お得にマイルを貯めるための「JALカード」の選び方

JALカードの種類は「普通カード」「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナ」の4種類。

さらにカードのブランドも「JCB」「VISA」「Master」「アメリカンエキスプレス」「ダイナース」から選べます。

年会費も2,160円(税込)から33,480円(税込)と幅があって、海外旅行傷害保険や国内・海外空港ラウンジのサービスが充実しているカード、海外旅行やグルメの特典が充実しているカードもあります。

正直、どのカードを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

でも、JALカードを持つのは「JALマイレージクラブ」会員の人ですから、JALのマイルを貯めるためにJALカードを選んでいるはず。

そこで「お得にマイルを貯める」ことだけを目的にした場合に最適なのはどのカードかを調べてみました。

意外にも、シンプルにマイルを貯めることだけを考えると、最もコストパフォーマンスが高いのはJALカード 「普通カード」

1年間に2万マイル以上JAL便を利用する人におすすめなのはJALカード「 CLUB-Aカード」

1年間にJALカードで43万円分以上のJALグループ航空券を購入する人はJALカード「プラチナ」がお得であることがわかりました。

それでは、今回の記事ではお得にマイルを貯めることだけにフォーカスしたJALカードの選び方をご紹介したいと思います。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら



目次

JALカードの種類・ブランド・提携先

まず最初に、JALカードの種類・ブランド・提携先ついて簡単にご紹介します。

JALカードのグレードは4種類

JALカードのグレードは次の4種類に分かれています。

  • 普通カード
  • CLUB-Aカード
  • CLUB-Aゴールドカード
  • プラチナ

提携しているブランドは、「普通カード」では「VISA」「Master」「JCB」の他、年会費は高くなりますが「アメリカンエキスプレス」も選べます。

「CLUB-Aゴールドカード」では「VISA」「Master」「JCB」の他、「ダイナース」「アメリカンエキスプレス」も選べます。

「プラチナ」は「JCB」と「アメリカンエキスプレス」のみになります。

JALカードの種類と年会費

JALカードは、全ての種類で年会費が必要になります。

カードの種類 普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールド
プラチナカード
VISA・Master・JCB 本会員年会費(税込) 2,160円
入会後1年間無料
10,800円 17,280円 33,480円
(JCBのみ)
VISA・Master・JCB 家族会員年会費(税込) 1,080円
入会後1年間無料
3,780円 8,640円 16,740円
(JCBのみ)
AMEX 本会員年会費(税込) 6,480円 20,520円 33,480円
AMEX 家族会員年会費(税込) 2.700円 8,640円 16,740円
ダイナース 本会員年会費(税込) 30,240円
ダイナース 家族会員年会費(税込) 9,720円

「普通カード」の「JCB」「VISA」「Master」と「アメリカンエキスプレス」では年会費が異なります。

また、「普通カード」の「JCB」「VISA」「Master」は初年度の年会費が無料になりますが、「アメリカンエキスプレス」では初年度年会費は無料になりません。

「CLUB-Aゴールドカード」でも、「JCB」「VISA」「Master」と「アメリカンエキスプレス」「ダイナース」では年会費が異なります。

JALカードのブランドと提携先

JALカードでは、カードの種類ごとに次の提携先のカードを選ぶことができます。

同じ種類のカードでも、提携先によってカードの機能や付帯するサービスが異なっています。

ただし、今回は付帯する保険やラウンジサービスなどは考慮しないことにします。

カードの種類 普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールド
プラチナカード
JAL JCBカード
JAL Mastercard
JAL VISAカード
JALカードSuica(JCB)
JALカードTOKYU POINT ClibQ Mastercard
JALカードTOKYU POINT ClibQ Visaカード
JALカード OPクレジット(JCB)
JAL アメリカンエキスプレスカード
JAL ダイナースカード

