アメックスゴールドカードとダイナースカードを比較してみました!




アメックスゴールドカードとダイナースカードは、ステータス性が高いカードとして幅広く認知されています。

また、ステータス性だけではなく、サービス・特典内容も素晴らしいカードとしても知られています。

年会費はだけを見るとダイナースカードが有利なのですが、アメックスゴールドカードとダイナースカードのどちらを作ろうかと迷っている人は多いと思います。

そこで今回の記事では、アメックスゴールドカードとダイナースカードの基本スペック、サービス・特典の内容を比較をしてみましたのでご紹介します。



基本スペックの比較

国際ブランドの比較

まず最初に基本スペックの比較です。

国際ブランドは「アメリカン・エキスプレス」と「ダイナース」です。

両カードともに「JCB」と加盟店に関する業務提携を行っているので、日本国内では利用できる店舗が増えてきました。

しかし、両カードともに米国を除く海外では、まだまだ利用できない店舗も存在します。

そのため、アジアやヨーロッパに出かける時には、サブカードとしてVISAかMastercardを持参することは必須になります。

入会資格の比較

入会資格として公表されている項目は、アメックスゴールドカードは「20歳以上で定職のある人」、ダイナースカードは「27歳以上の人」です。

しかし、実際の入会審査においては、両カードともに「職業」「収入」「保有資産」「カード利用履歴」等も重視されます。

両カードを比較した場合には、年収の下限はダイナースカードが500万円、アメックスゴールドカードは300万円と言われており、アメックスゴールドカードの方が加入しやすいようです。

年会費の比較

年会費はアメックスゴールドカード29,000円(税別)ダイナースカード22,000円(税別)で、家族カードを1枚発行してもそれぞれ29,000円(税込)27,000円(税込)とダイナースカードが有利になります。

利用限度額は両カードともに一律には決められておらず、カードの利用状況や支払い実績などによって個別に設定されています。

アメックスゴールドカードとダイナースカードの基本スペック

カード
国際ブランド アメリカンエキスプレス ダイナース
入会資格 20歳以上で定職のある人(パート・アルバイトは不可) 27歳以上の人
年会費 初年度 29,000円(税別) 22,000円(税別)
翌年度以降 29,000円(税別) 22,000円(税別)
家族カード 初年度 1枚目は無料 2枚目以降12,000円(税別) 5,000円(税別)
翌年度以降 1枚目は無料 2枚目以降12,000円(税別) 5,000円(税別)
ETCカード 初年度 年会費無料(発行手数料850円(税別)) 年会費無料
翌年度以降 年会費無料 年会費無料
総利用枠 一律の制限は無し 一律の制限は無し
カードショッピング利用枠 一律の制限は無し 一律の制限は無し
お支払い方法 一括払い/ボーナス・分割払い/ペイフレックス 一括払い/ボーナス一括払い/リボルビング
お支払い日 原則として15日締め翌月10日払い(金融機関により異なる場合有り) 原則として15日締め翌月10日払い

ポイントプログラムの比較

ポイント付与率の比較

次にポイントプログラムの比較です。

ポイントの付き方は、アメックスゴールドカードもダイナースカードも100円=1ポイントです。

有効期限も、アメックスゴールドカードは1度交換すれば無期限、ダイナースカードも無期限と、大きな違いはありません。

最も有利な交換先は、アメックスゴールドカードもダイナースカードも航空会社のマイルです。

アメックスゴールドカードはANAなど15社、ダイナースカードはANAなど5社のマイルに交換することができます。

マイル交換手数料の比較

ポイントをマイルに交換するためには、アメックスゴールドカードは年会費3,000円の「メンバーシップリワード」、ダイナースカードは年会費6,000円の「ダイナースグローバルマイレージ」に登録しなければなりません。

さらにアメックスゴールドカードでは、ANAのマイルに交換する場合に年会費5,000円の「メンバーシップリワードANAコース」に登録する必要があります。

マイルへの交換レートは、アメックスゴールドカードではANAのみ100円=1.0マイルで他社は100円=0.8マイル、ダイナースカードでは5社ともに100円=1.0マイルになります。

