オークランド「スカイバス」(Sky Bus)の乗り方とルートをご紹介!

2017年6月に、ニュージーランド航空さんから成田・オークランド往復航空券をご提供頂けたこともあり、妻と二人で取材を兼ねたニュージーランド旅行に行ってきました。

日本から出発するニュージーランド航空直行便は、全てオークランド国際空港に到着します。

今回の旅行では、オークランド国際空港とオークランド市街地にあるホテルの往復には、スカイバスを利用してみました。

スカイバスは料金も安く利用方法も簡単なので、滞在先のホテルがオークランド市街地にあるバス停から近ければおすすめできる交通手段です。

今回の記事では、オークランド国際空港と市街地を結ぶスカイバスの乗り方とルート、それから私たちが利用した時の様子をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オークランドのスカイバスとは

スカイバスの運行ルート

オークランドのスカイバスは、オークランド国際空港国際線ターミナル(国内線ターミナルにも立ち寄ります)とブリトマート駅近くの「7018バス停」との間を、約45分~約60分で結んでいます。

スカイバスの外見は上の写真のとおり白いボディで、側面の窓の部分に大きく「Sky Bus」と書かれています。

運行間隔は時間帯によっ異なり、10分~30分毎に運行されています。

スカイバスは、必ず「396 Queen St」にある「Sky Busラウンジ前」を経由します。

オークランド国際空港と「Sky Busラウンジ前」との間は、「Mt Eden Rd」と「Dominion Rd」のいずれかのルートを通るのですが、オークランド国際空港とオークランド市街地間を行き来するのであれば、どちらのルートを通るバスに乗っても問題ありません。

「Sky Busラウンジ前」と「7018バス停」間に関しては、午前7時から午後7時の時間帯は中型の「シャトルバス」で運行されます。

下の写真が「シャトルバス」です。

そのため、午前7時から午後7時の時間帯は、「Sky Busラウンジ前」で大型の「スカイバス」と中型の「シャトルバス」を乗り換えることになります。

「Sky Busラウンジ前」と「ブリトマート駅」との間のバス停

オークランド国際空港から市街地方面に向かうバスに乗った場合、午前7時から午後7時までの時間帯は、「Sky Busラウンジ前」で「シャトルバス」に乗り換えます。

「シャトルバス」は「Sky Busラウンジ前」でスカイバスの到着を待っていて、乗り換えが終わり次第発車します。

下の写真が乗り換えの様子です。

なお、午後7時から翌朝午前7時まで時間帯は、「Sky Busラウンジ前」と「7018バス停」の間もスカイバスがそのまま走るので乗り換えはありません。

「シャトルバス」は「Sky Busラウンジ前」のバス停を出ると、Queen Streetにある次の3つのバス停で乗客を降ろして、ブリトマート駅近くの「7018バス停」まで行きます。

  • 「7053バス停」(Queen St)
  • 「7051バス停」(Queen St Middle)
  • 「7047バス停」(Queen St Lower)

この3か所のバス停は降車専用になります。

ブリトマート駅近くの「7018バス停」を出発した「シャトルバス」は、途中「56 Hobson Street」にあるバス停を経由して「Sky Bus ラウンジ前」まで戻ってきます。

  • 「7018バス停」(ブリトマート駅)
  • 「56 Hobson Street バス停」(Hobson St)

この2つのバス停では、降車だけでなく乗車することもできます。

「7018バス停」と「56 Hobson Streetバス停」でシャトルバスに乗車した乗客は、「Sky Busラウンジ前」でスカイバスに乗り換えてオークランド国際空港に向かいます。

午後7時から翌朝の午前7時まで時間帯は、「7018バス停」と「Sky Busラウンジ前」の間もスカイバスがそのまま走るので、「Sky Busラウンジ前」での乗り換えはありません。

スカイバスの料金

オークランド国際空港とオークランド市街地との間の料金は次のとおりです。

【大人】

  • 片道:18ドル(約1,440円)
  • 往復:32ドル(約2,560円)

【子供(5歳~15歳)】

  • 片道:6ドル(約480円)
  • 往復:12ドル(約960円)

