「JALカード」の海外旅行傷害保険を比較してみました


JALカードはJALマイレージクラブ会員のためのクレジットカードです。

JALのボーナスマイルやショッピングマイルも貯まるので、今年の海外旅行に備えてカードを作ろうと思っている人も多いと思います。

そんなJALカードですが、実はカードの種類によって海外旅行傷害保険の内容が大きく異なっていることをご存知でしょうか?

マイルを貯めるとに関してはカードの種類による差は小さいのですが、海外旅行傷害保険を始めとした付帯特典に関してはカードの種類による差がとても大きいのです。

そんなこともあり、今回の記事では全てのJALカードの海外旅行傷害保険だけにスポットを当てて比較をしてみました。

もちろん海外旅行保険の内容だけでそのカードの善し悪しが決まるわけではないのですが、JALカード選びの参考になると思います。

私見にはなるのですが、クレジットカード付帯の海外旅行保険を選ぶ際のチェックポイントについても触れてみました。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら



JALカードの種類・ブランド・年会費

まず最初に、JALカードの種類・ブランド・年会費・提携先ついて簡単にご紹介します。

JALカードのグレードは4種類

JALカードのグレードは次の4種類に分かれています。

  • 普通カード
  • CLUB-Aカード
  • CLUB-Aゴールドカード
  • プラチナカード

提携しているブランドは、「普通カード」では「VISA」「Master」「JCB」の他、年会費は高くなりますが「アメリカンエキスプレス」も選べます。

「CLUB-Aゴールドカード」では「VISA」「Master」「JCB」の他、「ダイナース」「アメリカンエキスプレス」も選べます。

「プラチナカード」「JCB」「アメリカンエキスプレス」のみになります。

カードの種類 普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールド
プラチナカード
VISA・Master・JCB 本会員年会費(税込) 2,160円
入会後1年間無料
10,800円 17,280円 33,480円
(JCBのみ)
VISA・Master・JCB 家族会員年会費(税込) 1,080円
入会後1年間無料
3,780円 8,640円 16,740円
(JCBのみ)
AMEX 本会員年会費(税込) 6,480円 20,520円 33,480円
AMEX 家族会員年会費(税込) 2.700円 8,640円 16,740円
ダイナース 本会員年会費(税込) 30,240円
ダイナース 家族会員年会費(税込) 9,720円

JALカードの提携カード会社

JALカードでは、カードの名称・ブランドによって提携カード会社が異なります。

JALカードは、JR東日本・東急電鉄・小田急電鉄といった鉄道会社との提携カードも展開していることも特徴的です。

カードの名称・ブランド 提携カード会社
JAL JCBカード 株式会社JCB
JAL VISAカード 三菱UFJニコス株式会社
JAL Mastercard 三菱UFJニコス株式会社
JALカード Suica 株式会社ビューカード
東日本旅客鉄道株式会社
JALカード TOKYU POINT ClubQ 東京急行電鉄株式会社
株式会社東急百貨店
東急カード株式会社
三菱UFJニコス株式会社
JALカード OPクレジット 小田急電鉄株式会社
株式会社ジェーシービー
JAL アメリカン・エキスプレス・カード 三菱UFJニコス株式会社
JAL ダイナースカード 三井住友トラストクラブ株式会社

旅行先で「使える」カード付帯海外旅行保険をチェックする5つの重要ポイント

海外旅行に行くときには「海外旅行保険が付いているクレジットカードを持っていれば安心だ」と思ってしまいますよね。

でも、クレジットカードに付帯している「海外旅行保険」は、その付帯する条件や内容・金額によって実際には全く役に立たない場合もあるので注意が必要です。

そこで、クレジットカードに付帯する海外旅行保険を見分ける場合に最低でもチェックしたい5つのポイントをご紹介します。

  1. 付帯条件は「自動付帯」か「利用付帯」か
  2. 「傷害治療費用」「疾病治療費用」が補償されるかどうか
  3. 「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償金額は十分か
  4. 日本語による24時間救急サポートが受けられるか
  5. 医療費キャッシュレス診療を受けられるか