JALカードでは、カードの名称・ブランドによって提携カード会社が異なります。

JALカードは、JR東日本・東急電鉄・小田急電鉄といった鉄道会社との提携カードも展開していることも特徴的です。

カードの名称・ブランド 提携カード会社
JAL JCBカード 株式会社JCB
JAL VISAカード 三菱UFJニコス株式会社
JAL Mastercard 三菱UFJニコス株式会社
JALカード Suica 株式会社ビューカード
東日本旅客鉄道株式会社
JALカード TOKYU POINT ClubQ 東京急行電鉄株式会社
株式会社東急百貨店
東急カード株式会社
三菱UFJニコス株式会社
JALカード OPクレジット 小田急電鉄株式会社
株式会社ジェーシービー
JAL アメリカン・エキスプレス・カード 三菱UFJニコス株式会社
JAL ダイナースカード 三井住友トラストクラブ株式会社

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

JALカードで貯まるマイルは3種類

JALカードを保有・利用することで貯まるのは次の3つのマイルです。

  1. フライトで貯まるボーナスマイル
  2. カード決済で貯まるマイル
  3. 電子マネーへのオートチャージで貯まるマイル

このそれぞれのマイルについて、どのカードが最もお得に貯められるのかについて見てみます。

フライトボーナスマイルをお得に貯めるJALカードの選び方

まず最初は「フライトで貯まるボーナスマイル」について、どのカードが最もお得に貯められるのかについて見てみます。

JALカードを保有しているJALマイレージクラブ会員は、JALグループ便を利用すると「JALカード限定ボーナスマイル」を貯めることができます。

この「JALカード限定ボーナスマイル」の獲得は、航空券の購入やツアー代金の支払いにJALカードを利用することは条件になっていません。

つまり、JALカードを保有しているだけで「カード限定ボーナスマイル」がもらえるのです。

JALカードを持っていないと損をしてしまいますよね。

さらに、対象割引運賃でJALグループ便を利用する場合にJALの国内線・国際線ともに通常のフライトマイルに「ツアープレミアムボーナスマイル」が加算され、合計で区間マイルの100%マイルが貯まる「JALツアープレミアム」という有償のオプションも用意されています。

ここでは、この「JALカード限定ボーナスマイル」をお得に貯めるJALカードの選び方をご紹介します。

JALカードの種類ごとに得られるボーナスマイル数

JALカード限定ボーナスマイルには次の3つがあります。

  • 入会搭乗ボーナス
  • 毎年初回搭乗ボーナス
  • 搭乗ごとのボーナスマイル

「入会搭乗ボーナス」は、JALカードに入会して最初にJALグループ便を利用した時にカード毎に決められたマイル数が付与されます。

「毎年初回搭乗ボーナス」は「入会搭乗ボーナス」獲得年の翌年以降にカード毎に決められたマイル数が付与されるので、同じ年に「毎年初回搭乗ボーナス」と「入会搭乗ボーナス」はダブルでは付与されません。

「搭乗ごとのボーナスマイル」は、JALグループ便を利用するごとにフライトマイルの10%または25%相当分がボーナスマイルとして付与されます。

カードの種類 普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールド
プラチナカード
入会搭乗ボーナス 1,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
搭乗ごとのボーナス フライトマイル ×10% フライトマイル ×25%

「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」の3種類のカードで獲得できる、「JALカード限定ボーナスマイル」のマイル数は同じです。

カードの年会費が高いカードほど「JALカード限定ボーナスマイル」がたくさん貯まるということではなさそうです。

「JALカード限定ボーナスマイル」の事だけを考えるのであれば、「普通カード」と「CLUB-Aカード」のどちらを選ぶかを考えれば良いことになります。

「普通カード」は毎年1回JAL便を利用すれば保有メリットが発生する

JAL「普通カード」で気を付けなければならないのは、毎年2,160円(税込)の年会費が発生することです。

ただし、「普通カード」では「入会搭乗ボーナス」「毎年初回搭乗ボーナス」が1,000マイル獲得できるので、マイルの価値が1マイル=2円であることを考えると、毎年1回JALグループ便を利用すれば「普通カード」の年会費(税抜きでは2,000円)を回収できることになります。