【ファミリー(大人2人と3人までの子供)】

  • 片道:36ドル(約2,880円)
  • 往復:64ドル(約5,120円)

乗車券は、オークランド国際空港の乗車券売り場とSky Busラウンジの他、バスの運転手からも購入することができます。

オークランド国際空港を出発するスカイバスの発車時刻と路線

オークランド国際空港発のスカイバスは、概ね次の間隔で運行されています。

  • 午前4時45分から午前7時の間:15分毎
  • 午前7時から午後7時の間:10分毎
  • 午後7時から午後11時45分の間:15分毎
  • 午後11時45分から午前4時45分の間:30分毎

※国内線ターミナルに立ち寄るのは午前6時から午前1時45分(又は最終便到着まで)に発車したバスです。

オークランド市街地を発車する「Sky Bus」の発車時刻と路線

オークランド市街地発のスカイバスは、概ね次の間隔で運行されています。

  • 午前4時45分から午前7時の間:15分毎
  • 午前7時から午後7時の間:10分毎
  • 午後7時から深夜:15分毎
  • 深夜から午前4時の間:30分毎

※午後10時30分から翌朝午前4時の間に出発するスカイバスは、乗客からのリクエストがある場合のみ国内線ターミナルを経由します。

私たちがスカイバスを利用した時の様子

(Sky BusのHPより)

国際線ターミナルのスカイバス乗り場は到着ロビーを出て左側です

それでは、私たちが今回のニュージーランド旅行でスカイバスを利用した時の様子をご紹介します。

オークランド国際空港国際線ターミナルのスカイバス乗り場は、到着ロビーの8番ドアを出て道路を1本渡った左側にあります。

下の写真は、オークランド国際空港国際線到着ロビーです。税関審査が終わるとこのドアから出てきます。

到着ロビーの正面には、巨大なドワーフ像があります。

ドワーフ像の右側に「8番」と書かれた出口があるので、そこから外に出ます。

8番出口を出たら道路を1本渡ります。

道路を渡ったら左に行きます。

左側に行くとスカイバスの乗車券売り場があり、その右側にバス乗り場があります。

スカイバスの乗車券は乗車券売り場で買いました

さて、スカイバスの乗車券ですが、私たちはオークランド市街地からの帰りにもスカイバスを利用する予定でいたので、往復の乗車券を購入しました。

往復乗車券の料金は、乗車券売り場にも表示してあるように、大人は32ドル(約2,560円)でした。

下の写真で、地図にホチキスで留めてある白い紙が乗車券です。スーパーのレシートのようにペラペラの紙なので無くさないように注意が必要です。

大きなQRコードの部分が復路の乗車券です。復路のバスに乗車する時に、運転手がこのQRコードを機械で読み取ります。

私が乗車券売り場で”クラウンプラザオークランドに行くのですがどこで降りれば良いでしょうか?”と尋ねたところ、担当の女性が地図に「乗り換えるバス停」「降りるバス停」「ホテルの場所」を地図に書いて、丁寧に教えてくれました。

下は、バスに乗った後に自分の座席から前方を写したところです。

バスは日本の路線バスで使用しているようなタイプのバスです。日本のリムジンバスや観光バスとは異なります。座席も自分の好きな場所に座ることができます。

バスの前方3分の1位までは座席が無くて、スーツケース置き場になっていました。

下は自分の座席から後方を写した写真です。

この時に乗車したのは国際線ターミナルを9:50に出発したバスでしたが、乗客は私たちを含めて3名でした。

シャトルバスに乗り換え「7053バス停」で下車しました

オークランド国際空港国際線ターミナルを出発したバスは、すぐ近くにある国内線ターミナルに立ち寄り乗客を乗せました。

空港を出たバスは、ハイウェイからドミニオンストリートに入り、約40分でクイーンストリートにある「Sky Busラウンジ前」に到着しました。

ここで、到着したスカイバスのすぐ前に停車していた「シャトルバス」に乗り換えました。

下の写真が、乗り換える場所の様子です。

この時スカイバスから「シャトルバス」に乗り換えた乗客も、私たちを含めて3名でした。

「Sky Busラウンジ前」を出発したシャトルバスは、Sky Busのラウンジがある一角をひと回りして再びクイーンストリートに出ると、直ぐに「7053バス停」に到着です。

