アメックスのゴールドカードとグリーンカードを比較してみました!




アメックスを代表するカードと言えば、やはりアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(ゴールドカード)とアメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)の2枚になると思います。

ゴールドカードとグリーンカードはステータス性が抜群なので、世界中を飛び回るビジネスマンにも人気のカードです。

これからカードの申し込みをしたいと考えている人も多いでしょうが、ゴールドカードとグリーンカードのどちらを選べば良いのか迷いますよね。

そこで、今回の記事ではゴールドカードとグリーンカードの比較を行ってみましたのでご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイト・ご加入はこちら



基本スペックの比較

まず最初に基本スペックの比較です。

ここで違うのは「年会費」です。

ゴールドカードは年会費が29,000円(税別)、グリーンカードは12,000円(税別)と2倍以上の差があります。

また、ゴールドカードは1枚目の家族カードを無料で作ることができますが、グリーンカードでは1枚目から6,000円(税別)かかります。

実はゴールドカードの色はゴールドですが、サービス・特典の内容はプラチナカード並みに充実しているので、他のカードと比較する場合には「プラチナカード」として取り扱われることが多いです。

一方グリーンカードは、他のカードと比較する場合には「ゴールドカード」として取り扱われことが多くなります。

そのため、ゴールドカードとグリーンカードの年会費の差は、「プラチナカード」と「ゴールドカード」としてのサービス・特典内容の差が反映された結果だと言えます。

それでは、具体的に何が違うのかを見ていきたいと思います。

カード
国際ブランド アメリカンエキスプレス アメリカンエキスプレス
入会資格 20歳以上で定職のある人(パート・アルバイトは不可) 20歳以上で定職のある人(パート・アルバイトは不可)
年会費 初年度 29,000円(税別) 12,000円(税別)
翌年度以降 29,000円(税別) 12,000円(税別)
家族カード 初年度 1枚目は無料 2枚目以降12,000円(税別) 6,000円(税別)
翌年度以降 1枚目は無料 2枚目以降12,000円(税別) 6,000円(税別)
ETCカード 初年度 年会費無料(発行手数料850円(税別)) 年会費無料(発行手数料850円(税別))
翌年度以降 年会費無料 年会費無料
総利用枠 一律の制限は無し 一律の制限は無し
カードショッピング利用枠 一律の制限は無し 一律の制限は無し
お支払い方法 一括払い/ボーナス・分割払い/ペイフレックス 一括払い/ボーナス・分割払い/ペイフレックス
お支払い日 原則として15日締め翌月10日払い(金融機関により異なる場合有り) 原則として15日締め翌月10日払い(金融機関により異なる場合有り)

ポイントプログラムの比較

次にポイントプログラムの比較です。

結論から言うと、ゴールドカードもグリーンカードもポイントプログラムは全く同じ「メンバーシップ・リワード」です。

ポイントの付き方や有効期限、ポイントの交換先や還元率も全く同じです。

ここではゴールドカードとグリーンカードの差はありません。

カード
ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワード
付与率 100円=1ポイント 100円=1ポイント
有効期限 3年間(1度ポイントを交換すると有効期限は無期限) 3年間(1度ポイントを交換すると有効期限は無期限)
還元率 0.3%~ 0.3%~
最低交換ポイント 1.000ポイント 1.000ポイント
交換・還元方法 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフトなど 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフトなど
キャッシュバック 1ポイント=0.3円。最低3,000ポイントから利用可能 1ポイント=0.3円。最低3,000ポイントから利用可能
メンバーシップ・リワード・プラス 年会費3,000円(税別) 年会費3,000円(税別)
メンバーシップ・リワードANAコース 年会費5,000円(税別) 年会費5,000円(税別)

旅行関係サービス・優待の比較

続いて旅行関係サービス・優待内容の比較です。

ここでは、ゴールドカードとグリーンカードの差が見られます。

まず最初にプライオリティパスについてですが、ゴールドカードでは年に2回無料で海外空港のラウンジを利用できますが、グリーンカードでは最初の利用時から32USD(約3,520円)がかかります。

次に、海外での日本語サポートサービスの内容が大きく異なります。

グリーンカードの「グローバルホットライン」では航空券の予約・レストランの案内などの「海外情報サービス」のみになりますが、ゴールドカードの「オーバーシーズアシスト」では「海外情報サービス」の他に「メディカルサービス」と「リーガルアシストサービス」が加わります。

ゴールドカードとグリーンカードとでは、海外に出かけた時の安心感が大きく異なります。

その他にも、ゴールドカードには世界70ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊すると、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド / 1名分)が無料になる「プリファードゴルフ」と、京都の圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」のサービスが加わります。

カード
空港ラウンジサービス 国内28空港・海外1空港 国内28空港・海外1空港
プライオリティパス スタンダード会員 スタンダード会員
プライオリティパスへの家族会員入会
プライオリティパス年2回無料利用 ×
海外でのサポートデスク オーバーシーズアシスト グローバルホットライン
海外での情報サービス
海外でのメディカルサービス ×
海外でのリーガルアシストサービス ×
アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク
Expediaの優待割引
手荷物無料宅配サービス
エアポート送迎サービスの優待利用
空港周辺パーキングの優待利用
無料ポーターサービス
空港クロークサービス
エアポートミールサービス(国内線)
カーシェアリングサービス タイムズ カー プラス優待
国内レンタカーの優待
海外用携帯電話レンタルサービス
プリファードゴルフ ×
京都特別観光ラウンジ ×