そして、毎年1回以上JALグループ便を利用するのであれば「搭乗ごとのボーナス」の10%分が「普通カード」の保有メリットとして発生します。

逆に言うと、ボーナスマイルに限れば、毎年1回以上JALグループ便を利用しないと「普通カード」の年会費は持ち出しになってしまうということです。

毎年JAL便を2万マイル以上利用すれば「CLUB-Aカード」が有利

「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」のボーナスマイル数は同じです。

「入会搭乗ボーナス」は5,000マイル、「毎年初回搭乗ボーナス」は2,000マイル、「搭乗ごとのボーナス」はフライトマイルの25%になります。

この3種類のなかで最も年会費が安いのは「CLUB-Aカード」で10,800円(税込)。

マイルの価値を1マイル=2円だとすると、2年目以降に「CLUB-Aカード」の年会費(税抜きで10,000円)を回収できるのは、JALグループ便を年間12,000マイル利用した時になります。

【年会費10,000円に相当するマイル数は5,000マイルだと考えると】

  • 「年会費相当」の5,000マイルー「初回搭乗ボーナス」2,000マイル=3,000マイル
  • 差額の3,000マイルを搭乗ボーナスで回収するためのマイル数は、3,000マイル÷0.25=12,000マイル

また、「CLUB-Aカード」と「普通カード」との年会費の差額は税抜きで8,000円なので、「CLUB-Aカード」が「普通カード」よりも有利になるのは、JALグループ便を毎年2万マイル以上利用する場合になります。

【毎年2万マイル利用した時に得られるボーナスマイル数は?】

  • 「普通カード」:1,000マイル+2,000マイル(2万マイルの10%)=3,000マイル
  • 「CLUB-Aカード」:2,000マイル+5,000マイル(2万マイルの25%)=7,000マイル
  • 7,000マイル―3,000マイル=4,000マイル(8,000円相当)

このように、毎年20,000マイル以上JAL便を利用するのであれば「CLUB-A」カードの保有がお得になります

逆に、JALグループ便を年間20,000マイル以上利用しないのであれば、ボーナスマイルに関しては「CLUB-Aカード」以上のカードを保有するメリットはないようです。

JALツアープレミアムには加入すべきか

JALツアープレミアムに加入すると、対象割引運賃でJALグループ便を利用する場合に、JALの国内線・国際線ともに通常のフライトマイルに「ツアープレミアムボーナスマイル」が加算され、合計で区間マイルの100%マイルが貯まります。

ただし、ツアープレミアムに登録するためには、JALカードの年会費に2,160円(税込)をプラスしなければなりません。

マイルの価値を1マイル=2円だとすると、毎年1,000マイル以上の「ツアープレミアムボーナスマイル」を得られれば有利になるので、ご自分の旅行スタイルに合わせて加入するかどうかを検討しましょう。

JALツアープレミアムの内容

対象割引運賃 通常のフライトマイル ツアープレミアム登録
JAL国際線 ビジネスクラス
(予約クラス:I)
70% 100%
JAL国際線 エコノミークラス
(予約クラス:H/K/M)
70% 100%
JAL国際線 エコノミークラス
(予約クラス:L/V/S/E/N/O/G/R)
50% 100%
JALグループ
国内線
先得割引・スーパー先得、ウルトラ先得、乗継割引28 75% 100%
JALグループ
国内線
ダイナミックパッケージ 50% 100%
JALグループ
国内線
パッケージツアーに適用される個人包括旅行割引運賃 50% 100%

JALツアープレミアムの対象となる運賃は、上記の表に記載されている運賃だけです。

期間限定セールなどに適用される「Special Saver」(予約クラスQ)は対象になりません。

毎年グアム旅行に行くのであれば「JALツアープレミアム」の加入が有利

例えば、「普通カード」の会員がJAL国際線のエコノミークラス「Economy Saver」(予約クラスS)で東京-グアム(片道:1,561マイル)を往復する場合のフライトマイルは次の通りとなります。

【JALツアープレミアム未加入の場合】

  • フライトマイル(50%積算):1,561マイル
  • 搭乗ごとのボーナスマイル(10%):156マイル
  • 合計マイル:1,717マイル
【JALツアープレミアム加入の場合】

  • フライトマイル(50%積算):1,561マイル
  • 搭乗ごとのボーナスマイル(10%):156マイル
  • ツアープレミアムボーナスマイル(50%):1,561マイル
  • 合計マイル:3,278マイル

