無料で空港ラウンジが利用できる「三井住友VISAカード」はこのカード




今年の夏の旅行に備えてクレジットカードを作ろうと思っている人も多いと思います。

その中でも「三井住友VISAカード」は、海外旅行傷害保険の内容が充実しているので海外旅行用としておススメのクレジットカードです。

そんな「三井住友VISAカード」にも、国内外の空港にあるラウンジが無料で利用できる特典が付いているカードがあることをご存じでしょうが?

空港のラウンジというと、ファーストクラスやビジネスクラスを利用する人しか使えないと思っている人もいると思いますが、そんなことは無いのです。

「三井住友VISAゴールドカード」「三井住友VISAプライムゴールドカード」であれば、クレジットカードの特典として国内28空港のラウンジを無料で利用することができるのです。

さらに、「三井住友プラチナカード」であれば、国内28空港のラウンジを無料で利用できることに加えて、プライオリティパスのプレステージ会員にも無料で登録できます。

今回の記事では、無料で空港ラウンジが利用できる「三井住友VISAカード」と、利用できる国内外の空港のラウンジをご紹介します。



スポンサーリンク

空港ラウンジが利用できる「三井住友VISAカード」はこのカード

9種類の「三井住友VISAカード」のうち、無料で国内28空港のラウンジが利用できるのは「三井住友VISAゴールドカード」「三井住友VISAプライムゴールドカード」「三井住友プラチナカード」です。

「三井住友VISAゴールドカード」の年会費は10,000円(税別)ですが、WEB明細とマイ・ペイすリボ申し込みで4,000円(税別)まで割引になります。

わずか4,000円(税別)の年会費で、空港ラウンジの無料利用など洗練されたゴールドカードの特典が享受できるコストパフォーマンスが高いゴールドカードです。

「三井住友VISAプライムゴールドカード」は20代専用のゴールドカードで年会費は5,000円(税別)ですが、WEB明細とマイ・ペイすリボ申し込みで1,500円(税別)まで割引になります。

わずか1,500円(税別)の年会費で国内28空港のラウンジが無料で利用できるのですから、20代の人には注目をしてもらいたいゴールドカードです。

「三井住友プラチナカード」の年会費は50,000円(税別)になりますが、世界500都市1,000か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」のプレステージ会員に登録できる特典も付いています。

カードの種類 年会費 国内
28空港
プライオリティパス
三井住友プラチナカード
50,000円
(税別)
三井住友VISAゴールドカード
10,000円(税別)
(初年度無料)
×
三井住友VISAプライムゴールドカード
5,000円(税別)
(初年度無料)
×
三井住友VISAエグゼクティブカード
3,000円(税別)
(初年度無料)
× ×
三井住友VISAアミティエカード
1,250円(税別)
(初年度無料)
× ×
三井住友VISAクラシックカードA
1,500円(税別)
(初年度無料)
× ×
三井住友VISAクラシックカード
1,250円(税別)
(初年度無料)
× ×
三井住友VISAデビュープラスカード
1,250円(税別)
(初年度無料)
× ×
三井住友VISAエブリプラス
永年無料
リボ払い専用カード
× ×

「三井住友VISAゴールドカード・プライムゴールドカード」

「三井住友VISAゴールドカード・プライムゴールドカード」では国内28空港のラウンジを利用可能

「三井住友VISAゴールドカード・プライムゴールドカード」では、国内28空港のラウンジを利用することができます。

空港ラウンジを無料で利用できるのは本会員と家族会員です。同伴者は有料となります。

【三井住友VISAゴールドカード・プライムゴールドカードで利用可能なラウンジ】

  • 国内空港:28空港
  • 利用対象者:カード会員・家族会員のみ無料

三井住友VISAゴールドカード
年会費
10,000円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAプライムゴールドカード
年会費
5,000円(税抜)
(初年度無料)

利用可能な空港ラウンジ

「三井住友VISAゴールドカード・プライムゴールドカード」で利用できる空港ラウンジは、ゴールドカードの会員などが利用できるいわゆる「カードラウンジ」になります。

JALの「サクララウンジ」など、航空会社が運営するラウンジは利用することはできません。

エリア 空港 ラウンジ
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ・ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東・甲信越 成田国際空港第1ターミナル ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
成田国際空港第2ターミナル TEIラウンジ
羽田空港第1旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH・SOUTH
POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港第2旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
エアポートラウンジ(南)
羽田空港国際線ターミナル SKY LOUNGE
SKY LOUNGE ANNEX
新潟空港 エアリウムラウンジ
中部・北陸 中部国際空港 プレミアムラウウジセントレア
富山空港 らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
近畿 関西国際空港 六甲・金剛・比叡・アネックス六甲
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
中国・四国 岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ「もみじ」
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
徳島空港 「ヴォルティス」
九州・沖縄 北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
熊本空港 ラウンジ「ASO」
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港 ラウンジくにさき
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~

三井住友VISAプラチナカード

「三井住友VISAプラチナカード」では国内28空港の他・世界中の空港ラウンジを利用可能

「三井住友VISAプラチナカード」では、本会員と家族会員に加えて同伴者1名まで、無料で国内28空港のラウンジを利用することができます。

【三井住友VISAプラチナカードで利用可能なラウンジ】

  • 国内空港:28空港
  • 利用対象者:カード会員・家族会員・同伴者1名のみ無料
  • プライオリティパス:プレステージ会員(本会員・家族会員とも登録可能)