エンターテインメント関係サービス・優待の比較

エンターテインメント関係サービス・優待では、グルメ関連のサービスが大きく異なります。

まず、ゴールドカードには「ゴールド・ダイニング by 招待日和」がありますがグリーンカードにはありません。

この「ゴールド・ダイニング by 招待日和」は、国内外約200店舗のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1年に2回1名分のコース料理代が無料となるサービスです。

このサービスは各社のプラチナカードの目玉的特典で、このサービスを毎年2回利用するだけでプラチナカードの年会費の元が取れると言われています。

次にゴールドカードにはAmerican Express Invitesがありますがグリーンカードにはありません。

このAmerican Express Invitesでは、世界中から厳選した400以上のレストランで飲食代金の20%オフやボトルワインのサービスが受けられます。

このように、ゴールドカードとグリーンカードとでは、グルメ関連のサービスが大きく違ってきます。

カード
ゴールド・ダイニング by 招待日和 ×
American Express Invites(レストラン優待) ×
GOLDEN MOMENTS(イベント) ×
ゴールドワインクラブ ×
コットンクラブ特典
新国立劇場特典
チケットアクセスの利用
メンバーシップ・レビュー

海外旅行傷害保険の比較

ゴールドカードとグリーンカードとでは、海外旅行傷害保険の内容も大きく異なっています。

まず本会員の保険の付帯条件ですが、ゴールドカードは自動付帯であるのに対して、グリーンカードは利用付帯になります。

うっかりしてカードで海外航空券やツアーの手配を決済しなかった時のことを考えると、自動付帯の保険は安心感があります。

またゴールドカードでは、カードで海外航空券やツアーの代金を支払った場合には補償金額が上乗せされ、傷害死亡時は1億円、利用頻度が高い傷害・疾病治療費用が300万円になります。

家族会員や家族特約の補償内容もゴールドカードがグリーンカードを上回っているので、海外旅行や海外出張に出かける機会が多い人はゴールドカードの選択がベターだと思います。

本会員

付帯条件 自動付帯 利用付帯
傷害死亡 5,000万円
利用付帯:1億円
5,000万円
傷害後遺障害 最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
最高5,000万円
傷害治療費用 200万円
利用付帯:300万円
100万円
疾病治療費用 200万円
利用付帯:300万円
100万円
賠償責任 4,000万円 3,000
携行品損害 1旅行最高50万円
年間限度額100万円
1旅行最高30万円
年間限度額100万円
救援者費用 300万円
利用付帯:400万円
200万円
航空機遅延費用等 2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 2万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間

家族会員

付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡 5,000万円 5,000万円
傷害後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用 300万円 100万円
疾病治療費用 300万円 100万円
賠償責任 4,000万円 3,000
携行品損害 1旅行最高50万円
年間限度額100万円
1旅行最高30万円
年間限度額100万円
救援者費用 400万円 200万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間

家族特約

付帯条件 自動付帯 利用付帯
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 最高1,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 200万円 100万円
疾病治療費用 200万円 100万円
賠償責任 4,000万円 3,000
携行品損害 1旅行最高50万円
年間限度額100万円
1旅行最高30万円
年間限度額100万円
救援者費用 300万円 200万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間

プロテクションの比較

最後にプロテクションの比較です。

プロテクションはアメックス独自の保険で、アメックスのクレジットカードを持つ大きなメリットになります。

4つのプロテクションのうちで「キャンセルプロテクション」だけがゴールドカードにありグリーンカードにありません。

キャンセルプロテクションとは、急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気・怪我による入院などで、予約していた旅行をキャンセルしたり、チケットを購入済みのコンサートに行けなくなった場合、キャンセル費用などの損害を最高10万円まで補償するものです。

海外旅行に頻繁に出かける人にとっては、キャンセルプロテクションは大きな安心になると思います。

カード
キャンセルプロテクション ×
ショッピング・プロテクション
リターン・プロテクション
オンラインプロテクション

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

アメックスのゴールドカードとグリーンカードを6つの項目について比較してみました。

結論としては、海外出張・海外旅行に頻繁にいかれる方やグルメ関連のサービス・優待に魅力を感じる人にはゴールドカードがベストチョイスになります。

一方で、海外でのサービスやグルメ関連の特典よりも、ステータス性が高くコストパフォーマンスに優れたカードを持ちたい人にはグリーンカードが良いと思います。

この記事が皆さんのお役に立てばうれしいです。

※アメックスのゴールドカードとグリーンカードについては、次の記事で詳細にご紹介しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、コストパフォーマンスが高く海外旅行にもおススメのカードです。 名前の通りカードの...
アメリカン・エキスプレス・カードは、ステータス性と海外旅行関連の特典が両立した魅力的なカードです。「メンパーシップ・リワード・プラス」に加入するとマイルへの交換率が上がりポイントも無期限に貯められます。海外旅行にもおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイト・ご加入はこちら



アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト・ご加入はこちら



この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

関連記事

【一緒に読まれている記事】