「普通カード」の会員がエコノミークラスの割引運賃で東京ーグアムを往復する場合には、JALツアープレミアムに加入すると1,561マイルを多く獲得できます。

こちらも1マイル=2円と考えるのであれば、ツアープレミアムの登録料を回収した上でツアープレミアムのメリットが発生しています。

毎年1回JALでグアムに旅行するような場合には、ツアープレミアムに加入することでお得にマイルを貯めることができるのです。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

ショッピングマイルをお得に貯めるJALカードの選び方

2番目に、どのJALカードがショッピングマイルをお得に貯めることができるのかについて見てみます。

ショッピングマイルの貯まり方は、「日々の買い物」と「JALグループ航空券の購入」とでは異なります。

そのため「日々の買い物」と「JALグループ航空券の購入」は別個に考えてみます。

毎日の買い物でお得にマイルを貯めるカードの選び方

まず最初に、JALカードを「日々の買い物」で使う場合のカードの選び方についてです。

カード種類によって「200円=1マイル」または「100円=1マイル」が貯まる

JALカードの「普通カード」と「CLUB-Aカード」で決済をした場合に貯まるショッピングマイルは、通常200円につき1マイルです。

一方、「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」は100円につき1マイル貯まります。

カードの種類 普通カード
CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールド
プラチナカード
ショッピングマイル 200円=1マイル
ショッピングマイルプレミアム利用時は100円=1マイル
100円=1マイル
ショッピングマイルプレミアム自動入会

「普通カード」「CLUB-Aカード」もショッピングマイルプレミアム加入で「100円=1マイル」貯まる

実は、「普通カード」と「CLUB-Aカード」も年会費に3,240円(税込)をプラスしてJALショッピングマイル・プレミアムに入会すると、100円に付き1マイルたまります。

「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」の年会費には、予めJALショッピングマイル・プレミアム分の会費も含まれているので、最初から100円で1マイルが貯まるのです。

4種類のJALカードで100円に付き1マイルのショッピングマイルを獲得するためのコストは次の通りになります。

  • 普通カード:年会費2,160円+3,240円=5,400円(税込)
  • CLUB-Aカード:年会費10,800円+3,240円=14,040円(税込)
  • CLUB-Aゴールドカード:年会費17,280円(税込)
  • プラチナカード:年会費33,480円(税込)

カードの種類によってトータルの会費には大きな差がありますが、どのカードも100円の買い物で貯まるマイルは1マイルです。

JALカードで100円に付き1マイルのショッピングマイルを貯める場合には「普通カード」が圧倒的にお得だということになります。

ショッピングマイルプレミアムの損益分岐点は32.4万円

それでは、1年間にいくらJALカードで買い物をする場合にはショッピングマイルプレミアムに加入すれば良いのでしょうか。

JALカード「普通カード」「CLUB-Aカード」は通常200円=1マイルで還元率は0.5%。

ショッピングマイルプレミアムに加入すると100円=1マイルで還元率は1.0%

ショッピングマイルプレミアムの年会費は3,240円(税込)です。

JALマイルは1マイル=2円の価値がありますから、還元率の差から単純に損益分岐点を算出すると324,000円(月額27,000円)となります。

つまり、年間324,000円以上買い物をすれば、ショッピングマイルプレミアム年会費の元はとれるということです。

私の場合には、公共料金などの支払いも全てJALカードに集中させているので、年間32.4万円以上はJALカードを利用しています。

もちろん、ショッピングプレミアムに加入して100円で1マイルを貯めています。

逆に言うと、JALカード「普通カード」「CLUB-Aカード」で年間32.4万円以上買い物をしない場合には、ショッピングマイルプレミアムに加入する意味がないということになります。

