海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

サイパンのホテルはハイアットリージェンシーサイパンがおすすめ!

      2016/09/30

ハイアットリージェンシーサイパン04

サイパンまでは成田からわずか3時間半。

飛行機から降りた途端に、温暖な風を肌で感じ、青空に心が癒される、日本からいちばん近い海外ビーチリゾートです。

サイパンにはたくさんのリゾートホテルがあるので、初めて行く場合にはどのホテルに宿泊すれば良いのか迷ってしまいますよね。

でも、海外ビーチリゾートでの満足感は、宿泊したホテルの居心地の良さに影響されるので、しっかりと選びたいところ。

そこで、私たち50代夫婦がおすすめするホテルは、「ハイアットリージェンシーサイパン」です。

これまで4回ほどサイパンを訪問して、そのうちの3回でこのホテルを利用していますが、毎回とても満足しています。

ホテルの良し悪しは、その人の好みにも左右されるので、一概には言えないかもしれません。

しかし、立地や居心地の良さは抜群で、サイパンでのんびりしたいご夫婦にはおすすめのホテルです。

今回は、そんなサイパンのリゾートホテル、ハイアットリージェンシーサイパンをご紹介します。


スポンサーリンク


ハイアットリージェンシーサイパンをおすすめする理由

ガラパン地区にあり買い物や食事にも便利です

ハイアットリージェンシーサイパンをおすすめする理由の一番目は、立地が良い事です。

ハイアットリージェンシーサイパンがある場所は、サイパン島の中心地であるガラパン地区。

サイパン島で観光客が楽しめるようなショップ・レストランは、このガラパン地区に集中しています。

ハイアットリージェンシーからは、これらのレストランやショップに歩いて行けるので、とても便利なのです。

大型のリゾートホテルは、ガラパン地区以外の場所にもあるのですが、そのホテルの周りにはショップやレストランはほとんどありません。

私たも、ススベ地区にある「ダイヤモンドホテル」(現在のワールドリゾートホテル)に宿泊したことがあるのですが、買い物や食事をするために、ホテルとガラパン地区の間をタクシーで何度も往復しました。

そんなこともあったので、それ以降はハイアットリージェンシーサイパンを利用しています。

ホスピタリティが高いホテルです

ハイアットリージェンシーサイパン02

おすすめする理由の二番目は、ホテルのホスピタリティが高いことです。

ハイアットリージェンシーサイパンは、サイパンでいちばんグレードが高いリゾートホテルです。

ガーデンやプールも広くて、手入れが行き届いていて、従業員の方の対応も素晴らしく、とても居心地が良いホテルです。

建物は「メインウィング」の他に、海に近い「サウスウィング」、豪華な「リージェンシークラブ」の3つがあります。

私たちは、「メインウィング」に2度、「リージェンシークラブ」に1度宿泊しました。

「リージェンシークラブ」とは、世界各地のハイアットホテルにある「エグゼクティブフロア」のこと。

サイパンのハイアットリージェンシーは建物全部が「リージェンシークラブ」になっています。

リージェンシークラブには、リージェンシークラブ宿泊者専用のラウンジもあって、朝食や軽食を食べることができます。

一方、メインウィングは、建物が古く部屋の内部も普通なのですが、清潔に保たれ良く整備されています。

料金はリージェンシークラブがいちばん高く、サウスウィング、メインウィングの順になります。

メインウィングであれば、お得な料金で宿泊できます。

上の写真は、メインウィング5階の部屋から海の方向を眺めた写真です。左奥に見える建物が、海に近いサウスウィングです。

下の写真は、メインウィングのツインルームです。

ハイアットリージェンシーサイパン01

レストランはどこも美味しくとても充実しています

ハイアットリージェンシーサイパン06

おすすめする理由の三番目は、レストランが充実していることです。

ハイアットリージェンシーサイパンには4つのレストランがあります。

イタリアンの「ジョバニス」、ビーフ・シーフードの「鉄板焼」、日本料理の「都」、そして朝食ブッフェやディナーブッフェが楽しめる「キリカフェ・アンド・テラス」です。

どのレストランもサイパンを代表するレストランで、私たちがダイヤモンドホテルに宿泊した時も、コンシェルジェに美味しいステーキが食べられるレストランの予約をお願いしたら、ハイアットリージェンシーの「鉄板焼」を予約してくれました。

その時は食事をしただけだったのですが、ハイアットリージェンシーの印象がとても良く、その後の訪問でこのホテルに宿泊するきっかけになっています。

また、朝食のブッフェは「キリカフェ・アンド・テラス」で食べるのですが、このレストランの朝食も素晴らしいのです。

レストランにはオープンテラスがあり、テラスがラグーンに隣接していて、朝からで気持ち良く食事ができます。

また、朝食からコックさんがリクエストに応じて、オムレツやスクランブルエッグなどの卵料理を調理してくれます。とても幸せな気分になれるレストランです。

ただし、ディナーについてはどのレストランも料金がとても高いので、私たちの場合には3泊のうちの1回しかホテルでは食事ができません。

下の写真は、朝食のブッフェです。

ハイアットリージェンシーサイパン03

料金が高いので時期を選んで旅行するのがおすすめです

サイパンのハイアットリージェンシーに限ったことではないのですが、ゴールデンウィークやお盆休みなどの繁忙期の旅行代金はとても高くなります。

日本から3泊4日の行程でハイアットリージェンシーに宿泊するツアーに参加する場合、繁忙期の料金は1人20万円から27万円前後になります。

一方、2月や10月といった閑散期には、同じ行程でも1人13万円前後と、繁忙期の半分程度の料金で旅行ができます。

サラリーマンの場合にはまとまった休みが取り難いのですが、私の場合にはなんとか頑張って、料金が安い9月・10月・11月に休みをとって、満足度が高い旅行をするようにしています。

ハイアットリージェンシーサイパン05

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

サイパンのツアーを選ぶときには、立地が良く施設も充実している「ハイアットリージェンシーサイパン」に宿泊するのがおすすめです。

私たち夫婦にとってはとても満足度が高いホテルです。

サイパンでのんびりとリゾート気分を満喫することができます。

料金が気になる場合には、メインウィングでいいかもしれません。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

ハイアットリージェンシーサイパンの予約でも使える「じゃらん海外」の最大10,000円OFFクーポン情報はこちら

エクスペディアの海外ホテル予約で7%~8%の割引が受けられるクーポン情報はこちら

 - グアム・サイパン, 海外ホテル, 海外旅行, 海外旅行記