エアコン最安値はヤマダデンキだった!【富士通ゼネラル6畳用】

2020年の6月下旬に、私の書斎用のエアコンが故障しました。

エアコンは富士通ゼネラル製の12年選手。冷風が止まってしまい運転ランプが点滅しています。

取扱説明書を見てみると、どうやら室外機の異常らしいです。念のためにコールセンターに問い合わせてみたら、「既に部品の保有期間を過ぎていて、修理も受け付けていないモデルです」とのこと。

これは買い替えるしかないと観念して、家電量販店を何社か回ってみました。

ただし急な出費になるので、新しいエアコンに求めるのは必要最低限の機能と値段の安さです。

できれば何とか5万円前後で購入したいと考えていました。そして最終的に選んだのは、最安値の「富士通ゼネラル」製のエアコンでした。

今回の記事では、最安値のエアコンを購入した時の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

最安値のエアコンを見つけるまでの様子

ケーズデンキでのエアコン探し

まず最初に訪れたのは、わが家から車で15分ほどの距離にある「ケーズデンキ」です。

なぜ最初にケーズデンキに行ったのかと言うと、ケーズデンキでは無料長期保証が充実しているからです。

しかしエアコン売り場に行ってみると、価格は全体的に高めです。

私が探している洋室6畳用のエアコンは、標準取り付け工事代込みで7万円前後からの品ぞろえです。

この価格帯の商品であれば5年間の長期無料保証が付きますが、経験的にエアコンが故障するのは購入後8年目以降です。

5年間の長期無料保証のために高い商品を買う必要はないと判断して、ケーズデンキを後にしました。

ケーズデンキオンラインショップはこちら

ケーズデンキ楽天市場店はこちら

コジマでのエアコン探し

次に訪れたのは、幹線道路沿いにある「コジマ」の大型店舗です。

わが家が家を新築した際には、この店舗で新しい家電製品を取り揃えました。

当時コジマで購入した冷蔵庫とリビングルーム用エアコンは購入代金が10万円以上だったので、無料の10年保証が付いていました。

そして、冷蔵庫とリビングルーム用エアコンは購入8年後に両方とも故障したのですが、長期保証のおかげで修理費用は必要ありませんでした。

今回探している書斎用エアコンは6畳用の廉価モデルなのですが、エアコン売り場に行ってみると最も安い商品でも6万円台からです。

東芝製・日立製などのエアコンが選べるのですが、時期的に取り付け工事の予約が混雑していて、最短でも3週間後になるとのこと。

また、この価格帯の商品であれば無料の5年間保証が付いているのですが、わが家ではエアコンが5年以内に故障したことは無いので、今回は長期保証のためにコジマで購入する必要もありません。

残念ながら、今回はコジマでのエアコン購入は諦めました。

コジマネットはこちら

ヤマダデンキでのエアコン探し

次に訪れたのは、同じ幹線道路沿いにある「ヤマダデンキ」の大型店舗です。

ヤマダデンキでは、これまで大型テレビやブルーレイレコーダーなどを最安値で購入していたので、今回も期待は高まります。

そしてエアコン売り場に行ってみると、ありました。

富士通ゼネラル製のAS-B22Kという6畳用エアコンが、標準取り付け工事代込みで「49,285円」で売られています。

取り付け工事は混雑しているのですが、コジマよりは早い10日後に予約できるとのこと。6年間の無料長期保証も付いてきます。

取り付けは10日後になりますが、予算内でエアコンが購入できるので、お買い上げ決定です。

やはり今回もヤマダデンキで最安値の商品を見つけることができました。

ヤマダウェブコムはこちら

ヤマダデンキの長期保証には要注意です

さて、ヤマダデンキで購入した富士通ゼネラル製のエアコンには、ヤマダデンキの6年間無料保証が付いていたのですが、実はこの保証には注意が必要です。

保証期間は6年間となっていますが、まず1年目はメーカーの保証書での保証になります。

そして、2年目以降はヤマダデンキでの保証になりますが、「技術工料」「部品代」「出張料」が全て保証されるのは2年目と3年目のみです。

4年目、5年目、6年目には「技術工料」だけがヤマダデンキの負担になり、「部品代」「出張料」は購入者が負担することになります。

また、保証書には「修理費用が定額修理となる場合は、ご購入から4年目以降の定額修理代の50%を当社が負担、50%はお客様の負担となります。」との記載もあります。

つまり、ヤマダデンキの6年間無料保証は実質的には3年間の保証だと考えた方が良さそうです。

保証対象外の部品もあり、エアコンに関しては、「リモコン」「フィルター」「冷媒ガス」などは対象外部品、付属品、消耗品となり、これらの修理にかかる費用は全て購入者の負担となります。

今回はヤマダデンキでエアコンが安く購入できるたので保証内容は考慮しませんでしたが、高額商品に関してケーズデンキ、コジマなどと価格が同じ場合には、保証内容も検討したほうが良いかもしれません。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

書斎用のエアコンが故障したので、急遽6畳用のエアコンを購入することになりました。

「ケーズデンキ」「コジマ」にも行ったのですが、「ヤマダデンキ」で最安値のエアコンを購入できました。

最安値のエアコンとは言え「富士通ゼネラル」製で、冷房・暖房能力には全く問題ありません。

音もそれまでのエアコンよりは静かですし、サイズもコンパクトなので圧迫感もありません。

何より、標準取り付け工事代込みで5万円以下のエアコンを購入できたのが良かったです。

この記事が皆さんのお役に立てばうれしいです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!