2017年版 成田発ハワイ行きビジネスクラス料金を比較してみました!

成田・ハワイ(ホノルル)路線を運航している航空会社は7社。

今回、このハワイ行きエアライン7社のビジネスクラス用「正規割引航空券」の料金を、海外旅行の閑散期と繁忙期の中から9つの出発日を選んで比較してみました。

比較のために選んだ出発日は次のとおりです。

  • 2017年4月3日:春の閑散期
  • 2017年4月28日:ゴールデンウィークの超繁忙期
  • 2017年6月1日:初夏の閑散期
  • 2017年7月20日:夏休みの繁忙期
  • 2017年8月11日:お盆休みの超繁忙期
  • 2017年9月16日:シルバーウィークの繁忙期
  • 2017年11月6日:秋の閑散期
  • 2017年12月29日:年末年始の超繁忙期
  • 2018年1月10日:冬の閑散期

比較した料金は、4泊6日の日程で成田・ハワイ(ホノルル)間を往復した場合の、記事作成時点(2017年3月5日)にJTBのwebサイトで購入できる最も安い正規割引ビジネスクラス料金です。

ハワイ行きのビジネスクラス用「正規割引航空券」に限ったことではないのですが、航空会社ではまず出発時期の需要予測を行い航空券の料金を設定します。

そしてその料金の座席を一定数販売すると、次に一段高い料金で販売をを開始します。

閑散期のハワイ行きビジネスクラスに関しては、航空会社は当初17万円~20万円で販売を開始するようです。

そして一定数の座席数が販売されると料金を引き上げ、逆に座席が埋まる見込みが少なくなると、旅行会社を通じて安い料金で販売したりキャンペーンを行ったりします。

出発時期が近くなってくると航空会社によって料金に差が出始めるのはこのためです。

繁忙期のハワイ行きビジネスクラスに関しては、各社ともに満席になることが見込まれるので40万円から50万円の料金で販売を開始して、最終的には普通運賃で販売を行います。

このことを知っていると、どのエアラインのビジネスクラスが人気なのか、どうして急に料金が高くなったり安くなったりするのかがわかると思います。

また今回の数字を見てみると、全体的にどの時期の料金が安くてどの時期の料金が高いのか、また同じ閑散期や繁忙期の中でもどの会社の料金が安くてどの会社の料金が高いのかもわかると思います。

しつこいようですが、今回記載した料金は記事作成時点に購入出来る最低料金であり、いつでもその金額で必ず購入できるわけではないのでご注意ください。

航空運賃は需給で変動するので、今回確認した料金よりも高くなる場合も安くなる場合もあります。

ビジネスクラス料金の確認には、発券手数料が無料でビジネスクラス航空券を購入できるJTBのwebサイトを利用しました。

JTBの海外航空券はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハワイ行きビジネスクラスの料金比較

春の閑散期のビジネスクラスの料金比較

まずは春の閑散期にあたる、2017年4月3日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

閑散期なので、大韓航空の17万円から日系2社の20万円という比較的利用しやすい価格で販売されています。

便数が増えたからでしょうか、価格は昨年の同時期よりもかなり下がっています。

2017年4月3日成田出発 4月7日現地出発

  • 大韓航空 17万円
  • チャイナエアライン 17万9千円
  • ハワイアン航空 18万円
  • ユナイテッド航空 18万円
  • デルタ航空 18万1千円
  • 全日空 20万円
  • 日本航空 20万円

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

ゴールデンウィークのビジネスクラス料金

ゴールデンウィーク期間にあたる、2017年4月28日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

チャイナエアラインは既に満席のようです。

その他のエアラインに関しては、39万円から58万円の価格で販売されています。

2017年4月28日成田出発 5月2日現地出発

  • デルタ航空 39万1千円
  • ハワイアン航空 42万5千
  • 全日空 44万7千円
  • ユナイテッド航空 49万7千円
  • 日本航空 55万円
  • 大韓航空 58万5千円
  • チャイナエアライン n.a.

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

初夏の閑散期のビジネスクラス料金

初夏の閑散期にあたる、2017年6月1日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

各社の料金にばらつきが出ています。ハワイアン航空にとデルタ航空が20万円を切る料金で販売をしています。

2017年6月1日成田出発 6月5日現地出発

  • ハワイアン航空 18万円
  • デルタ航空 18万円
  • ユナイテッド航空 20万円
  • 全日空 20万円
  • 日本航空 20万円
  • 大韓航空 21万円
  • チャイナエアライン n.a.

