海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

【速報】JAL年末年始の羽田ホノルル線にファーストクラスを設定!予約は2016/8/29開始

   

JALでは2016/12/15から、羽田・ホノルル線のJL080便・JL089便の機材を、リニューアルが済んだ「SKY SUITE」仕様のB777-200ER(SS2)型機に変更することを発表しました。

この変更により、JALの羽田・ホノルル線のビジネスクラスもフルフラットシートになり、プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスにも最新のシートが装着されます。

また、年末年始の2016/12/28~2017/1/8に限っては、B777-200ER(SS2)型機に替えてB777-300ER(SS7)型機で運航することも発表しました。

これに伴い、2016/12/28~2017/1/8のJAL羽田・ホノルル線には「ファーストクラス」が設定されることになります。

このファーストクラスの航空券は、2016/8/29(月)14:00に販売開始する予定になっています。

今回の記事では、2015/12/15以降に使用されるB777-200ER(SS2)型機と、2016/12/28~2017/1/8に使用されるB777-300ER(SS7)型機についてご紹介します。

JALのプレスリリースはこちら


スポンサーリンク


JL080便・JL089便の時刻表

日米航空交渉の結果、JALにも羽田を昼間の時間帯に発着するアメリカ路線の枠が1日2便分割り当てられ、2016/10/30からホノルル線の羽田発着の時刻が変更されます。

羽田空港への到着時刻も、これまでの22:00から利用しやすい19:50に変更されます。

羽田⇒ホノルル

JL080便 22:55発⇒11:00着(B777-200ER)
※2016/12/28から2017/1/8まではB777-300ERで運航

ホノルル⇒羽田

JL089便 15:45発⇒19:50着(B777-200ER)
※2016/12/28から2017/1/8まではB777-300ERで運航

※便名の頭の記号
JL-日本航空
※ホノルル発着時刻は米国冬時間の2015年11月6日以降分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

羽田・ホノルル線「2016/12/15以降」に使用されるB777-200ER(SS2)型機

日本航空 B777-200ER(SS2)型機

JAL-777-200

B777-200ER(SS2)型機は、日本航空が中・長距離路線で使用している大型機です。

日本航空のB777-200ER型機は順次キャビンをリニューアルしており、2016/12/15からは羽田・ホノルル線にもリニューアル後のB777-200ER(SS2)型機が投入されることになりました。

リニューアル後のB777-200ER型機は、従来仕様のB777-200ERと区別するために、JALの時刻表やホームページ上では(SS2)と表記されます。

B777-200ER(SS2)型機のキャビンは「ビジネスクラス」「プレミアムエコノミークラス」「エコノミークラス」ともに最新のシートを備えた「JAL SKY SUITE 777」仕様となり、座席数は合計で236席です。

  • ビジネスクラス:42席
  • プレミアムエコノミークラス:40席
  • エコノミークラス154席

【JAL B777-200のシートマップ】はこちら

JAL_B777-200ERシートマップ

ビジネスクラス

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには、最新のフルフラットシート「JAL SKY SUITE Ⅲ」が装着されています。

JAL SKY SUITE Ⅲ

このシートは、窓際の座席がやや外側を向いた斜めに、中央の座席はやや内側を向いた斜めに配置された「リバースヘリンボーン」タイプのフルフラットシートです。

「JAL SKY SUITE Ⅲ」は全ての座席から直接通路に出ることができて、どの座席も通路に背を向けて座るので、プライベート感が増しています。

シートには17インチの大型モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

工夫を凝らした贅沢な機内食と高級ワインも楽しむことができます。

プレミアムエコノミークラス

「2-4-2」に配置されたプレミアムエコノミークラスには、最新のプレミアムエコノミークラス専用シート「JAL SKY PREMIUM」が装着されています。

JAL SKY PREMIUM

プレミアムエコノミークラスのチートピッチは42インチ(約107cm)と、これまでのシートよりも約10cm広くなっています。

シートにはタッチパネル式の12.1インチの個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食はエコノミークラスと同等の食事になります。アルコールは全て無料で提供されます。

エコノミークラス

「3-4-2」と左右非対称に配列されたエコノミークラスには、最新のエコノミークラス専用シート「JAL SKY WIDEW」が装着されています。

JAL SKY WIDER

これまでの「3-3-3」の配列では、ご夫婦やカップルなど2人連れで利用する場合でも通路を挟んで座ることがありましたが、「3-4-2」の配列にすることでより多く隣り同士で座ることができるようになりました。

