海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

JAL・デルタ航空・ユナイテッド航空 成田グアム路線フライトの選び方

      2016/09/02

日本との時差が1時間しかないグアムは、根強い人気を誇る海外ビーチリゾートです。

成田-グアム間のフライトは、現在1日6便が運行中。

しかも3つの航空会社がいろいろな時間帯に運航しているので、ご自分の旅行スタイルに合わせて、柔軟に選ぶことができます。

しかし便数が多いので、どのフライトを選んだらいいのだろうか?と思っている方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、初めてグアム島に行く方のために、グアム旅行での基本的なフライトの選び方をご紹介します。

それから、航空会社や運航している時間によって運賃が違うのかについても調べてみたので、あわせてご紹介します。


スポンサーリンク


成田-グアム間のフライトは1日6便が運行中

現在、成田-グアム間の運航を行っているのは、日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空の3社です。

日本航空は1日1便ですが、ユナイテッド航空は1日3便、デルタ航空は1日2便を毎日運航しています。

2016年1月時点での成田-グアム路線の時刻表は次のとおりです。

成田-グアム路線の時刻表

成田⇒グアム
DL608便 10:00発⇒14:45着(B757-200)
JL941便 10:45発⇒15:25着(B767-300)
UA827便 11:00発⇒15:45着(B777-200)
UA197便 17:20発⇒22:15着(B737-800)
DL633便 20:15発⇒01:00着(B757-200)
UA874便 21:20発⇒01:55着(B777-200)

グアム⇒成田
UA828便 06:55発⇒09:35着(B777-200)
DL289便 12:30発⇒15:20着(B757-200)
UA196便 12:40発⇒15:40着(B737-800)
DL609便 15:55発⇒18:50着(B757-200)
UA873便 17:05発⇒19:55着(B777-200)
JL942便 17:10発⇒19:55着(B767-300)

※便名の頭の記号
UA-ユナイテッド航空
DL-デルタ航空
JL-日本航空
※時刻表は2016年1月分です。
※時刻表・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

基本的な成田グアム路線のフライトの選び方

基本は現地での滞在時間が長くなるフライトを選ぶ

海外ツアーの場合には、原則として往復共に同じ航空会社の便を選ばなくてはいけません。

そして、グアムツアーの場合には、往復で同じ航空会社を利用して、現地での滞在時間がいちばん長くなる組み合わせを選ぶといいでしょう。

具体的には、行きはJAL、デルタ、ユナイテッドの午前中に出発する便を選びます。

成田を午前中に出発する便に乗れば、成田11:00発のUA827便でもグアム到着は15:45。

入国審査を済ませて、お迎えのバスに乗り込み、ホテルに到着するまで2時間かかるとしても、ホテルの到着は17:40ごろ。

この時間に到着できれば、その日の夕食のことを考えたり、ホテルの周りを散歩することも可能です。

逆に、帰りはJAL、デルタ、ユナイテッドの、夕方15:00以降に出発する便を選びます。

この便に乗る場合には、ホテルの出発は約3時間前の12:00ごろ。

この時間にホテルを出発するのであれば、最終日の午前中に買い物をしたり、早い昼食を食べたり出来るのです。

日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のどこを選べば良いのか

jtb_his_guamパンフレット

成田を朝出発して夕方にグアムを飛び立つ便は、日本航空・デルタ航空・ユナイテッド航空の3社が運航しています。

それでは、その3社の中でどの航空会社を選んだらいいのでしょうか?

どの航空会社を選ぶかは、旅行をする方の事情や好みによって大きく変わってきます。

そこで、ここからは航空会社を選ぶ時に参考にしたいポイントをいくつか比較・ご紹介します。

国内線から乗り継ぐ場合には成田空港のターミナルによって選ぶ

往復ともに成田空港で国内線と国際線の乗り継ぎを行う方は、ご自分が搭乗する国内線と同じチェックインターミナルから出発する国際線を選ぶと便利です。

もしも国内線と国際線のターミナルが違う場合でも、行きは国内線の到着ロビーの近くからターミナル連絡バスに乗れるので、そんなに負担はないかもしれません。

問題は帰国した時です。

国際線から国内線に乗り継ぐ場合には、一度国際線に搭乗したときに預けたスーツケースを受け取り、税関の検査を受けなければなりません。

そしてその後、スーツケースを持ってターミナル連絡バスの乗り場に移動。別のターミナルでチェックインとなります。

この移動が負担になるような場合には、国内線と同じターミナルのフライトを選べば、少し楽ができます。

【成田空港のターミナル】

日本航空:第2ターミナル
デルタ航空:第1ターミナル北ウィング
ユナイテッド航空:第1ターミナル南ウィング

運賃やツアーの旅行代金が安い会社を選ぶ

旅行代金を少なくしたいと考えている方は、航空運賃やツアー代金が安い航空会社を選べば良いでしょう。

旅行の形態には、個人で航空券とホテルを手配して旅行するいわゆる「個人旅行」と、旅行会社が企画・販売を行う「パッケージツアー」を購入して旅行に参加する方法の2つがあります。