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

夏休みのビジネスクラス料金

夏休みの時期にあたる、2017年7月20日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

夏休み時期の出発になると発売当初から料金は高くなりますが、チャイナエアラインは18万円7千円、デルタ航空は20万5千円で販売しています。

他のエアラインの料金は27万円から31万円前後のようです。

2017年7月20日成田出発 7月24日現地出発

  • チャイナエアライン 18万7千円
  • デルタ航空 20万5千円
  • 大韓航空 27万円
  • ユナイテッド航空 28万1千円
  • 全日空 28万1千円
  • 日本航空 30万円
  • ハワイアン航空 31万円

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

お盆休みのビジネスクラス料金

日本のお盆休みにあたる、2017年8月11日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

チャイナエアラインに関してはJTBのwebサイトでは空席がありません。

チャイナエアライン以外の会社に関しては、料金は高くなりますが座席は確保できるようです。

デルタ航空が最も安くて47万1千円。デルタ航空以外の会社は51万円から75万円前後になるようです。

2017年8月11日成田出発 8月15日現地出発

  • デルタ航空 47万1千円
  • 大韓航空 51万円
  • 全日空 54万円
  • 日本航空 58万円
  • ユナイテッド航空 59万円
  • ハワイアン航空 75万円
  • チャイナエアライン n.a

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

シルバーウィークのビジネスクラス料金

日本のシルバーウィークにあたる、2017年9月16日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

シルバーウィークの料金はあまり高くないのですが、エアライン毎の料金にばらつきが見られます。

2017年9月16日成田出発 9月20日現地出発

  • チャイナエアライン 17万円
  • 大韓航空 23万円
  • ユナイテッド航空 24万円
  • 日本航空 24万円
  • 全日空 24万円
  • デルタ航空 24万1千円
  • ハワイアン航空 31万5千円

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

秋の閑散期のビジネスクラス料金

秋の閑散期にあたる、2017年11月6日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

秋の閑散期なのでまだ余裕はあります。大韓航空が最安値です。

2017年11月6日成田出発 11月10日現地出発

  • 大韓航空 17万円
  • デルタ航空 20万円
  • ユナイテッド航空 20万円
  • 日本航空 20万円
  • 全日空 20万円
  • ハワイアン航空 20万5千円
  • チャイナエアライン 21万5千円

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

お正月休みのビジネスクラス料金

年末年始のお正月休みにあたる、2017年12月29日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

1年の中で最も混雑する時期です。この時期のハワイ行きビジネスクラス料金は、51万円から75万円と1年の中で最も高額になります。

チャイナエアラインはJTBのwebサイトでは満席のようでした。

2017年12月29日成田出発 2018年1月2日現地出発

  • 大韓航空 51万円
  • デルタ航空 58万円
  • 全日空 63万円
  • ユナイテッド航空 64万円
  • 日本航空 68万円
  • ハワイアン航空 75万円
  • チャイナエアライン n.a

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

冬の閑散期のビジネスクラス料金

冬の閑散期にあたる、2018年1月10日出発の成田発ハワイ行きビジネスクラス料金比較です。

各社ともに販売が開始されたばかりの時期で、しかも冬の閑散期なのでまだ座席には余裕があるようです。

この料金が各社の閑散期における標準的な最低運賃なのだと思います。

2018年1月10日成田出発 2018年1月14日現地出発

  • 大韓航空 17万円
  • チャイナエアライン 17万4千円
  • デルタ航空 18万円
  • ハワイアン航空 18万円
  • ユナイテッド航空 20万円
  • 全日空 20万円
  • 日本航空 20万円

※この料金の他に諸税・サーチャージが必要です。

ホノルル行きビジネスクラスのシートにも要注意!

ビジネスクラスシートと言えば、180度リクライニングさせてベッドとして利用できる「フルフラットシート」をイメージする人も多いと思います。

しかし、成田・羽田-ホノルル間のフライトでも「フルフラットシート」を採用していないフライトがあるので要注意です。

例えば、この記事を作成した2017年3月5日時点でも、JALの一部の便、ANAの一部の便、ハワイアン航空の一部の便、チャイナエアラインでは「フルフラットシート」を採用していません。

※どの便が「フルフラットシート」なのかは、次の記事でご紹介しています。

2017年版ハワイ旅行ホノルル行きビジネスクラス 「フル・フラットシート」の機材をご紹介!

現在、東京・ホノルル路線でもエアライン各社は「フルフラットシート」の装着を急いでいて、ハワイアン航空は2017年5月10日以降、ANAは2017年9月1日以降に、全ての便のビジネスクラスで「フルフラットシート」が採用される予定です。

それまでの間は、どの便を予約するかによってビジネスクラスのシートが異なっている場合があるので要注意です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ハワイ(ホノルル)行きビジネスクラスの料金は、閑散期の出発の場合には17万円から20万円前後で販売が開始されて、最終的には20万円から30万円前後になっていました。

超繁忙期の出発の場合には、発売当初より30万円から60万円前後で販売されています。

やはり安い料金でビジネスクラスを利用したいのであれば、閑散期にあたる時期に旅行をして、航空券も早めに予約する必要があるようです。

JTBのwebサイトであれば、発券手数料が無料でビジネスクラスの航空券を購入できます。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

JTBの海外航空券はこちら

JAL 国際線航空券予約はこちら

ANA航空券+宿泊「旅作」海外ダイナミックパッケージはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

おすすめの記事

おすすめの記事