海と青空のブログ

人生のサプリメント

*

旅の思い出 2008年6月「ル・メリディアン・ボラボラ」滞在記

      2016/09/30

2008タヒチボラボラ島

私たち夫婦が7泊8日のスケジュールでタヒチに旅行したのは2008年6月。

前回の記事では「エア・タヒチ・ヌイ」と「エア・タヒチ」を利用して、成田からタヒチボラボラ島まで行った時の様子をご紹介しました。

※記事はこちらです。

タヒチと言えば「ポール・ゴーギャン」終焉の地、そして美しい海に並ぶ「水上バンガロー(コテージ)」も有名ですよね。

私たち50代夫婦も、ラグーンの上に建つ水上バンガロー(コテージ)に3日間滞在しました。

今回は、ボラボラ島のホテル「ル・メリディアン・ボラボラ」での様子についてご紹介します。


スポンサーリンク


「ル・メリディアン・ボラボラ」の水上バンガロー

成田からの直行便が到着するパペーテのファアア国際空港から、ボラボラ島までは「エア・タヒチ」で約50分。

ボラボラ島の北部に位置する空港から島の東部にあるホテルまでは、ホテルの送迎ボートで約20で到着します。

ボラボラ島の空港からホテルに移動

ボラボラ島の空港からホテルまではボートで移動します。

空港のロビーの外はすぐにボート乗り場になっていて、そこに各ホテルの送迎用ボートが並んでいます。

下の写真が「ル・メリディアン・ボラボラ」の送迎用ボートです。

2008tahiti01送迎用ボート

ボートは朝日の中を気持ちよく進んで行きます。

ルメリディアンボラボラ02

ホテルが近づいたようで、水上バンガローがたくさん見えてきました。

ルメリディアンボラボラ03

ホテルに到着です。下の写真の建物の中にホテルのフロントなどがあります。

ルメリディアンボラボラフロント

チェックインの手続きをして、水上バンガローに案内してもらいました。

ルメリディアンボラボラ05

「ル・メリディアン・ボラボラ」水上バンガロー

ルメリディアンボラボラ05_2

ル・メリディアン・ボラボラの部屋のタイプは3つあります。

いちばんグレードが高い部屋は、プレミアム水上バンガロー(コテージ)。この部屋のテラスからは、ボラボラ島のシンボルオテマヌ山が見えます。

続いて水上バンガロー(コテージ)。この部屋の内部はプレミアム水上バンガローと同じですが、テラスがオテマヌ山がとは反対の方向を向いています。

3つ目はシーサイドにあるバンガロー(コテージ)。この部屋は、水上ではなくて陸の上の砂浜に面して建てられています。

私たちが宿泊したのは、2つ目の水上バンガローです。

水上バンガローの内部はこうなっています

水上バンガローの内部はとてもシンプルです。

まずは、部屋の中央にあるのはソファのスペース。ソファの後ろの扉を開けると、中にはテレビが入っています。

ルメリディアンボラボラ06

続いて、ソファの向かい側にあるのがベッド。

ルメリディアンボラボラi07

ソファとベッドの間の床はガラス張りになっていて、水上バンガローの中からも透き通った海を見ることができます。

2008tahiti08

ソファの後ろ側のスペースはバスルームと洗面になっています。

ルメリディアンボラボラ09

そして天井を見るとファンが付いていて、スイッチを入れると回ります。

ルメリディアンボラボラ10

テラスからは青く透き通った海を眺めることができます。

ルメリディアンボラボラ11

またテラスからは直接海に入ることができるので、妻は早速ひと泳ぎです。

ルメリディアンボラボラ12

「ル・メリディアン・ボラボラ」のレストラン

私たちはこのホテルに3泊したのですが、ホテルの外には行かずに3日間のずっとホテルでのんびりしていました。

3日間ホテルに中にいると食事に飽きないかと心配でしたが、このホテルには2つのレストランとルームサービスがあるので、何とか飽きずに3日間を過ごすことができました。

下の写真は、このホテルのメインレストラン「ル・ティバニー」で1日目のディナーを食べた時の写真です。朝食のブッフェとディナーはこのレストランで食べます。

ルメリディアンボラボラ13

下の写真は「ル・ティバニー」で3日目のディナーを食べた時の写真です。

ルメリディアンボラボラ14

下の写真は「ル・ティバニー」で朝食ブッフェを食べた時の写真です。

2008tahiti15

下の写真はプールサイドにある「ル・テアヴァ」で昼食を食べている時の写真です。ランチはこのレストランで食べました。

朝食バイキングの時の16

カヌーブレックファストでの朝食

タヒチのボラボラ島にあるホテルでは、どこのホテルでも「カヌーブレックファスト」というプランがあるようです。

「カヌーブレックファスト」とは、簡単にいうと朝食のルームサービスです。

「カヌーブレックファスト」用の特別メニューを「カヌー」に載せてバンガローまで運んできて、部屋のテーブルにセットしてくれます。

私たちの宿泊プランには、1回分の「カヌーブレックファスト」が含まれていました。

チェックイン時に、「カヌーブレックファスト」を何日目にするのかを聞かれたので、2日目の朝に「カヌーブレックファスト」での朝食をお願いしました。

下の写真は「カヌーブレックファスト」を届けてくれたスタッフとウェトレスさんです。

ルメリディアンボラボラ17

「カヌーブレックファスト」を前に記念撮影。

2008tahiti18

朝食の内容はこんな感じです。

朝食バイキングの時の19

とても明るい2人が届けてくれたので、朝から元気をもらいました。

ルメリディアンボラボラ20

タートルプログラム

タートルプログラムとは、貴重な海洋生物であるウミガメの保護プログラムです。

ル・メリディアン・ボラボラでは、インナー・ラグーンでウミガメの保護・観察が行われています。

毎朝10時からは餌付けのプログラムが行われていて、ホテルの宿泊者は餌付けの見学ができます。

ルメリディアンボラボラ21

小さなウミガメがたくさん寄ってきました。

ルメリディアンボラボラ22

プライベートビーチとプール

このホテルにはプライベートビーチとプールがあります。

下の写真の手前がプールで、向こう側がプライベートビーチです。

ルメリディアンボラボラ23

雄大なオテマヌ山をバックにビーチでゆったりとした時間を楽しむことができます。

ルメリディアンボラボラ24

アクティブ派の方は、いろいろなマリンスポーツも楽しめるようです。

ルメリディアンボラボラ25

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

タヒチの「ル・メリディアン・ボラボラ」では時間がゆっくりと過ぎて行きました。

私は海を眺めるのが好きなので、水上バンガローやホテルから1日中同じ景色を見ていても全く飽きませんでした。

残念ながら写真は無いのですが、夜には空から星が落ちてくるのではないかと思うぐらいに素晴らしい星空を見ることもできます。

本当に海や景色を見ながら3日間何もしないというとても贅沢で幸せな時間を過ごすことができました。

この記事がみなさんのお役にたてばうれしいです。

エクスペディアの海外ホテル予約で7%~8%の割引が受けられるクーポン情報はこちら

 - オセアニア・南太平洋, 海外ホテル, 海外旅行, 海外旅行記