私たちが宿泊した「クラウンプラザオークランド」はこのバス停から徒歩5分の場所なので、「7053バス停」で下車しました。

下の写真が「7053バス停」です。

帰りは「Sky Busラウンジ前」から乗車しました

帰国日に利用したニュージーランド航空オークランド発成田行きNZ099の出発時刻は朝の8時55分。

私たちは空港でラウンジを利用する予定だったので、朝の5時20分に「Sky Busラウンジ前」を出発するバスに乗車することにしました。

オークランド国際空港からスカイバスを利用した時には「7053バス停」で下車しましたが、このバス停は降車専用なので乗車することはできません。

そのため帰国日には、宿泊した「クラウンプラザオークランド」から「Sky Busラウンジ前」までクイーンストリートを歩いていくことにしました。

実はオークランド市街地は「坂の街」で、港から南に向かって上り坂になっています。

下の写真は、クイーンストリートの「7053バス停」付近から南の方向を写した写真ですが、かなり上っていることが分かると思います。

帰国日の朝は余裕を持ってホテルを朝の5時に出発、スーツケースを押しながらゆっくりと歩き、約10分で「Sky Busラウンジ前」に着くことかできました。

この「Sky Busラウンジ」ですが、「369 Queen Street」にあるビルの1階にあります。

下の写真は、帰国日の前日にバス停の下見に行ったときに入口を写したものです。

ご覧のとおり、入り口の上部に「Sky Bus」と書いてありますが、通りから見える場所には看板などは無くとてもわかり難い場所にあります。

下の写真はラウンジの中です。

椅子とテーブルがいくつかあるだけで、奥が乗車券売り場になっていました。

下の写真はラウンジ前のバス乗り場です。

歩道には日本のバス停のような大きな案内は無く、電柱に小さくバス乗り場であることが書いてあるだけです。

やはり場所がわかり難いからでしょうか、バスの入り口付近には日本語でも案内が出ていました。

昼間の時間帯であれば、下の写真のように赤いパーカーを着た案内の人もいますが、早朝に利用する場合にはラウンジも閉まっていて案内の係員もいません。

しかも早朝のバス停にはバスが停まっていないので、日本人にはどこがバス停なのかわからないかもしれません。

早朝の暗い時間帯にここからバスに乗る場合には、前日にでもバス停の下見をしておく方が良いでしょう。

さて、私たちは早朝の暗い5時10分ごろにバス停に着きましたが、バス停に並んでいる人は無くバス停から離れた場所にちらほらと人影があっただけでした。

バスは5時20分発の予定でしたが、10分以上遅れて5時30分過ぎに到着。

朝の7時前だったので、スカイバスがそまま「シャトルバス」の区間も走っていて、「Sky Busラウンジ前」での乗り換えはありませんでした。

バスに乗り込むと既にかなりの席が乗客で埋まっており、「Sky Busラウンジ前」からも15人程度は乗り込んだので、結局ほぼ満員近い乗客を乗せて乗車しました。

発車したバスは早朝でガラガラの道路を飛ばして、約30分で空港に到着できました。

オークランド「スカイバス」のホームページはこちら

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

オークランドのスカイバスは料金も安く利用方法も簡単です。

しかし、オークランドの市街地での乗り降り場所が限られていることが残念ですね。

今回私たちが滞在したホテルはバス停までの距離が近かったのですが、ホテルからバス停までの距離が遠い場合には、坂道が多いので歩くのは大変だと思います。

中高年のご夫婦や小さなお子さんがいる場合には、タクシーの利用が良いかもしれませんね。

また、海外オプショナルツアーの予約ができる【VELTRA(ベルトラ)】では、「乗合」又は「貸切」の空港・ホテル間送迎サービスの予約ができます。

空港・ホテル間の送迎サービス【VELTRA(ベルトラ)】icon

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

※今回の旅行ではニュージーランド航空さんから成田・オークランド間の往復航空券をご提供頂きましたが、航空券以外の宿泊・食事・観光・買い物等は全て自費で行っています。

ニュージーランド航空公式サイト⇒airnewzealand.jp

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!