この5つのポイントは、そのクレジットカードに付帯している海外旅行保険が実際に役に立つのかどうかを見分けるために重要な項目になります。

JALカードの海外旅行保険に関しても、この5つのポイントを中心に見ていくと、実際に使える保険なのかどうかの判断ができます。

さらに、家族で海外旅行をする場合には、次の3つのポイントについてもチェックをする必要もあるでしょう。

  1. 家族会員は本会員と同じ補償を受けられるのか
  2. 家族特約は付いているのか
  3. 家族特約の保険金額と補償内容はどうか

どうしてこ5つのポイントが重要なのかについては、次の記事にまとめていますので、時間がある方は読んでみてください。

私がクレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険を見分けるために注目している5つのチェックポイントとその理由についてご紹介しています。海外旅行先で役に立たない保険もあるので注意が必要です。

それでは、それぞれのカードに付帯している海外旅行傷害保険について、この5つのポイントをチェックしてみたいと思います。

JALカード「普通カード」の海外旅行保険比較

まずカード「JAL普通カード」の海外旅行保険です。

JALカード「普通カード」の海外旅行傷害保険比較表

JALカード「普通カード」では、「JCB・VISA・Mastercard」ブランドの「普通カード」と「アメリカン・エキスプレス」ブランドの「普通カード」とでは、海外旅行保険の内容が大きく異なっているので注意が必要です。

カードの種類 JAL普通カード
(JCB・VISA・Mastercard)
JALアメリカンエキスプレスカード
本会員年会費 2,160円(税込) 6,480円(税込)
家族会員年会費 1,080円(税込) 2,700円(税込)
付帯条件 自動付帯 自動付帯
付保対象者 本会員
家族会員
家族特約 本会員
家族会員
家族特約
傷害死亡 1,000万円 自動付帯:
1,000万円
利用付帯:
2,000万円
1,000万円
傷害後遺障害 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100%
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 100万円 100万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間 90日間

JALカード「普通カード」海外旅行傷害保険の評価

「JCB・VISA・Mastercardブランド」の海外旅行傷害保険は旅行中役に立ちません

「JAL普通カード」「JALアメリカンエキスプレスカード」ともに、海外旅行保険は自動付帯です。

しかし、「JCB・VISA・Mastercardブランド」のJALカード「普通カード」の海外旅行保険に関しては、上の表にもあるように「傷害治療費用」「疾病治療費用」が担保されておらず、「日本語による24時間救急サポート」「医療費キャッシュレスサービス」も利用できません。

これでは海外旅行中には全く役に立ちません。使えません。残念です。

本人・家族用に他の海外旅行保険が充実しているクレジットカードを複数枚持参するか、任意の海外旅行保険に加入するかして、海外旅行保険を別途準備することが必須です。

最初からこんな話はしたくなかったのですが、手数料無料で「使える」海外旅行保険が充実しているクレジットカードがいくつかあります。

「傷害死亡」「傷害後遺障害」以外の補償金額は、複数のクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険や任意加入の海外旅行傷害保険の金額を合算できるので、海外旅行傷害保険の内容が充実したクレジットカードを複数持つだけでも、海外旅行傷害保険を準備することは可能です。

おすすめの手数料無料のクレジットカードは、エポスカードジャックス横浜インビテーションカード三井住友アミティエカード三井住友クラシックカードAです。

手数料無料で海外旅行傷害保険が充実したクレジットカードについては、次の記事でご紹介しています。

年会費が無料なのに、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられる充実した海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを3種類ご紹介しています。

JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」は補償金額が不足します

JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」は5つのチェックポイントを全て満たしています。

しかし、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の保険金額は100万円しかありません。

この金額では補償額が不足するので、他の海外旅行保険が充実しているクレジットカードも複数枚持参するか、任意の海外旅行保険に加入する必要があります。

また、JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」の海外旅行保険には家族特約があるのですが、傷害死亡・傷害後遺障害しか補償されません。

家族カードを発行していないお子様などと旅行をする場合には、別途家族特約付きのクレジットカードを準備するか、任意の海外旅行保険に加入する必要があります。

なお、「JCB・VISA・Mastercardブランド」のJALカード「普通カード」の海外旅行傷害保険は残念な内容でしたが、マイルを貯めるためにはコストパフォーマンスに優れたカードです。