JAL特約店で買い物をすると200円で2マイルが貯まる

JALカードには、ショッピングマイルが2倍たまる「JAL特約店」があります。

ショッピングマイルプレミアムに加入しているJALカードで買い物をすると、100円につき2マイルのショッピングマイルが貯まります。

これらの「JAL特約店」で買い物をする場合には必ずJALカードを利用するようにします。

JALの航空券購入でマイルを貯めるカード

次に「JALグループ航空券の購入」でマイルを貯める場合のカードの選び方です。

アドオンマイルが貯まるJALカード

次の3種類のカードでJALグループの航空券や機内販売など対象商品を購入した場合には、ショッピングマイルに加えて「アドオンマイル」が貯まります。

  • JALアメリカン・エキスプレス・カード「CLUB-Aゴールドカード」:100円=1マイル
  • JALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」:100円=2マイル
  • JAL・JCBカード「プラチナ」:100円=2マイル

JALグループはJALカードの特約店になっているので、この3種類のカードでJALグループの航空券を購入する場合には、ショッピングマイルに特約店マイル・アドオンマイルが加算されて、下の表のようにマイルが貯まることになります。

【アドオンマイルで貯まるマイル数】

カードの種類 JAL普通カード
JALアメリカンエキスプレスCLUB-Aゴールド
JALアメリカンエキスプレスプラチナ
JALJCBプラチナ
年会費 2,160円
(税込)
20,520円
(税込)
33,480円
(税込)
33,480円
(税込)
ショッピングマイル 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=1マイル
特約店マイル 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=1マイル 100円=1マイル
アドオンマイル 100円=1マイル 100円=2マイル 100円=2マイル
JALグループ航空券購入で貯まるマイル数 100円=
合計2マイル
100円=
合計3マイル
100円=
合計4マイル
100円=
合計4マイル
100万円分のJALグループ航空券購入の場合 20,000マイル 30,000マイル 40,000マイル 40,000マイル

国内外へのJAL便を頻繁に利用して、JALホームページで高額なJAL航空券を購入する人は、この3種類のカードを利用することで大量のマイルを貯めることができます。

「JALプラチナカード」でJAL航空券を100万円分購入すると、それだけで40,000マイルを貯めることができます。

3種類のカードともに年会費は高額になりますが、「JALアメリカンエキスプレスCLUB-Aゴールドカード」は年間35万円以上のJAL航空券の購入で、「JALプラチナカード」は年間43万円以上のJAL航空券購入で、年会費相当額のマイル数を獲得できます。

アドオンマイルの対象商品と購入場所

なお、JALグループの航空券以外にも、下表のとおり「機内販売」「通信販売」でアドオンマイルを貯めることができます。

アドオンマイル対象商品 購入場所
JALグループ
国内線・国際線航空券【特約店】
・日本国内のJALグループカウンター
・電話申し込み(JALグループ国内線・国際線予約)
・JALホームページ(JAL海外地区ホームページでの購入は、一部対象とならない場合あり。)
機内販売【特約店】 ・JAL国内線・国際線機内販売
・JTA機内販売
ツアー ・JAL eトラベルプラザ
・ジャルパック・リンリンダイヤル通販(国内線・国際線)
通信販売【特約店】 ・機内誌「JAL SHOP(通信販売)」
・アゴラ通信販売ページ「アゴラショッピングインフォメーション」
・「JAL World Shopping Club」「グルメ・ファーストクラス」などの通信販売カタログ
・オンラインショップ「JALショッピング」

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

電子マネーへのオートチャージでマイルが貯まるカードの選び方

3番目に、電子マネーへのオートチャージで貯まるマイルを貯めるためのJALカードの選び方です。

JALカード 電子マネーオートチャージ対応状況

一部のJALカードは、「JMB WAONクレジットチャージ」「PASMOオートチャージ」「Suicaオートチャージ」に対応しています。

オートチャージに対応しているカードの中には、オートチャージでJALのマイルを貯めることができるカードがあります。

Suicaオートチャージ PASMOオートチャージ JMB WAONクレジットチャージ
JAL JCBカード
JAL Mastercard
JAL VISAカード
JALカードSuica(JCB)
JALカードTOKYU POINT ClibQ Mastercard
JALカードTOKYU POINT ClibQ Visaカード
JALカード OPクレジット(JCB)
JAL アメリカンエキスプレスカード
JAL ダイナースカード