ここでは、個人旅行で購入する航空券と、旅行会社のパッケージツアーの料金が、それぞれ航空会社によってどれ位違うのかについてご紹介します。

成田-グアム線のエコノミークラス運賃比較

個人旅行の方が利用する「正規割引航空券(PEX航空券)」の運賃は、旅行日・搭乗する便・購入日・予約状況などによって変わってくるので、一概にどの航空会社が安いとは言えません。

しかし、ここでは比較のために、次の条件で運賃を比較してみました。

1.購入時期:記事作成時点(2015/5/1)
2.購入場所:JTBのWEBサイト
3.搭乗区間:成田-グアム直行便往復
4.運賃のクラス:エコノミークラスの最安値運賃
5.旅行時期:閑散期(2015年12月1日成田発、2015年12月4日グアム発)
6.搭乗朝するフライト:各社ともに成田朝発、グアム夕方発

上記の条件では日本航空がいちばん安く、次いでユナイテッド航空、デルタ航空という結果になりました。

【日本航空】
45,370円(税金・サーチャージを含む)

【デルタ航空】
63,270円(税金・サーチャージを含む)

【ユナイテッド航空】
57,270円(税金・サーチャージを含む)

※上記運賃は記事作成時点(2015/5/1)にJTBのWEBサイトで購入できる、2015年12月1日成田発、2015年12月4日グアム発のエコノミークラス最低運賃です。
※最低航空運賃は旅行日・搭乗する便・購入日によって異なり、上記の金額で必ず購入できるわけではありません。
※ご旅行の計画を立てる際には必ずJTBや各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。

航空会社の違いによる大手旅行会社パッケージツアーの料金比較

旅行会社が企画・販売を行う海外パッケージツアーの場合にも、利用する航空会社によって料金が異なる場合があります。

そこで、ここでは大手旅行代理店の「JTB」と「HIS」のグアムツアーの料金が、利用する航空会社によってどれ位違うのかについて比較・ご紹介します。

まずJTBの主力商品「ルックJTB」のツアー料金についてです。

【料金が安い航空会社の順位】

  1. デルタ航空
  2. ユナイテッド航空(デルタ航空よりも一律で2千円アップ)
  3. 日本航空(旅行する時期に応じて、デルタ航空よりも6千円から2万7千円アップ)

JTBのツアーでは、同じ「成田朝発」「グアム夕方発」の便でも、デルタ航空、ユナイテッド航空、日本航空の料金に差を付けています。

次にHISの主力商品「Chao」のツアー料金についてです。

【料金が安い航空会社の順位】

  1. デルタ航空
  2. ユナイテッド航空(デルタ航空と同額)
  3. 日本航空(旅行する時期に応じて、デルタ航空・ユナイテッド航空よりも5千円から2万円アップ)

HISのツアーでは、同じ「成田朝発」「グアム夕方発」の便であれば、デルタ航空、ユナイテッド航空の料金を同じにしています。

少しでも料金が安いツアーが良い人は、デルタ航空かユナイテッド航空のフライトを選べばいいのですが、後からお話しするサービスの違いを見てからでも遅くはありません。

ただし、JTBもそうだったのですが、閑散期については、日本航空とその他2社の料金の差は、かなり少なくなってきています。

フライトの時刻によるパッケージツアーの料金比較

次に参考として、フライトの発着時刻が違うと、どれ位パッケージツアーの料金が違うのかについてご紹介します。

いちばん最初にお話しをしたとおり、グアムツアーでは「成田朝発」「グアム夕方発」の便がいちばん人気があります。

逆にそれ以外の便は人気がないので、料金が大きく下がります。航空会社の違い以上に、メリハリのついた料金設定になっています。

まずJTBの主力商品「ルックJTB」のツアー料金についてです。

【料金が安いフライト時刻】

  1. 「成田夜出発」「グアム朝出発」のパターン
  2. 「1.」と「3.」以外のパターン(「1.」のパターンより5千円アップ)
  3. 「成田朝出発」「グアム夕方出発」のパターン(「1.」のパターンより1万1千円アップ)

このようにみると、JTBのグアムツアーでフライトの料金が一番安いのは、デルタ航空の成田夜出発・グアム朝出発のツアーになります。

次にHISの主力商品「Chao」のツアー料金についてです。

【料金が安いフライト時刻】

  1. 「成田夜出発」「グアム朝出発」のパターン
  2. 「1.」と「3.」以外のパターン(「1.」のパターンより5千円アップ)
  3. 「成田朝出発」「グアム夕方」出発のパターン(「1.」のパターンより1万1千円アップ)

このようにみると、現地での滞在時間は短くなりますが、デルタかユナイテッドの「成田夜出発」「グアム朝出発」のパターンを選べば、JALよりも1万6千円安く行けることになります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のうちどの会社を選ぶのかは、少し迷いますよね。

選び方のひとつの方法として旅行代金の違いをあげましたが、運賃が安くてもサービスが良くない会社は嫌だという方もいるでしょう。

そこで次回は、日本航空、デルタ航空、ユナイテッド航空が、成田-グアム路線で使用している機材と機内サービスについてご紹介します。

NEXT⇒成田グアム路線 JAL・デルタ・ユナイテッドの機材とサービスをチェック!

 - グアム・サイパン, 海外旅行