アメックスゴールドカードとダイナースカードのポイントプログラム

カード
ポイントプログラム名 メンバーシップ・リワード ダイナースクラブリワードプログラム
付与率 100円=1ポイント 100円=1ポイント
有効期限 3年間(1度ポイントを交換すると有効期限は無期限) 無期限
還元率 0.3%~ 0.3%~
最低交換ポイント 1.000ポイント 1.000ポイント
交換・還元方法 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフトなど 他社ポイント・マイルへの移行、カタログギフトなど
キャッシュバック 1ポイント=0.3円。最低3,000ポイントから利用可能 10,000ポイント=3,000円。最低10,000ポイントから利用可能
マイルへの交換先 ANAなど15社 ANAなど5社
マイルへの交換費用 メンバーシップリワード
年会費3,000円(税別)
ダイナースグローバルマイレージ
年会費6,000円(税別)
ANAマイルへの交換費用 年会費5,000円(税別) 不要

旅行関係サービス・優待の比較

空港ラウンジサービスの比較

続いて旅行関係サービス・優待内容の比較です。

国内空港ラウンジサービスでは、利用可能ラウンジに大きな差はないものの、アメックスゴールドカードでは同伴者1名も無料で利用できます。

一方海外空港ラウンジサービスでは、アメックスゴールドカードはプライオリティパスのスタンダード会員(年2回まで無料)であるのに対して、ダイナースカードでは独自に展開するラウンジサービス(600か所以上)を通年無料で利用できます。

海外旅行サービスの比較

手荷物宅配サービスでは、アメックスゴールドカードの往復無料に対して、ダイナースカードでは帰国時のみ無料になります。

トラベルデスクで50万円以上の航空券・海外ツアー購入が条件になりますが、ダイナースカードでは空港前泊ホテルサービスと空港特急列車サービスがあります。

アメックスゴールドカードとダイナースカードの旅行関連サービス

カード
国内空港ラウンジサービス 国内28空港:本会員・家族会員 国内28空港:本会員・家族会員
同伴者 1名無料 有料
海外空港ラウンジサービス プライオリティパス:スタンダード会員 独自サービス(600か所以上)
利用回数 年2回のみ無料 通年無料
海外での情報サービス
海外でのメディカルサービス
海外でのリーガルアシストサービス ×
トラベルデスク
Expediaの優待割引 ×
Hotels.comの優待割引 ×
ホノルルトロリー乗車券 ×
手荷物無料宅配サービス 往復 帰国時
エアポート送迎サービスの優待利用
空港周辺パーキングの優待利用
無料ポーターサービス ×
空港クロークサービス ×
空港前泊ホテルサービス ×
空港特急列車サービス ×
エアポートミールサービス(国内線) ×
カーシェアリングサービス優待
国内レンタカーの優待
海外用携帯電話レンタルサービス
ゴルフ優待
京都特別観光ラウンジ ×

エンターテインメント関係サービス・優待の比較

コース料理1名分無料サービス比較

続いて、エンターテインメント関係サービス・優待の比較です。

アメックスコールドカードとダイナースカードともに、T&Eサービスカードの目玉的特典である「レストランコース料理2名分のうち1名分無料サービス」を提供しています。

さらにダイナースカードでは、「レストランコース料理6名分のうち2名分無料サービス」もメニューに加えています。

グルメサービス比較

その他のグルメサービスでは、アメックスゴールドカードとダイナースカードがそれぞれの特色を出した特典を提供しています。

「ダイナース」という名称は「食事をする人」と言う意味に由来するだけあって、ダイナースカードはグルメサービスが充実しているように思えます。

カード
レストランコース料理2名分のうち1名分サービス
レストランコース料理6名分のうち2名分サービス ×
レストラン優待
各種イベント開催
ゴールドワインクラブ ×
コットンクラブ特典 ×
料亭プラン ×
ひらまつ優待 ×
銀座バー・クラブ優待 ×
サインレススタイル ×
ごひいき予約 ×
新国立劇場特典 ×
チケットサービス
会員限定試写会 ×