※◎はオートチャージに対応していてJALマイルが貯まるカード
※〇はオートチャージに対応しているがJALマイルは貯まらないカード

JMB WAON クレジットチャージ対応のJALカード

イオンやファミリーマートなど電子マネーのWAONが利用できるお店で買い物をして、JMB WAONで支払いをすると200円につき1マイルが貯まります。

※1回のお支払いが200円(税込)未満の場合は対象となりません。

このJMB WAONカードには「JMB WAONクレジットチャージ」というオートチャージ機能があります。

「JMB WAONクレジットチャージ」とは、WAONの残高が設定金額未満になると自動的にJALカードからチャージされる仕組みです。

「JMB WAONクレジットチャージ」にJALカードを利用すると、200円のチャージに付き1マイルが貯まります。

利用分とチャージ分を合わせると、JMB WAONで200円の支払いをすると2マイルが貯まることになります。

また、「JMB WAONクレジットチャージ」に「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会しているJALカードを利用すると100円につき1マイル貯まります。

利用分とチャージ分を合わせると、JMB WAONで200円の支払いをすると3マイルが貯まることになります。

現在「JMB WAONクレジットチャージ」に対応しているのは次のカードです。

【「普通カード」「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」】

  • JAL JCBカード
  • JAL Mastercard
  • JAL VISAカード
  • JALカードTOKYU POINT ClibQ Mastercard
  • JALカードTOKYU POINT ClibQ Visaカード

【「プラチナカード」】

  • JAL JCBカード

「Suica」「 PASMO」へのオートチャージ対応のJALカード

現在、「Suica」「PASMO」へのオートチャージに対応しているJALカードは「JALカードSuica(JCB)」「JALカードTOKYU POINT ClibQ Mastercard」「ALカードTOKYU POINT ClibQ Visaカード」「JALカード OPクレジット(JCB)」です。

これらのカードのうちで、「JALカード OPクレジット(JCB)」は「PASMO」へのオートチャージで直接JALのマイルが貯まります。

他のカードは、「Suica」「PASMO」へのオートチャージで他社のポイントが貯まります。

「Suica オートチャージ」対応のカード

  • JALカードSuica(JCB)

「JALカードSuica」はJR東日本・びゅうカードとの提携カードで「Suica」の機能も持っています。

「Suicaオートチャージ」ではJALのマイルは貯まりませんが、「ビューサンクスポイント」が1,000円につき6ポイント貯まります。

この「ビューサンクスポイント」は、600ポイントをJALの500マイルに交換できるので、間接的に200円で1マイルを貯めることができます。

また、「JALカードショッピングマイルプレミアム」に加入している場合には「ビューサンクスポイント」600ポイントをJALの1,000マイルに交換できるので、間接的に100円で1マイルを貯めることができます。

「PASMO オートチャージ」対応のカード

  • JALカードTOKYU POINT ClibQ Mastercard
  • JALカードTOKYU POINT ClibQ Visaカード
  • JALカード OPクレジット(JCB)

「JALカードTOKYU POINT ClibQ Mastercard」「JALカードTOKYU POINT ClibQ Visaカード」は東急電鉄・東急カードとの提携カードで、「PASMOオートチャージ」に対応しています。

以前はこの2種類のカードでも「PASMOオートチャージ」でJALのマイルが貯まったのですが、2017年4月1日からJALのマイルではなくて200円で1ポイントの「TOKYU POINT」が積算されることになりました。

