「エアメール・スペシャル」久保田早紀

「エアメール・スペシャル」は、1981年5月21日に発売された久保田早紀さん4枚目のオリジナルアルバムです。

前作までの「オリエンタル」「エキゾチック」な曲調から大きく路線変更をして、明るくポップな曲が収録されています。

前作までは、全曲ともに萩田光雄さんがアレンジをしていたのですが、このアルバムでは佐藤準さんが4曲アレンジをしています。

川田多摩喜さんも作詞家として参加しています。

スポンサーリンク

「エアメール・スペシャル」の収録曲

1.プロローグ
作詞:久保田早紀
作曲:久保田早紀
編曲:佐藤準

「鏡に映った横顔は あなたの知らないもうひとりの私」という歌詞で、このアルバムは始まります。

これまでとは違う久保田早紀さんを予感させる「プロローグ」です。

2.オレンジ・エアメール・スペシャル
作詞:山川啓介
作曲:久保田早紀
編曲:萩田光雄

この曲は、1981年4月21日にシングル盤として発売されました。

1981年の「キリンオレンジ」のCMに採用されたので、毎日のように久保田早紀さんの明るい歌声がテレビから流れていたものです。

私はこの路線変更は嬉しかったですよ。

3.キャンパス街’81
作詞:山川啓介
作曲:久保田早紀
編曲:萩田光雄

私にとっての久保田早紀さんのベストソングは、この「キャンパス街’81」です。

萩田光雄さんのイントロが良いですよね。歌詞もわかりやすいので感情移入がしやすいです。

この曲が流れていた頃、私もリアルタイムで大学生だったので、この曲を聴くだけで当時通っていた大学のキャンパスの風景が浮かんできます。

意味もなく耳触りが良い言葉を並べただけの歌よりも、「キャンパス街’81」のように聴くだけで当時の思いや風景が蘇ってくる歌詞の歌は、いつまで経っても色あせずに心に残っています。

4.日本の子供達
作詞:久保田早紀
作曲:久保田早紀
編曲:萩田光雄

子供達への思いを通じて、「国内回帰」を宣言しているような気がします。

5.1999
作詞:久保田早紀
作曲:久保田早紀
編曲:佐藤準

この曲でも、新しい世界へチャレンジを歌っているような気がします。

6.アミューズメント・ゾーン
作詞:川田多摩喜
作曲:久保田早紀
編曲:萩田光雄

この曲では、ポップス調のアレンジで「別れ」を歌いあげています。

7.上海ノスタルジー
作詞:川田多摩喜
作曲:久保田早紀
編曲:佐藤準

佐藤準さんの印象的なイントロでスタートする曲です。

「エキゾチック」路線が入っていますが、シングル盤の曲と比べても遜色がない出来だと思います。

良い曲です。

8.アンニュイ
作詞:久保田早紀
作曲:久保田早紀
編曲:萩田光雄

抑え気味に「別れ」を歌っています。

9.パノラマ
作詞:久保田早紀
作曲:久保田早紀
編曲:佐藤準

この曲も「別れ」を歌ったラブソングです。

10.長い夜
作詞:川田多摩喜
作曲:久保田早紀
編曲:萩田光雄

この曲は「オレンジエアメールスペシャル」のB面に収録されています。

「オレンジエアメールスペシャル」とは異なり、柔らかなストリングスが印象的なスロー・バラードに仕上がっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!