海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

ユナイテッド航空ビジネスクラス「ユナイテッドビジネスファースト」のフルフラットシートをご紹介!

      2016/09/18

ユナイテッド航空は2010年にコンチネンタル航空と合併して世界最大の航空会社になりました。

日本には1983年から乗り入れを開始して1985年にはパンアメリカン航空の路線も引き継いでいるので、日本ではおなじみの航空会社のひとつです。

ユナイテッド航空が日本と北米・ハワイ・シンガポールを結ぶ路線で使用している機材はB747-400、B777-200ER、B787-8、B787-9といったワイドボディー機。

これらの機材のビジネスクラスは「ユナイテッドビジネスファースト」というブランド名でサービスが展開され、シートは全てフルフラットになる最新式のシートが採用されています。

※日本・グアム路線・日本・ソウル路線で使用しているB777・B737のビジネスクラスは「ユナイテッドビジネス」というブランド名のリクライニングシートが装着されているので注意が必要です。

今回はユナイテッド航空ビジネスクラス「ユナイテッドビジネスファースト」の利用を検討している方の参考となるように、ユナイテッド航空のフルフラットシートをご紹介します。


スポンサーリンク


機材で異なる「ユナイテッドビジネスファースト」のシート

ユナイテッド航空「ユナイテッドビジネスファースト」のフルフラットシートは、機材によって形状が異なっています。

これは新しいシートが開発されていることに加えて、ユナイテッド航空には「旧ユナイテッド航空」と「旧コンチネンタル航空」の機材が混在していることにも原因があります。

ここでは、機材ごとに装着されているフルフラットシートをご紹介します。

B747-400型機

ユナイテッド航空のB747-400型機の「ユナイテッドビジネスファースト」のシートは、1階のメインキャビンには「2-4-2」の配列で、2階のアッパーデッキには「2-2」の配列で配置されています。

UA747-400

ユナイテッド航空のB747-400型機のビジネスクラスのシートの特徴は、個人用モニターが組み込まれた大きなパーティションをはさんで前向きと後ろ向きのシートが向き合って並ぶ独特な形状をしていることです。

下の写真はB747-400型機のアッパーデッキの「ユナイテッドビジネスファースト」のシートです。「2-2」の配置で大きなパーティションをはさんで前向きと後ろ向きのシートが向き合っています。

ua747-400_business_01

下の写真は実はB777-200型機なのですが、B747-400型機の1階の「ユナイテッドビジネスファースト」のシートもこの写真と同じように「2-4-2」で並びます。

写真でもわかるように、大きなパーティションをはさんで前向きと後ろ向きのシートが向き合って並んでいます。

ua777-200_business_1
photo by Alan Right

このシートは個室性が高くないので、ひとりで利用するビジネスマンにとっては、周りが気になって落ち着かないシートかもしれません。

しかし、隣の席の乗客とコミュニケーションが取りやすいので、ご夫婦やカップルで旅行をする場合にはおすすめのフルフラットシートです。

ただしベッドとして使用している時には、通路に面していない席の乗客は通路側の人をまたがないと通路に出られません。

B777-200ER型機

ユナイテッド航空のB777-200ER型機の「ユナイテッドビジネスファースト」のシートには2種類あります。

旧ユナイテッド航空のB777-200ERには、B747-400型機と同じ「前向きと後ろ向きのシートがパーティションをはさんで向き合う」フルフラットシートが装着されています。

旧コンチネンタル航空のB777-200ER型機には、B787型機と同じ「やや斜め向き」のフルフラットシートが装着されています。

前向きと後ろ向きのシートがパーティションをはさんで向き合うタイプ

ua777-200_business
photo by Alan Right

旧ユナイテッド航空のB777-200型機の「ユナイテッドビジネスファースト」には、「前向きと後ろ向きのシートがパーティションをはさんで向き合うタイプ」のフルフラットシートが「2-4-2」の配列で装着されています。

UA777-200-1

こちらもB747-400型機と同じように個室性は高くありません。

しかし、隣の席の乗客とコミュニケーションが取りやすいので、ご夫婦やカップルで旅行をする場合にはおすすめのフルフラットシートです。

シートが全てやや斜め向きのタイプ

ua777-200_business_2

ユナイテッドのB777-200ER型機のうち、旧コンチネンタル航空機材の「ユナイテッドビジネスファースト」には、「2-2-2」の配列でシートがやや斜め向きに装着されています。

UA777-200-2

こちらのシートは隣席との間に低いパーティションがあるので、前向きと後ろ向きのシートがパーティションをはさんで向き合うタイプのシートよりは個室性が高くなっています。

ただしバッドとして利用している時には、窓側のシートの乗客は通路側の人をまたがないと通路に出られません。

B787-8型機、B787-9型機

ユナイテッド航空のB787-8型機、B787-9型機の「ユナイテッドビジネスファースト」には「2-2-2」の配列で「やや斜め向き」のフルフラットシートが装着されています。

ua787_business

こちらのシートは隣席との間に低いパーティションがあるので、前向きと後ろ向きのシートがパーティションをはさんで向き合うタイプのシートよりは個室性が高くなっています。

UA787-8

最新型であるB787-9型機の「ユナイテッドビジネスファースト」に装着されているので、このシートが今後は「ユナイテッドビジネスファースト」のスタンダードなシートになるのかもしれませんね。

ua787_business-2

ただし、ベッドにした時に窓際の席の人は通路側の席の人をまたがなければ通路に出られないのが残念な気がするのですが。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ユナイテッド航空の「ユナイテッドビジネスファースト」のシートはご夫婦やカップルでの旅行に向いているようです。

個室タイプのフルフラットシートはいやだという人にもおすすめできるタイプのシートですね。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

航空券+ホテル+送迎なら【エクスペディア】が断然お得!

【エクスペディア】航空券+ホテルでホテルが最大全額OFF!!

 - アメリカ・カナダ, エアライン(北米), 海外旅行