JALカード「普通カード」のメリット・デメリットに関しては次の記事で詳細にご紹介しています。

JALカード「普通カード」は初年度年会費無料。年に1回~2回JAL便で旅行をして買い物でもマイルを貯めたい人に最適なカード。今回は「普通カード」のうち「JCB・VISA・Mastercard」のメリット・デメリットについてご紹介します。

JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」も海外旅行傷害保険の金額は不足がちですが、実は「普通カード」なのに国内28空港の空港ラウンジを無料で利用できる凄いカードです。

JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」のメリット・デメリットに関しては次の記事で詳細にご紹介しています。

JALアメックス「普通カード」は買い物でマイルが貯まるだけでなく国内28空港・海外1空港のラウンジが会員本人と同伴者1名までが無料で利用可能。充実した海外旅行傷害保険がついたおすすめのJALアメックスカードです。年会費は6,480円(税込)です。

JALカード「CLUB-Aカード」の海外旅行傷害保険比較

続いて、JALカード「CLUB-Aカード」の海外旅行保険をチェックします。

JALカード「CLUB-Aカード」海外旅行傷害保険比較表

JALカード「CLUB-Aカード」には、JCB・VISA・Mastercardブランドのカードしかありません。

これらのブランドのJALカード「CLUB-Aカード」の海外旅行傷害保険の内容は全て同じです。

カードの種類 JAL CLUB-Aカード
本会員年会費 10,800円(税込)
家族会員年会費 3,780円(税込)
付帯条件 自動付帯
付保対象者 本会員・家族会員 家族特約
傷害死亡 5,000万円
傷害後遺障害 傷害死亡保険金額の3%~100%
傷害治療費用 150万円
疾病治療費用 150万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 100万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間

JALカード「CLUB-Aカード」海外旅行傷害保険の評価

JALカード「CLUB-Aカード」の海外旅行傷害保険は、5つのチェックポイントを全て満たしています。

「傷害治療費用」「疾病治療費用」の金額も150万円で、非ゴールドカードであることを考えるとそこそこ良心的な金額が補償されています。

ただし、150万円では「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の保険金額は不足することも考えられるので、他の海外旅行保険が充実しているクレジットカードも複数枚持参するか、任意の海外旅行保険に加入する必要があります。

家族会員も本会員と同じ内容の補償を受けることができますが、「JAL CLUB-Aカード」の海外旅行保険には家族特約がありません。

家族カードを発行していないお子様などと旅行をする場合には、別途家族特約付きのクレジットカードを準備するか、任意の海外旅行保険に加入する必要があります。

JALカード「CLUB-Aカード」は、国内外でJALグループ便を頻繁に利用する人にとってはマイルが貯まりやすいカードです。

JALカード「CLUB-Aカード」のメリット・デメリットは次の記事にまとめています。

JALカード「CLUB-Aカード」の年会費は10,800円(税込)と少々高いですが、ゴールドカード・プラチナカードと同内容のボーナスマイルが付与されオプションでショッピングマイルプレミアムも選べる高コスパのカードです。海外旅行保険も充実しています。

JALカード「CLUB-Aゴールドカード」の海外旅行保険比較

続いて「JAL CLUB-Aゴールドカード」の海外旅行保険についてです。

JALカード「CLUB-Aゴールドカード」の海外旅行保険比較表

JALカード「CLUB-Aゴールドカード」はJALカードのゴールドカードです。

複数のブランドがあることから、JALカード「CLUB-Aゴールドカード」には9種類ものカードが揃っています。

さらに、「JCB」ブランドと「VISA・Mastercard」ブランドの海外旅行傷害保険の内容も異なることもあり、海外旅行傷害保険の内容は4つのグループに分けられます。

