ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリット・デメリットをご紹介

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANA一般カードの中でも年会費が7,000円(税抜)と高めに設定されています。

これは、「ANA一般カード」としてのサービスに加えて、国内28空港・海外2空港にあるラウンジの無料利用、「グローバル・ホットライン」という海外での日本語サポートといった、アメリカン・エキスプレス・カードと同様のサービスが付帯しているからです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレス・ジャパンが発行しているので、一部ではありますがアメリカンン・エキスプレス・カードと同様のサービスを受けることができるのです。

今回の記事では、ANAカードとアメリカンエキスプレスカードのサービスが融合した「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」についてご紹介します。


【ANAアメリカン・エキスプレス・カードはこんな人にはおすすめのカード!】

  • 他の「ANA一般カード」の特典内容に物足りなさを感じている人
  • ポイントを無期限で貯めることができるANAカードを探している人
  • 国内28空港のラウンジが無料で利用できるカードを探している人
  • 海外旅行関連の特典が充実したANAカードを探している人

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト・ご加入はこちら



目次

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのメリット

  1. アメックスはJCBと提携しているので国内での利用はほぼ問題ない
  2. 「ポイント移行コース」に登録すればポイントは無期限に貯めることができる
  3. ANAグループでANA航空券を購入すると100円につき2.5マイルが貯まる
  4. 国内28空港・海外2空港のラウンジを同伴者1名まで無料で利用できる
  5. 海外・国内旅行関連の特典が充実している

年会費・家族カード・ETCカード

年会費は7,000円(税別)、家族カードは2,500円(税別)

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの年会費は7,000円(税抜)です。

加入できるのは20歳以上で定職がある人です。残念ながらパート・アルバイトの人は申込むことができません。

家族カードが発行できます

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは最大6枚まで家族カードを発行できます。

家族カードの年会費は1枚に付き2,500円(税別)です。

家族カードを発行することができるのは、原則として、配偶者・両親・18歳以上の子供です。

家族カードの「メンバーシップ・リワード」ポイントはすべて基本カードに加算されます。

ETCカードが発行できます

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはETCカードが発行できます。

ETCカードの発行は、基本カード会員は1人につき5枚まで、家族カード会員は1人につき1枚の発行となります。

ETCカードの年会費は無料ですが、新規発行時に1枚に付き850円(税別)の発行手数料がかかります。

ETCカードは申し込み後約2週間で届きます。

QUIC Payが利用できます

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、おサイフケータイ又はApple Payで「QUIC Pay」を利用することができます。

レジの端末にスマホを「ピッッ」と触れるだけなので、コンビニなどでの少額決済の場合でも、抵抗なくANAアメリカン・エキスプレス・カードでの支払いを行うことができます。

カードの利用枠と事前承認

ANAアメリカン・エキスプレスのカードでは、不意の利用にも対応できるように、一律の利用枠は設定されていません。

利用限度額については、個々のカード会員の利用状況や、支払い実績などによって異なります。随時変更も行われます。

そのため、通常よりも高額のカードご利用時には、事前承認手続きを行うことが推奨されています。

基本スペック

カードの名称 ANAアメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド アメリカンエキスプレス
入会資格 20歳以上で定職のある人(パート・アルバイトは不可)
年会費 初年度 7,000円(税別)
翌年度以降 7,000円(税別)
家族カード 初年度 2,500円(税別)
翌年度以降 2,500円(税別)
ETCカード 初年度 年会費無料(発行手数料850円(税別))
翌年度以降 年会費無料
電子マネー QUICPay

利用枠等

総利用枠 一律の制限は無し
カードショッピング利用枠 一律の制限は無し
お支払い方法 一括払い/ボーナス・分割払い/ペイフレックス
お支払い日 原則として15日締め翌月10日払い(金融機関により異なる場合有り)

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト・ご加入はこちら

ANAマイレージクラブのボーナスマイル

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの会員には、カードの入会・継続時、ANA便搭乗時にボーナスマイルが付与されます。

付与されるマイル数は、他の「一般カード」と同様に入会時・継続時は1,000マイル、ANA便搭乗時には「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%」です。