また「三井住友VISAプラチナカード」の本会員・家族会員は、世界500都市1,000か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」のプレステージ会員に無料で登録することができます。

三井住友プラチナカード
年会費
50,000円(税抜)

利用可能な空港ラウンジ

「三井住友VISAプラチナカード」で利用できる空港ラウンジは、ゴールドカードの会員などが利用できるいわゆる「カードラウンジ」になります。

JALの「サクララウンジ」、ANAの「ANAラウンジ」など、航空会社が運営するラウンジは利用することはできません。

エリア 空港 ラウンジ
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ・ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
関東・甲信越 成田国際空港第1ターミナル ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ
成田国際空港第2ターミナル TEIラウンジ
羽田空港第1旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH・SOUTH
POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港第2旅客ターミナル POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
エアポートラウンジ(南)
羽田空港国際線ターミナル SKY LOUNGE
SKY LOUNGE ANNEX
新潟空港 エアリウムラウンジ
中部・北陸 中部国際空港 プレミアムラウウジセントレア
富山空港 らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
近畿 関西国際空港 六甲・金剛・比叡・アネックス六甲
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
中国・四国 岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ「もみじ」
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
徳島空港 「ヴォルティス」
九州・沖縄 北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
熊本空港 ラウンジ「ASO」
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港 ラウンジくにさき
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~

三井住友プラチナカードは「プライオリティパス」に無料で登録できる

三井住友プラチナカードの会員と家族会員は、年に1回プレゼントされる「メンバーズセレクション」の中から「プライオリティパス」を選ぶと、プライオリティパスの「プレステージ会員」に年会費無料で登録することができます。

「プライオリティパス」とは何か

「プライオリティパス」は、世界中の空港ラウンジを利用することができる会員制のサービスです。

「プライオリティパス」「プレステージ会員」になると、世界120ヶ国400以上の都市にある900ヶ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。

ファーストクラスやビジネスクラスを利用しない場合でも、世界中の空港でチェックインから搭乗までの時間をゆったりと過ごすことができます。

プライオリティパスの公式サイトはこちら

プライオリティパスの会員資格と費用

プライオリティパスの会員資格は「プレステージ会員」「スタンダード・プラス会員」「スタンダード会員」の3種類に分かれています。

それぞれの会員資格の会費と利用料金は次のとおりです。

「三井住友プラチナカード」の本会員・家族会員は、年会費無料「プレステージ会員」に登録ができます。

会員名 年会費 会員利用料金 同伴者料金
プレステージ会員 429USD 全て無料 1名:32USD
スタンダード・プラス会員 299USD 年10回までは無料
その後は1回:32USD
1名:32USD
スタンダード会員 99USD

1回:32USD

1名:32USD

「プライオリティパス」で利用できるラウンジ

空港のラウンジには、「サクララウンジ」(JALのラウンジ)や「ANAラウンジ」(ANAのラウンジ)といった航空会社が運営しているラウンジと、成田空港にある「IASSラウンジ」「TEIラウンジ」といったクレジットカードの上級会員向けのラウンジがあります。

「プライオリティパス」の会員になると、これらのラウンジのうち空港ごとに指定されたラウンジを利用することができます。

例えば成田空港の第1ターミナルでは、プライオリティパスの会員は「KALラウンジ」(大韓航空のラウンジ)「IASSラウンジ」「TEIラウンジ」が利用できます。

また、成田空港第2ターミナルでは「IASSラウンジ」「TEIラウンジ」が利用できます。

※利用できるラウンジはプライオリティパスの公式サイトで検索できます。

プライオリティパスの運営会社

プライオリティパスを運営しているのはプライオリティパス社(Priority Pass)。

英国ロンドンに本拠を持つコリンソン・グループ(Collinson Group)傘下にあるプライオリティ・トラベル・グループ(Priority Travel Group)に属しています。

プライオリティ・トラベル・グループ(Priority Travel Group)は、国際的な旅行クラブおよびサービス分野を専門としているようです。

プライオリティパス社の拠点は、香港・イギリス(ロンドン)・アメリカ(ダラス)にあります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

9種類の「三井住友VISAカード」の中でも、「三井住友VISAゴールドカード」「三井住友VISAプライムゴールドカード」「三井住友プラチナカード」であれば、クレジットカードの特典として国内28空港のラウンジを無料で利用することができます。

さらに、「三井住友プラチナカード」はプライオリティパスのプレステージ会員に年会費無料で登録ができます。

「三井住友VISAゴールドカード」の年会費は4,000円(税別)、「三井住友VISAプライムゴールドカード」の年会費は1,500円(税別)にまで割引ができるので、ステータス性が高いプロパーカードのゴールドカードの中では最もコストパフォーマンスが高いおススメのカードです。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

「三井住友VISAカード」一覧

三井住友プラチナカード
年会費
50,000円(税抜)
三井住友VISAゴールドカード
年会費
10,000円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAプライムゴールドカード
年会費
5,000円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAエグゼクティブカード
年会費
3,000円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAアミティエカード
年会費
1,250円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAクラシックカードA
年会費
1,500円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAクラシックカード
年会費
1,250円(税抜)
(初年度無料)
三井住友VISAデビュープラスカード
年会費
1,250円(税抜)
(初年度無料)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

関連記事

【関連記事】