クレジットカード一覧

これからクレジットカードを作る方や、海外旅行でクレジットカードを利用する方のお役に立つ記事一覧です。

JALアメリカン・エキスプレス・カード「普通カード」のメリット・デメリットをご紹介

JALアメックス「普通カード」は買い物でマイルが貯まるだけでなく国内28空港・海外1空港のラウンジが会員本人と同伴者1名までが無料で利用可能。充実した海外旅行傷害保険がついたおすすめのJALアメックスカードです。年会費は6,480円(税込)です。

個人でも取得可能!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリットをご紹介!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは個人でも申し込めるビジネスカードです。プライオリティパスへの無料入会ができてJALカードよりもショッピングマイルが貯まります。年会費は21,600円(税込)で200万円の利用で次年度優遇があります。

JALカードよりもマイルが貯まる!セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリットをご紹介

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度の年会費は無料、翌年度以降は10,800円(税込)です。有償ですが、JALカードよりもJALのショッピングマイルが貯まり、優待価格でプライオリティパスにも登録できます。

「三井住友VISAクラシックカードA」は海外旅行保険も充実したビジネスマン必携の1枚!

「三井住友VISAクラシックカードA」は三井住友カードのプロパーカードです。ビジネスシーンやプライベートなどどこで利用しても恥ずかしくないステータス性が高いカードです。利用価値が高い海外旅行傷害保険が付帯するので、海外旅行保険の上乗せ分として保有するだけでも価値があります。

エポスカードは年会費が無料で海外旅行保険が充実したおすすめのカード!

エポスカードはマルイが発行するクレジットカードです。年会費が無料なのに、利用価値が高い海外旅行傷害保険が付帯するので、海外旅行好きの若い女性に人気の高いクレジットカードです。優待施設も多くマルイのセールで割引も受けられます。ゴールドカードにランクアップも可能です。

「JALカード」の海外旅行保険を比較してみました!

「JAL 普通カード」には実際に役に立つレベルの海外旅行保険が付いていません。「CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」「プラチナカード」には実用的な海外旅行保険が付帯しています。ただし金額が不足しているので他のクレジットカードの海外旅行保険との併用がおすすめです。