海外旅行傷害保険の比較

海外旅行傷害保険の比較

続いて海外旅行傷害保険の比較です。

アメックスゴールドカードでは、本会員と家族特約は自動付帯ですが、家族会員は利用付帯になります。

一方ダイナースカードでは、本会員・家族会員ともに自動付帯ですが、家族特約は付保されません。

利用頻度が高い「傷害治療費用」「疾病治療費用」はダイナースカードが自動付帯で最高300万、アメックスゴールドカードは自動付帯が最高200万円、利用付帯の場合が最高300万円です。

本会員の補償内容比較

付帯条件 自動付帯/利用付帯 自動付帯/利用付帯
傷害死亡 自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
傷害後遺障害 自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
傷害治療費用 自動付帯:最高200万円
利用付帯:最高300万円
自動付帯:最高300万円
疾病治療費用 自動付帯:最高200万円
利用付帯:最高300万円
自動付帯:最高300万円
賠償責任 自動付帯:最高4,000万円 自動付帯:最高1億円
携行品損害 自動付帯:1旅行最高50万円
年間限度額100万円
自動付帯:最高50万円
救援者費用 自動付帯:最高300万円
利用付帯:最高400万円
自動付帯:最高300万円
航空機遅延費用等 自動付帯:2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 自動付帯:2万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間

家族会員の補償内容比較

付帯条件 利用付帯 自動付帯/利用付帯
傷害死亡 最高5,000万円 自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
傷害後遺障害 最高5,000万円 自動付帯:最高5,000万円
利用付帯:最高1億円
傷害治療費用 最高300万円 自動付帯:最高300万円
疾病治療費用 最高300万円 自動付帯:最高300万円
賠償責任 最高4,000万円 自動付帯:最高1億円
携行品損害 1旅行最高50万円
年間限度額100万円
自動付帯:最高50万円
救援者費用 最高400万円 自動付帯:最高300万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間 90日間

家族特約の補償内容比較

付帯条件 自動付帯
傷害死亡 最高1,000万円
傷害後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
賠償責任 最高4,000万円
携行品損害 1旅行最高50万円
年間限度額100万円
救援者費用 最高300万円
日本語による24時間救急サービス
医療費キャッシュレスサービス
補償期間 90日間

プロテクションの比較

プロテクションの比較

最後にプロテクションの比較です。

アメックスゴールドカードのキャンセルプロテクションとリターンプロテクションはアメックスカードだけが行っている補償制度です。

ダイナースカードには同様の補償はありません。

アメックスゴールドカードのショッピングプロテクションとは、いわゆるショッピング保険のことです。

ダイナースカードでもショッピング保険として年間500万円までが補償されます。

アメックスゴールドカードのオンラインプロテクションとは、カードが不正使用されて場合の補償です。

ダイナースカードでもカードが不正に使用された場合には、カード会社に連絡をした60日前まで遡って補償されます。

アメックスゴールドカードとダイナースカードのプロテクション比較

カード
キャンセルプロテクション ×
リターン・プロテクション ×
ショッピング・プロテクション
(ショッピング保険)
年間最高500万円
(購入から90日間)
年間最高500万円
(購入から90日間)
オンラインプロテクション
(不正使用の補償)
不正使用の補償:連絡の60日前まで

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

アメックスのゴールドカードとダイナースカードを6つの項目について比較してみました。

どちらのカードもT&E(トラベルアンドエンターテインメント)カードを代表する2枚として、充実したサービス・特典が用意されています。

ただ、年会費とグルメ関連サービスではダイナースカードがややリード、旅行関連サービスとプロテクションではアメックスゴールドカードがややリードという感じがします。

グルメ関連サービスを重視する場合にはダイナースカード、旅行関連サービスを重視する場合にはアメリカンエキスプレスカードを選んではいかがでしょうか。

この記事が皆さんのお役に立てばうれしいです。

※アメックスのゴールドカードとダイナースカードについては、次の記事で詳細にご紹介しています。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、コストパフォーマンスが高く海外旅行にもおススメのカードです。 名前の通りカードの...
ダイナースクラブカードは米国を中心に世界展開をするクレジットカードの大手。 日本では1960年に会員募集を開始しており、現在で...

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイト・ご加入はこちら

ダイナースカードの公式サイト・ご加入はこちら



この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

関連記事

【関連記事】