アウディA3 11年目の車検費用はいくらだったのか?




私の愛車「2008年式アウディA3スポーツバック1.8TFSI」は快調に走っています。

今年で11年目に入ったのですが、9年目の車検からの2年間もノートラブルです。

この調子で走ってくれればまだまだ乗り続けられるかもしれません。

ただし頭を悩ませているのは、維持費用が高いこと。

先日11年目の車検を行ったのですがやはりお金はかかります。

今回は私の愛車アウディA3の11年目の車検の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

車検はaudiのディーラーに持ち込みました

私の場合、車検はいつもディーラーさんにお願いしています。

その理由は、私がふだん日常点検以外の整備を行っていないことと、やはりアウディが輸入車だからです。

ディーラー車検の場合には、最初から車検と法定24ヶ月点検がセットになっていて、さらに必要があれば消耗品の交換を行うのでそれなりの金額になってしまいます。

ただし私の場合にはふだん車の整備を行っていないので、2年に1度の車検の時ぐらいは車のことを良く知っている整備士さんに見てもらったほうが安心かなと思っています。

それにこれまでこのディーラーさんで4回車検を行っているのですが、メーカーが走行距離や経過年数で交換を指定している部品についても本当に必要なものだけしか交換しないので、メチャクチャ費用が高いというわけではありません。

無料で代車(今回はアウディQ2)も出してくれます。

ということで、今回も車を購入したディーラーさんに車検をお願いしました。

2008年式アウディA3 11年目の車検の様子

最初に法定費用を支払い整備項目を打ち合わせ

私はアウディのディーラーさんに行くのが好きなので、車検の時にはいつも自分で車を持ち込みます。

以前は「ご来店割引」として2,000円割り引いてくれていたのですが、今回は割引はありませんでした。

このディーラーさんの場合には最初に法定費用と車検代行料だけ支払います。アウディA3の場合には次のとおりです。

・重量税 24,600円
・自賠責保険 25,830円
・印紙代 1,800円
・車検代行料 12,960円
合計 65,190円

今回もこの費用を支払った後に、サービス担当の方と整備内容について打ち合わせをしました。

こちらからお願いしたのは「消耗品と部品の交換は本当に必要なものだけにして、できるだけ費用を安くして下さい!」ということだけです。

サービス担当の方からは「車の買い替えをお考えですか?」と聞かれたので、正直に「予算が無いのです」と言いました。

これまでに車検時に必ず交換していたのは、ブレーキフルード・エンジンオイル・オイルエレメント・エアコンフィルター・ワイパーブレード(フロント・リア)です。

3年目の車検ではそれに加えてブレーキパッド(アウディ・フリーウェイ・プラス対応)とバッテリーを交換しました。

5年目の車検では異音がしたのでエアコンのコンプレッサーを交換しています。(アウディ・カーライフ・プラス対応)

6年目には車検ではないのですが、バッテリーとタイヤを交換。

7年目の車検は消耗品だけ交換。

9年目の車検では、「フロントロアーアームボールジョイント」のブーツ交換、左ヘッドライトのウォッシャーノズル交換をしています。

実は私のアウディA3は11年目なのに走行距離が約31,000kmと極端に少ないので、相談の結果今回交換が必要なのは次の消耗品だけだろうということになりました。

・クーラント
・ブレーキフルード
・エンジンオイル
・オイルエレメント
・ワイパーブレード(フロント・リア)

それ以外のブレーキパッドなどの部品については、ディーラーさんが車の状態を見てから再度連絡をくれることになりました。

車の受け取りは、5日後に再度ディーラーさんを訪問する予定でお願いしました。

当日夕方最終の見積もり金額について連絡が入る

車を持ち込んだ当日の夕方にディーラーのサービス担当の方から最終の見積もり金額について連絡が入りました。

追加で部品の交換が必要なのは次の2点でした。

まず、ヘッドライトの光量が車検の基準を満たしていないので電球の交換が必要でした。

ただしアウディの純正部品を使うと工賃を含めて約10万円、部品メーカーの部品を使っても約5万円もかかるとのこと。

そこでディーラーさんから、ディーラーさんが保有している安い部品を使う方法のご提案があり、約2万円で交換をしてもらえました。

次にバッテリーの交換。

バッテリーは前回の車検時に交換していたのですが、テストの結果では既に注意レベルにあり、いつバッテリー切れを起こしてもおかしくはないとのこと。

私は過去に2年半でバッテリーが突然死することを経験していたので、バッテリーについても今回の車検で交換することにしました。

これで最終金額が確定したので、車検整備の実施をお願いしました。

5日後に車を受け取りに行きました

車を持ち込んでから5日後に代車のアウディQ2に乗ってアウディのディーラーさんに行きました。

さて、今回の車検費用ですが、法定費用も含めて最終的には241,809円となりました。

法定費用の支払いは現金でしたが、残金についてはカードでの支払いが可能との事でしたので、クレジットカードで支払いをしました。

車検費用の内訳次のとおりです。

・重量税 24,600円
・自賠責保険 25,830円
・印紙代 1,800円
・車検代行料 12,960円
・法定24ヶ月点検 25,920円
・エンジン下回り洗浄 8,640円
・保安確認検査料 10,800円
・日常点検項目 2,160円
・AUDI専用テスター診断 6,480円
・産業廃棄物処理委託料金 1,080円
・ショートパーツ 2,160円
・ブレーキフルード交換 11,448円
・クーラント交換 15,768円
・エンジンオイル交換・エレメント交換 24,620円
・ワイパーブレード(フロント・リア)交換 12,031円
・バッテリー交換 34,344円
・ヘッドライト交換 21,168円
合計 241,809円

※金額は請求明細書のとおりです。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

私の愛車「2008年式アウディA3スポーツバック1.8TFSI」の11年目の車検費用は約24万円でした。

もちろんこの金額は車の使用状況や走行距離によって異なってくるので、参考程度に見ていただいたほうがいいと思います。

特に私の場合には走行距離が極端に少なく、また今回は故障箇所が少なかったので、この金額で収まったのだと思います。

ただし、輸入車だからと言って、メチャクチャに高いわけではないのはご理解いただけたかと思います。

でも、車は持っているだけでもお金がかかりますね。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

【Goo Pit】なら輸入車の整備実績も多数あります!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

関連記事

【関連記事】