カードの種類 JAL JCBカード
JAL OPクレジット
JAL Mastercard
JAL VISAカード
JAL TOKYU POINT ClubQ
本会員年会費 17,280円(税込) 17,280円(税込)
家族会員年会費 8,640円(税込) 8,640円(税込)
付帯条件 自動付帯 自動付帯
付保対象者 本会員
家族会員
家族特約 本会員
家族会員
家族特約
傷害死亡 自動付帯:
5,000万円
利用付帯:
5,000万円
1,000万円 5,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100%
傷害治療費用 300万円 200万円 150万円 150万円
疾病治療費用 300万円 200万円 150万円 150万円
賠償責任 1億円 2,000万円 2,000万円 2,000万円
携行品損害 50万円 50万円 50万円 50万円
救援者費用 400万円 200万円 150万円 150万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 3か月間 3か月間 90日間 90日間
カードの種類 JALアメリカンエキスプレスカード
JALダイナースカード
本会員年会費 20,520円(税込) 30,240円(税込)
家族会員年会費 8,640円(税込) 9,720円(税込)
付帯条件 自動付帯 自動付帯
付保対象者 本会員
家族会員
家族特約 本会員
家族会員
家族特約
傷害死亡 5,000万円 1,000万円 自動付帯:
5,000万円
利用付帯:
5,000万円
傷害後遺障害 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100%
傷害治療費用 200万円 200万円 300万円
疾病治療費用 200万円 200万円 300万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円 1億円
携行品損害 50万円 50万円 50万円
救援者費用 200万円 200万円 400万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間 90日間

JALカード「CLUB-Aゴールドカード」海外旅行傷害保険の評価

JALカード「JAL CLUB-Aゴールドカード」はさすがにJALのゴールドカードらしく、全てのカードが5つのチェックポイントを満たした海外旅行傷害保険が付帯しています。

ただし、「VISA」と「Mastercard」の「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の金額は150万円です。

「CLUB-Aカード」の金額と同じなのはちょっと残念です。

「アメリカン・エキスプレス・カード」の「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の金額は200万円で、ゴールドカードとしては標準的な金額です。

「JCB」と「ダイナースカード」の「傷害治療費用」「疾病治療費用」の金額は300万円で、全てのゴールドカードの中もトップクラスの金額が補償されています。

それでも「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の保険金額は不足するので、他の海外旅行保険が充実しているクレジットカードも持参するか、任意の海外旅行保険に加入したいところです。

なお、JALダイナースカード以外の「CLUB-Aゴールドカード」の海外旅行傷害保険には家族特約が付いているのですが、家族特約では医療費キャッシュレスサービスを利用することができないので注意が必要です。

「JCB・VISA・Mastercard」ブランドのJALカード「CLUB-Aゴールドカード」については、次の記事で詳細にご紹介しています。

JALカード「CLUB-Aゴールドカード」(JCB・VISA・Mastercard)は海外旅行や出張などでJAL便を頻繁に利用する人には最適なJALゴールドカードです。100円のショッピングで1マイルが付与され国内28空港のラウンジも無料で利用できます。

ゴールドカードなのに海外空港のラウンジが利用できるJALダイナースカードについては、次の記事で詳細にご紹介しています。

JALダイナースカードは、JALカードのサービスとダイナースクラブのベネフィットが融合した個性的なカードです。JALのマイルを貯めながらダイナースクラブの体験ができます。世界中600か所の空港ラウンジも無料で利用できます。

JALグループ航空券の購入で大量にマイルが貯まるJALアメリカン・エキスプレス・カード「CLUB-Aゴールドカード」については、次の記事で詳細にご紹介しています。

JALアメックス「CLUB-Aゴールドカード」はJALグループ航空券の購入の場合100円=3マイルが貯まります。空港ラウンジも同伴者1名も無料で利用可能。他の「CLUB-Aゴールドカード」からグレードアップしたJALゴールドカードです。

JALカード「プラチナ」の海外旅行傷害保険比較

最後にJALカード「プラチナ」の海外旅行傷害保険についてです。

JALカード「プラチナ」の海外旅行傷害保険比較表

JALカード「プラチナ」にはJAL・JCBカード「プラチナ」とJALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」の2種類のカードがあります。

この2種類のプラチナカードですが、海外旅行傷害保険に関しては全く異なる内容になっています。

カードの種類 JAL JCBプラチナカード
JALアメリカンエキスプレスカード
本会員年会費 33,480円(税込) 33,480円(税込)
家族会員年会費 16,740円(税込) 16,740円(税込)
付帯条件 自動付帯 自動付帯
付保対象者 本会員
家族会員
家族特約 本会員
家族会員
家族特約
傷害死亡 1億円 1,000万円 自動付帯:
5,000万円
利用付帯:
5,000万円
1,000万円
傷害後遺障害 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100% 傷害死亡保険金額の3%~100%
傷害治療費用 1,000万円 200万円 200万円 200万円
疾病治療費用 1,000万円 200万円 200万円 200万円
賠償責任 1億円 2,000万円 3,000万円 3,000万円
携行品損害 100万円 50万円 50万円 50万円
救援者費用 1,000万円 200万円 200万円 200万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 3か月間 3か月間 90日間 90日間