入会・継続時ボーナスマイル

種類 入会時ボーナスマイル 継続時ボーナスマイル
一般カード 1,000マイル 1,000マイル
ワイドカード 2,000マイル 2,000マイル
ゴールドカード 2,000マイル 2,000マイル
プレミアムカード 10,000マイル 10,000マイル

搭乗時ボーナスマイル

種類 搭乗時ボーナスマイル
一般カード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%
ワイドカード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
ゴールドカード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%
プレミアムカード 区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50%

ポイントプログラム

ポイントプログラムの概要

ポイントプログラム名 ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンバーシップ・リワード
付与率 100円=1ポイント=1マイル
有効期限 3年間(「ポイント移行コース」(参加費:年間6,000円(税別))に登録すると有効期限は無期限)
還元率 1,0%
最低交換ポイント 1.000ポイント
交換・還元方法 ANAマイルへの移行、支払代金に充当、アイテムへの交換
キャッシュバック 1ポイント=0.3円~。最低3,000ポイントから利用可能

ポイントは100円に付き1ポイント=1マイル

ANAカードを利用してマイルを獲得するためには、カードを利用して貯めたクレジットカード会社のポイントをマイルに移行(交換)させなければなりません。

JALカードの場合には、カードを利用すると毎月利用額に応じて自動的にマイルが貯まるので、ここがANAカードとJALカードの大きな違いになります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、ポイントをマイルに移行させるためには「マイル移行コース」への登録が必要で、年間6,000円(税別)の登録料がかかります。

交換比率は、100円=1ポイント=1マイルです。

【参考】

JCB・VISA・Mastercardブランドの「一般カード」のマイルの移行には「5マイルコース」と「10マイルコース」の2種類があります。

「5マイルコース」は無料でポイントをマイルへ移行できますが、「10マイルコース」ではJCBは年間5,000円(税別)、VISA・Mastercardでは年間6,000円(税別)の移行手数料が必要となります。

  • 5マイルコース:1,000円=1ポイント=5マイル
  • 10マイルコース:1,000円=1ポイント=10マイル
    (AMEXは100円=1ポイント=1マイル)

ポイントプログラムは「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンバーシップ・リワード」

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのポイントサービスは「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンバーシップ・リワード」という名称です。

クレジットカードの利用額100円(税込)ごとに1ポイントが付与されます。

「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンバーシップ・リワード」ポイントは月間のカード利用金額ではなく、1回の利用ごとにポイントが換算されます。

なお、1回あたり100円未満の利用の場合にはポイントは付与されません。

アメリカン・エキスプレス・カードは2000年にJCBと加盟店に関する業務提携を行っているので、日本ではJCB加盟店側が望まないなどの一部の場合を除いて、ほとんどのJCB加盟店で利用可能です。

2000年以前には日本ではアメリカン・エキスプレス・カードが利用できない店舗もあったのですが、2000年以降は日本でも多くの店舗でアメリカン・エキスプレス・カードを利用することができるようになっています。

もちろん公共料金などの支払いにも利用できますが、一部の電力会社・ガス会社などではポイントの付与率が下がり、200円に付き1ポイントが加算されます。

なお、NHK受信料、楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAへのチャージ、UNICEFへの寄付については、ポイントは加算されません。

200円につき1ポイントで付与される加盟店

電力会社 ガス会社 水道局 公金・税金・その他
北海道電力
東北電力
東京電力エナジーパートナー
中部電力
関西電力
中国電力
九州電力
沖縄電力
北陸電力
四国電力
北海道ガス
京葉ガス
東京ガス
東邦ガス
広島ガス
西部ガス
長野都市ガス
大阪ガス
札幌市水道局
東京都水道局
武蔵野市水道部
横浜市水道局
長崎市上下水道局
大阪市水道局
国税
国民年金保険料
都道府県税など
※「Yahoo!公金支払い」は100円=1ポイントです。

ANAグループでの利用はポイントが1.5倍

ANAアメリカン・エキスプレス・カードをANAグループでのANA航空券、旅行商品の購入や機内販売などで利用した場合にはポイントが1.5倍になります。

100円につき1ポイントの通常ポイントに、 カード利用額200円につき1ポイントのボーナスポイントが加算されます。

ANAグループでの利用でポイントが1.5倍になるのは、「ANA一般カード」ではANAアメリカン・エキスプレス・カードだけです。

さらに、ANAグループはANAカードマイルプラス加盟店になっているので、通常のポイントに加え100円=1マイルが自動積算されます。

つまり、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用してANAのwebサイトからANAの航空券を購入すると、100円につき2.5マイルが貯まることになります。

