ANA成田ホノルル線 2017年9月1日でフルフラット化が完了に!

(ANAウェブサイトより)

2017年度 ANAグループ航空輸送事業計画が発表されています。

それによると、ANAの成田ホノルル線の機材が2017年9月1日までにB787-9型機に変更され、これに伴いビジネスクラスのシートもフルフラットシートに置き換わるようです。

ANAの羽田・ホノルル線の機材は2016年10月30日からフルフラットシートを装着したB787-9型機に変更されているので、ANAの東京・ホノルル線のビジネスクラスシートは、2017年9月1日からは全てフルフラットシートになります。

今回の記事では、ANAの成田・ホノルル線の機材変更についてご紹介します。

ANAのプレスリリースはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ANA東京・ホノルル線の時刻表

成田-ホノルル路線の時刻表

NH181便・NH182便は2017年6月1日から、NH183便・NH184便は2017年9月1日からB787-9型機で運航されます。

成田⇒ホノルル

NH184便 19:00発⇒06:50着(B787-8)
※2017年9月1日からはB787-9型機で運航
NH182便 21:30発⇒09:30着(B767-300ER)
※2017年6月1日からはB787-9型機で運航

ホノルル⇒成田

NH183便 09:20発⇒13:45着(B787-8)
※2017年9月1日からはB787-9型機で運航
NH181便 11:50発⇒16:15着(B767-300ER)
※2017年6月1日からはB787-9型機で運航

※便名の頭の記号
NH-全日空
※時刻表は2017年2月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

羽田-ホノルル路線の時刻表

ANAの羽田・ホノルル線は2016年10月30日からB787-9型機で運航されています。

羽田⇒ホノルル

NH186便 21:55発⇒09:55着(B787-9)

ホノルル⇒羽田

NH185便 12:55発⇒17:25着(B787-9)

※便名の頭の記号
NH-全日空
※時刻表は2017年2月分です。
※発着時刻・機材・運航の有無は頻繁に変更になります。
 ご旅行の計画を立てる際には必ず各航空会社のWEBサイトでご確認下さい。
※( )内は運航機材

全日空 B787-9型機

ANA-787-9

(ANAウェブサイトより)

B787-9型機は、ANAが国際線長距離路線で使用する最新鋭中型機です。

これまでは主にヨーロッパ路線で使用されていましたが、2016/10/30からは羽田ホノルル線でも使用されています。

ANAのB787-9型機は次の3クラスで運航されていて、座席数は合計で215席です。

  • ビジネスクラス:48席
  • プレミアムエコノミークラス:21席
  • エコノミークラス146席

全日空 B787-9型機のシートマップ

ANA_787-9 シートマップ

ANA B787-9型機のシート・サービス

ビジネスクラス

ANAビジネスクラス01

(ANAウェブサイトより)

「1-2-1」に配列されたビジネスクラスには「ANA BUSINESS STAGGERED」という180度リクライニングしてベッドとしても使えるシートが装着されています。

このシートはスタッガード型と呼ばれるフルフラットシートで、全席から直接通路に出ることができます。

座席には18インチの大型個人用モニターが設置されていて、映画・ビデオ・音楽・ゲームを楽しむことができます。

有名シェフによるオリジナルメニューの機内食(和食・2種類の洋食から選択)と高級ワインも楽しむことができます。

【参考】

ANAのビジネスクラス「フルフラットシート」に関してはこちらの記事もご覧下さい。

ANAビジネスクラスの「フルフラットシート」をご紹介

プレミアムエコノミークラス

プレミアムエコノミークラスにはプレミアムエコノミークラス用の専用シートが装着されています。

このシートのシートピッチは38インチ(約97cm)とエコノミークラスよりも約18cm広くなっています。

シートはリクライニングした時に背もたれが倒れるタイプです。

前の座席の背もたれが倒れてきますが、自分がリクライニングした時には足元の広さが変わりません。

座席にはタッチパネル式の11インチ個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・音楽・ゲームを楽しむことができます。

機内食はエコノミークラスと同等の食事(2種類から選択)になります。アルコールは全て無料で提供されます。

ANAのプレミアムエコノミークラスシートに関しては、こちらの記事もご覧下さい。

エコノミークラス

エコノミークラスには個人用モニターが付いたシートが装着されています。

エコノミークラスのシートピッチは34インチ(約86cm)と、エコノミークラス最大級の広さです。

座席には9インチタッチパネル式の個人用モニターが装着されていて、映画・ビデオ・オーディオ・ゲームを楽しむことができます。

機内食(2種類から選択)にも工夫が凝らされていて、アルコールも無料で提供されます。

ANAのエコノミークラスシートに関しては、こちらの記事もご覧下さい。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ANAの成田・ホノルル線には、2019年春ごろに総2階建てで世界最大の旅客機エアバスA380型機が投入される見通しです。

それまではフルフラットシートの機材は投入されないのかなとも思っていたのですが、2017年9月1日までにはすべてB787-9型機に置き換わる予定です。

ANAでハワイ旅行に行こうと考えていた人には朗報ですね。

この記事がみなさんのお役に立てばうれしいです。

ANA航空券+宿泊「旅作」海外ダイナミックパッケージ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアして頂けると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローして記事のアップデート情報をGetする!

おすすめの記事

おすすめの記事