エコノミークラスのシートピッチは33~34インチ(約84cmから約86cm)で、これまでのシートよりも5cmから7cm広くなっています。

シートはタッチパネル式の10.6インチの個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食にも工夫が凝らされていて、アルコールも無料で提供されます。

羽田・ホノルル線「2016/12/28~2017/1/8」に使用されるB777-300ER(SS7)型機

日本航空 B777-300ER(SS7)型機

JAL-777-300

B777-300ER(SS7)型機は、日本航空がヨーロッパや北米・オーストラリア等の長距離路線で使用している主力大型機です。

日本航空のB777-300ER(SS7)型機は次の4クラスで運航されていて、座席数は合計で244席です。

  • ファーストクラス:8席
  • ビジネスクラス:49席
  • プレミアムエコノミークラス:40席
  • エコノミークラス147席

日本航空 B777-300ER(SS7)型機のシートマップ

jal_777-300シートマップ

日本航空 B777-300ER(SS7)型機のシート・サービス

ファーストクラス

B777-300ER(SS7)型機のファーストクラスには「JAL SUITE」というフルフラットシートが装着されています。

有名シェフがプロデュースした贅沢な機内食と高級ワインも楽しむことができます。

個人用モニターは23インチの大型モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

ビジネスクラス

ビジネスクラスには「JAL SKY SUITE」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

JAL SKY SUITE

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

シートには23インチの大型モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

工夫を凝らした贅沢な機内食と高級ワインも楽しむことができます。

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラスには「JAL SKY PUREMIUM」というシェル型の専用シートが装着されています。

JAL SKY PREMIUM

このシートのシートピッチは42インチ(約107cm)で、プレミアムエコノミークラスでは世界でも最大級の広さです。

シェル型シートなので前の座席のシートは倒れてこないのですが、リクライニングした時に足元が少し狭くなります。

シートにはタッチパネル式の12.1インチの個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食はエコノミークラスと同等の食事になります。アルコールは全て無料で提供されます。

エコノミークラス

エコノミークラスには「JAL SKY WIDER」という広いシートが装着されています。

JAL SKY WIDER

このシートは「新間隔エコノミークラス」とも呼ばれていて、シートピッチはエコノミークラス最大級の34インチ(約86cm)です。

新・間隔エコノミー

また、他のエアラインのB777-300ER型機のエコノミークラスでは、「3-4-3」の配列で横に10席配置していることが多いのですが、JALのB777-300ER(SS7)型機では「3-3-3」の配列で横に9席しか配置していません。

つまりJALのエコノミークラス「SKY WIDER」では、シートピッチだけでなく横幅にもゆとりを持たせた広いシートを採用しているのです。

シートはタッチパネル式の10.6インチの個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食にも工夫が凝らされていて、アルコールも無料で提供されます。

航空券の購入方法

JALホームページの国際線航空券購入画面では、既に2016/12/15以降に使用されるB777-200ER(SS2)型機、2016/12/28~2017/1/8に使用されるB777-300ER(SS7)型機が反映しています。

ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラス・エコノミークラスに関しては、JALホームページでシートマップを見ながら座席の指定ができます。

JALホームページで予約した場合には、発券手数料が無料になります。

羽田・ホノルル路線のファーストクラスに関しては、2016/8/29(月)14:00から予約を開始すると発表されているだけで、具体的な予約方法や運賃に関してはホームページ上では確認できないようです。

詳細に関してはコールセンターに問い合わせて確認したほうがいいかもしれませんね。

コールセンターの電話番号は、JALホームページの右上の「お問い合わせ」で確認できます。

JAL 国際線はこちら

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

JALの羽田・ホノルル線は便利になりますね。

B777-200ER型機のリニューアル後は、機内でも快適に過ごせそうです。

成田・ホノルル線のJL782便・JL781便に関しては、2017年4月中旬以降にリニューアル後のB777-200ER型機が投入されるようです。

このリニューアルが完了すると、JALの東京・ホノルル線のビジネスクラスは全てフルフラットシートになります。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

JAL 国際線はこちら

 - エアライン(日本), ハワイ, 海外旅行