ポイントの有効期限は3年間だが「ポイント移行コース」に登録すると無期限に

「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンパーシップ・リワード」ポイントの有効期限は3年間ですが、「ポイント移行コース」に登録を行うとその後は有効期限が無期限となります。

「ポイント移行コース」に登録を行うためには年間6,000円(税別)の参加費がかかりますが、ポイントの有効期限が無期限になり自分の好きな時にポイントをマイルに交換することができます。

ANAマイレージクラブのマイルの有効期限は3年間ですが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用して貯めるマイルの有効期限は、実質的に無期限になります。

「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンパーシップ・リワード」ポイントのマイルへの交換は、最低1,000ポイントからになります。

マイル以外へのポイントの交換先

「ANAアメリカン・エキスプレス提携カード・メンパーシップ・リワード」ポイントは、カードの支払代金に充当することもできます。

充当する金額への交換比率は、「ポイント移行コース」に登録済と未登録とでは異なっています。

カードの利用先 「ポイント移行コース」登録済 「ポイント移行コース」未登録
航空会社 1ポイント⇒1円 1ポイント⇒0.3円
ホテル・旅行会社 1ポイント⇒0.8円 1ポイント⇒0.3円
旅行関連以外 1ポイント⇒0.5円 1ポイント⇒0.3円

※ポイントの利用は最低3,000ポイントから

貯まったANAマイルの使い方

貯まったANAのマイルは次の方法で使うことができます。

  1. ANA国内線の特典航空券に交換する
  2. ANA国際線の特典航空券に交換する
  3. ANAマイレージクラブ提携航空会社航空券と交換する
  4. 航空券やツアー購入に使える「ANA SKY コイン」に交換する
  5. ANA国際線の座席のアップグレードを行う
  6. スターアライアンス国際線の座席のアップグレードを行う
  7. 提携先の商品やポイントに交換する
  8. 「ANAショッピングポイント」に交換してショッピングに利用する

ANAのマイルを最もお得に交換できるのは、国際線のファーストクラス・ビジネスクラスの特典航空券です。

記事がとても長くなってしまうので、特典航空券に交換できるマイル数や具体的な交換先については次の記事にまとめてみました。

ANAマイルの使い方についてまとめてみました。ANAマイルは特典航空券に交換するのがいちばんお得です。ポイントやギフトカードに交換する場合には1マイル=1円の価値ですが、特典航空券に交換する場合にはその価値が倍増します。

国内28空港・海外2空港のラウンジを利用可能

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、国内28空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)、仁川国際空港(ソウル)のラウンジを利用することができます。

空港ラウンジは、本会員と家族会員の他に、同伴者も1名まで無料で利用できます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードで利用できる空港ラウンジは、ゴールドカードの会員などが利用できるいわゆる「カードラウンジ」になります。

ANAの「ANAラウンジ」・JALの「サクララウンジ」など、航空会社が運営するラウンジは利用することはできません。

【ANAアメリカン・エキスプレス・カードで利用可能なラウンジ】

  • 国内空港:28空港
  • 海外空港:ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)仁川国際空港(ソウル)
  • 利用対象者:カード会員・家族会員の他同伴者1名まで無料

利用可能な空港ラウンジ

エリア 空港 ラウンジ
北海道 新千歳空港 スーパーラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ「A Spring」
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ
関東・甲信越 成田国際空港第1ターミナル IASS Exective lounge1
成田国際空港第2ターミナル IASS Exective lounge2
羽田空港第1旅客ターミナル POWER LOUNGE
エアポートラウンジ
羽田空港第2旅客ターミナル エアポートラウンジ
POWER LOUNGE
羽田空港国際線旅客ターミナル SKY LOUNGE
新潟空港 エアリウムラウンジ
中部・北陸 中部国際空港 プレミアムラウウジセントレア
富山空港 らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
近畿 関西国際空港 六甲・金剛・比叡・アネックス六甲
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
中国・四国 岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ「もみじ」
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
徳島空港 「ヴォルティス」
九州・沖縄 北九州空港 ラウンジひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
熊本空港 ビジネスラウンジ
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」
大分空港 ラウンジくにさき
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル) 「IASS EXECUTIVE LOUNGE」
韓国 仁川国際空港(ソウル) 「MATINA」「AIRCAFE」

