です。

ただし、個人的には東京湾アクアラインの渋滞や順番待ちもあるので、次回は平日に訪れたいと考えています。

この記事が皆さんのお役に立てばうれしいです。

【おさかな倶楽部】のホームページはこちら

【楽天トラベル】南房総のおすすめ宿

【ヤフートラベル】南房総のおすすめ宿

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!