JALカード「プラチナ」の海外旅行傷害保険の評価

もちろん、JAL・JCBカード「プラチナ」も、JALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」ともに、5つのチェックポイントの条件を全て満たしています。

特に「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額は1,000万円と、クレジットカードに付帯する海外旅行保険の中ではトップクラスの金額です。

一方、「JALアメリカンエキスプレスプラチナカード」の「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額は200万円です。

万一の時には200万円の保険金額では不足するので、他の海外旅行保険が充実しているクレジットカードも持参するか、任意の海外旅行保険に加入する必要があります。

なお、プラチナカードには家族特約が付いているのですが、家族特約では医療費キャッシュレスサービスを利用することができないので要注意です。

JALカード「プラチナ」は、ステータス性と海外旅行関連の豊富な特典を備えた素晴らしいプラチナカードで。

両カードともに、世界120ヶ国400以上の都市にある900ヶ所以上の空港ラウンジが無料利用できる「プライオリティパス」のプレステージ会員に無料で登録できます。

JAL・JCBカード「プラチナ」については、次の記事で詳細にご紹介しています。

JAL・JCBカード「プラチナ」は、JALグループ航空券購入時に100円に付き4マイル貯まります。本会員はプライオリティパスに無料登録可能。最高水準の海外旅行保険も付いたなJALカードのステータスカードです。

JALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」については、次の記事で詳細にご紹介しています。

JALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」は、JALグループ航空券購入時に100円に付き4マイル貯まります。本会員・家族会員ともにプライオリティパスに無料登録可能なJALカードのステータスカードです。

海外旅行に出かける前に準備すること

「JALカード保険のご案内」は必ず持参しましょう

海外旅行にJALカードを持っていく場合に絶対に忘れてはいけない物があります。

それは、JALカードが送られてきた封筒に同封されていた「JALカード保険のご案内」という冊子です。

その理由は、この冊子にJALカードの「海外総合サポートデスク」に繋がるフリーダイヤルの電話番号が記載されているからです。

この冊子が見当たらない場合には、JALカードの公式サイトで「海外総合サポートデスク」の電話番号一覧をプリントしていくと安心です。

電話番号を見つけて「海外サポートデスク」に電話をしても、まだ確認をしなければならないことがあります。

「海外総合サポートデスク」を利用するためには、カード会員資格を確認するためにJALカードの「カード番号・有効期限」を口頭で伝えるだけでなく、「日本出国日が確認できるパスポートのコピー」をFAXで送付する必要があるのです。

※「JALカード保険のご案内」には、「原則、付保内容・日本出国日確認のために「カードおよびパスポートのコピー」をFAXしていただきます」との記載があります。

少なくともJALカードの番号がわからないと「海外サポートデスク」の利用ができないので、緊急時に慌てないように手帳などにJALカードの番号を控えておくと安心だと思います。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

JALカードは持っているだけでボーナスマイルがもらえて、ショッピングでもマイルが貯まるお得なクレジットカードです。

これからJALカードを作る人も多いと思いますが、「普通カード」の海外旅行保険に関しては注意が必要ですね。

クレジットカードの海外旅行保険を利用したいのであれば、JALカードの他に海外旅行保険が充実したクレジットカードを準備する必要がありそうです。

「普通カード」以外のJALカードを利用する場合でも、「傷害治療費用」「疾病治療費用」に関しては最低でも400万円~500万円は準備したいところです。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

「JALカード」一覧

JAL JCBカード「プラチナ」
年会費
31,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」
年会費
31,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALダイナースカード
年会費
28,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALアメリカン・エキスプレス・カード「CLUB-Aゴールドカード」
年会費
19,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALカード「CLUB-Aゴールドカード」(JCB・VISA・Mastercard)
年会費
16,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALカード「CLUB-Aカード」
年会費
10,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」
年会費
6,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALカード「普通カード」(JCB・VISA・Mastercard)
年会費
2,000円(税別)
(初年度無料)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら



この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!