海外旅行を24時間365日 日本語でサポートする「グローバルホットライン」

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、「日本エマージェンシーアシスタンス株式会社」と提携して、日本語で24時間365日海外旅行をサポートする「グローバルホットライン」を開設しています。

「グローバルホットライン」へは、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールで連絡をすることができます。

現地の最新情報、空港・出入国の案内、ショッピング・免税店・ホテル・レストランなどの情報を入手できる他、レストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などの予約・手配を行うこともできます。

「グローバルホットライン」のサービス内容

  • 旅行関連サービス
    ・航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更
    ・ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消  
    ・レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消  
    ・ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
  • 天気予報
  • パスポート、査証、予防接種等についての案内
  • 最寄りの日本大使館、領事館の案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • フラワー・デリバリー・サービスの手配
  • その他のカードに関する問い合わせ
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合を除きます。)
  • 通訳派遣のアレンジメント
  • 緊急メッセージの伝言サービス
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

海外・国内旅行関係のサービス・優待が充実!

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、出発時にご自宅から空港まで、帰国時に空港からご自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送できます。

対象空港は、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港です。

空港周辺パーキングの優待利用

空港からのアクセスが良好な場所にある駐車場を、カード会員専用の割引・優待料金で利用できます。

対象空港は、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港です。

空港クロークサービス

乗継便の待ち時間などに、対象空港内の手荷物預かり所にてカード会員1名につき荷物を2個まで無料で預けることができます。

対象空港は、中部国際空港です。

カーシェアリングサービス タイムズ カー プラス優待

カーシェアリングサービス『タイムズ カー プラス』にアメリカン・エキスプレスのウェブサイトを経由して申し込むと、通常1,550円(税込)のタイムズ カー プラス会員カード発行手数料が無料になります。

国内レンタカーの優待

「オリックスレンタカー」「日産レンタカー」「トヨタレンタカー」「ニッポンレンタカー」「タイムズカーレンタル」の国内利用については、基本料金から5%オフにて利用できます。

海外用携帯電話レンタルサービス

アメリカン・エキスプレス・カードの会員が、旅行や出張などで海外に滞在する際に、世界各国の回線に対応した携帯電話のレンタルを会員限定料金で利用できます。

事前に電話で予約の上、アメリカン・エキスプレス・カードで支払いをする必要があります。

提供会社 JAL ABC
会員向け特典 ・海外用携帯電話のレンタル料半額。(250円→125円/日)
・通話料も通常の10%割引にてご提供。
受取・返却空港 ・成田国際空港
・羽田空港(国際線ターミナル)
・関西国際空港

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト・ご加入はこちら

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険が利用付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには、家族特約付きの海外旅行傷害保険が付帯します。

ただし、クレジットカードに付帯している「海外旅行保険」は、その付帯する条件や内容・金額によって実際には全く役に立たない場合もあるので注意が必要です。

そこで、クレジットカードに付帯する海外旅行保険を見分ける場合に最低でもチェックしたい5つのポイントをご紹介します。

  1. 付帯条件は「自動付帯」か「利用付帯」か
  2. 「傷害治療費用」「疾病治療費用」が補償されるかどうか
  3. 「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償金額は十分か
  4. 日本語による24時間救急サポートが受けられるか
  5. 医療費キャッシュレス診療を受けられるか

この5つのポイントは、そのクレジットカードに付帯している海外旅行保険が実際に役に立つのかどうかを見分けるために重要な項目になります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードに関しても、この5つのポイントを中心に見ていくと、実際に使える保険なのかどうかの判断ができます。

海外旅行傷害保険の内容

本会員・家族会員 家族特約
付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡 3,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 最高3,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高100万円 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円
携行品損害 1旅行最高30万円
年間限度額100万円
1旅行最高30万円
年間限度額100万円
救援者費用 最高200万円 最高200万円
航空機遅延費用等
航空機寄託手荷物遅延等費用
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間