「TOKYU POINT」は2,000ポイントをJALの1,000マイルに交換できるので、間接的に200円で0.5マイルを貯めることができます。

JALのリリースはこちら。

JALカード OPクレジット(JCB)は小田急電鉄との提携カードで、「PASMOオートチャージ」に対応しています。

現時点では、JALカード OPクレジット(JCB)が「PASMOオートチャージ」でJALのマイルがたまる唯一のカードになっています。

※JALホームページ「PASMOオートチャージ」についてはこちら

お得にマイルを貯めるために保有するJALカードはどれか

JALカードの種類や提携先は多いのですが、マイルを貯めることだけにフォーカスすると、カードの選び方はとてもシンプルになります。

JAL便の利用が年間2万マイル未満の人は「普通カード」

JAL便の利用が1年間に2万マイル未満の人が最もお得にマイルを貯めることができるのは「普通カード」です。

年に1回~2回海外旅行をするのであれば、JALスカイプレミアムに加入することでフライトマイルが貯まりやすくなります。

また、JALカードで1年間に32.4万円以上買い物をする場合には、ショッピングプレミアムに加入することでマイルを多く貯めることができます。

海外旅行でもJALカードを利用するのであれば、おすすめのブランドは「VISA」「Mastercard」です。

さらに、ご自分のライフスタイルに合わせて電子マネーへのオートチャージでマイルが貯まるカードを選ぶと、効率的にマイルを貯めることができると思います。

JALカード「普通カード」については、次の記事で詳細にご紹介しています。

JALカード「普通カード」は初年度年会費無料。年に1回~2回JAL便で旅行をして買い物でもマイルを貯めたい人に最適なカード。今回は「普通カード」のうち「JCB・VISA・Mastercard」のメリット・デメリットについてご紹介します。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

JAL便の利用が年間2万マイル以上の人はJALカード「CLUB-Aカード」

JALの国内線・国際線を1年間に2万マイル以上利用する場合にはJALカード「CLUB-Aカード」を持つことで、マイルの獲得を加速させることができます。

追加の年会費が必要になりますが、JALスカイプレミアムに加入することでフライトマイルがさらに貯まりやすくなります。

また、JALカードで1年間に32.4万円以上買い物をする場合には、ショッピングプレミアムに加入することでマイルを多く貯めることができます。

海外旅行でもJALカードを利用するのであれば、おすすめのブランドは「VISA」「Mastercard」です。

さらに、ご自分のライフスタイルに合わせて電子マネーへのオートチャージでマイルが貯まるカードを選ぶと、効率的にマイルを貯めることができると思います。

JALカード「CLUB-Aカード」については、次の記事で詳細にご紹介しています。

JALカード「CLUB-Aカード」の年会費は10,800円(税込)と少々高いですが、ゴールドカード・プラチナカードと同内容のボーナスマイルが付与されオプションでショッピングマイルプレミアムも選べる高コスパのカードです。海外旅行保険も充実しています。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

JALの航空券を大量に購入する人はJALアメリカン・エキスプレス・カード「CLUB-Aゴールドカード」と「JALプラチナカード」

年間35万円以上のJAL航空券を購入する人は「JALアメリカンエキスプレスCLUB-Aゴールドカード」、年間43万円以上のJAL航空券を購入する人は「JALプラチナカード」を利用することで、大量のマイル数を獲得できます。

ただし「アメリカンエキスプレス」のJALカードは電子マネーへのオートチャージに対応していません。

そのあたりは、オートチャージは必要ないという割り切りが必要かと思います。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございます。

クレジットカードにはいろいろな機能やサービスが付帯しているので、1枚だけを選ぶ場合にはとても悩むのもです。

その場合には、そのクレジットカードを持つ理由を一つだけに絞って考えると、意外とシンプルにカード選びができるものです。

JALカードの場合には「JALのマイルをお得に貯める」ことを目的にすると、シンプルにカード選びができます。

JALカードを持っているだけで「ボーナスマイル」も貯まるので、これかJALを利用する人は旅行前に入会することをおすすめします。

「普通カード」は初年度の年会費は無料です。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

JALカード公式サイト・ご入会はこちら

「JALカード」一覧

JAL JCBカード「プラチナ」
年会費
31,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALアメリカン・エキスプレス・カード「プラチナ」
年会費
31,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALダイナースカード
年会費
28,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALアメリカン・エキスプレス・カード「CLUB-Aゴールドカード」
年会費
19,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALカード「CLUB-Aゴールドカード」(JCB・VISA・Mastercard)
年会費
16,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALカード「CLUB-Aカード」
年会費
10,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」
年会費
6,000円(税別)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら
JALカード「普通カード」(JCB・VISA・Mastercard)
年会費
2,000円(税別)
(初年度無料)
詳細記事はこちら 公式サイトはこちら



この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!