家族特約の範囲

ANAアメリカン・エキスプレスカードに付帯する海外旅行傷害保険の家族特約は、配偶者、カード会員と生計を共にする子供・両親などの親族となります。

※親族とは、6親等以内の血族、3親等以内の姻族の方をいいます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険は「利用付帯」

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には「自動付帯」の保険と「利用付帯」の保険の2種類があります。

「自動付帯」の保険とは、そのクレジットカードを所有しているだけで自動的に適用となる保険のことです。

「利用付帯」の保険とは、その海外旅行のツアー代金や航空機などの運賃を、保険が付帯しているクレジットカードで支払った場合にのみ適用となる保険のことです。

「楽天カード」など人気の手数料無料のクレジットカードの海外旅行傷害保険は「利用付帯」の場合がほとんどです。

実は、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険も「利用付帯」です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの「旅行傷害保険補償規定」には次のように記載されています。

ご旅行前に日本国内にてカードで日本出入国のために時刻表に基づいて 運行される国際航空機または国際船舶のチケットやパッケージ・ツアー の料金をお支払いになられた場合、海外旅行(カードで前述の料金をお 支払いいただいた旅行に限ります。)を目的にご住居(日本国内)を出発 されたときから、ご住居にお戻りになるまで(日本国出国の前日から入 国の翌日まで)の最長90日間補償されます。また、日本国内でのカード による購入がなくても、出国後海外ではじめて被保険者の公共交通乗用具のチケットの料金をカード会員がカードでお支払いになった場合も、 その購入のときからご住居にお戻りになるまでの最長90日間補償されま す。
* 海外旅行の場合において、公共交通乗用具とは、時刻表に基づいて海外で運行される交通乗用具のことをいいます。

この規定で注意しなければならないのは、「日本国内にてカードで日本出入国のために時刻表に基づいて 運行される国際航空機または国際船舶のチケット」という部分です。

他の利用付帯のクレジットカードでは、空港へ向かう電車やバス・タクシーの料金をカードで支払えば保険が適用になる場合もあるのですが、ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、カードで日本出入国のための国際線航空機・船舶・ツアー料金を支払った場合に限定されています。

この部分は、要注意です。

「傷害治療費用」「疾病治療費用」が補償されます

海外旅行傷害保険の支払い事由の50%以上は「傷害治療費用」「疾病治療費用」に関する保険金だというデータがあります。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、最も大切な「傷害治療費用」「疾病治療費用」が補償されます。

「傷害治療費用」「疾病治療費用」の補償は他のカードでも準備しましょう

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額は最高100万円です。

この100万円という金額は、クレジットカード付帯保険としては標準的な水準の金額です。

しかし、海外の医療費は驚くほど高額になるので、この金額では全く足りないのです。

日本損害保険協会の資料では、盲腸(虫垂炎)の手術をして2日間入院すると、ハワイのホノルルでは約256万円、アメリカのロサンゼルスでは約162万円~217万円かかるそうです。

でも、海外旅行傷害保険の「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金は、他のクレジットカードの海外旅行傷害保険と合算できることをご存知でしょうか。

このことは、損害保険協会の「損害保険Q&A」にも記載されています。

十分な「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額を確保するためには、複数の海外旅行保険付きクレジットカードを準備することや任意加入の海外旅行傷害保険に追加加入することが効果的です。

そうして、「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金は若い人でも最低で500万円、シニア世代の人は最低でも1,000万円は準備したいところです。

複数のクレジットカードで準備する場合には、年会費が無料で充実した海外旅行保険が自動付帯している、エポスカードジャックス横浜インビテーションカードJCB EITなどがおすすめです。

多くの海外旅行愛好者が、これらの年会費無料クレジットカードで海外旅行保険を準備しています。

年会費が無料で「使える」海外旅行保険が付帯したクレジットカードについては次の記事にまとめています。

年会費が無料なのに、海外旅行保険が「自動付帯」で「日本語による24時間救急サポート」と「医療費キャッシュレス診療」が受けられる充実した海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを3種類ご紹介しています。

日本語による24時間救急サポートが受けられます

海外で急病や怪我をした時に頼りになるのが、緊急アシスタントサービスです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険では、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社が代行する「グローバルホットライン」を利用することができます。

「グローバルホットライン」に電話をすると、次のようなサービスを受けることができます。

  • 医師・歯科医・病院・弁護士の紹介
  •  カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

医療費キャッシュレスサービスは利用することができません

海外での医療費は高額になるため、現金の持ち合わせがない場合には診療を受けることができない可能性があります。

また、医療機関でクレジットカードが利用できない場合や、医療費がクレジットカードの支払限度額を超えてしまう場合もあります。

そんなこともあり、クレジットカードに付帯する海外旅行保険で、保険金額を限度として医療費を保険会社から直接医療機関に支払う「医療費キャッシュレス診療」のサービスを提供している場合があります。

ところが、残念なことにANAアメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険では、医療費キャッシュレスサービスに対応していません。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険を利用する場合には、現地で医療費を支払い帰国後に保険金を請求することになります。

このことからも、ANAアメリカン・エキスプレス・カードを利用して海外旅行に行く場合には、年会費無料でキャッシュレス診療が利用可能なクレジットカードを複数枚持って行くことをおすすめします。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険が利用付帯

本会員・家族会員 家族特約
付帯条件 利用付帯 利用付帯
傷害死亡 2,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 2,000万円 1,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金

利用付帯ですが家族特約が付きます

国内旅行傷害保険に関しても利用付帯ですが、配偶者、カード会員と生計を共にする子供・両親などの親族が家族特約の対象になります。

補償の対象となる事故

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの国内旅行傷害保険では、次の事故が補償の対象となります。

  • 国内を旅行中におけるカードでチケットなどを購入した公共交通乗用具に搭乗中の事故
  • 予約の上カードで宿泊料金を支払う旨を伝えた宿泊施設に宿泊中の火災・爆発による事故
  • カードで購入した宿泊を伴う募集型企画旅行(国内ツアー)に参加中の事故

その他の保険サービス

ショッピング・プロテクションが付帯

ANAアメリカン・エキスプレス・カードには、年間最高200万円のショッピング・プロテクションが付きます。

補償の対象となるのはANAアメリカン・エキスプレス・カードでクレジット決済して購入した商品で、購入した商品の偶然の事故による損害を、購入日から90日間補償します。

オンラインプロテクションが付帯

心当たりのないインターネット上での不正使用による損害を補償します。

オンライン・ショッピングに不安を感じず、安心して買い物を楽しむことができます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト・ご加入はこちら

ANAアメリカン・エキスプレス・カードのデメリット

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、他の「ANA一般カード」とは異なり追加費用が必要ない「5マイルコース」の設定が無いので、ANAのマイルを貯めるためには必ず年間6,000円(税別)の「マイル移行コース」に登録しなければなりません。

このことが最大のデメリットだと思います。

特に、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの場合には年会費が7,000円(税別)と高めに設定されているので、「マイル移行コース」の登録料を合わせると年間のコストが13,000円(税別)になってしまいます。

これでは、年会費が14,000円(税別)でマイルへの移行手数料が必要ないJCB・VISA・MastercardブランドのANAゴールドカードと、年間の支払金額が1,000円(税別)しか違いません。

ただし、ANAアメリカン・エキスプレス・カードの場合には「マイル移行コース」に登録するとポイントを無期限で貯められるので、このメリットと年間コストのバランスを考えることになります。

また、年間のコストが高くなる割には、海外旅行傷害保険の内容が寂しいこともデメリットだと思います。

年会費を支払う余裕がある人は、さらに魅力的なANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを検討してもいいかもしれません。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAカードとアメリカンエキスプレスカードのサービスが融合したカードです。

年会費が7,000円(税別)と高めに設定されていて、年会費の他にも年間6,000円(税別)の費用がかかる「マイル移行コース」に加入する必要がありますが、他の「ANA一般カード」とは一線を画した特別なカードだと思います。

他の「ANA一般カード」の特典内容に物足りなさを感じている人にとっては、十分に検討する価値があるカードだと思います。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト・ご加入はこちら



この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!